虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     なんちゅうパワーや。阪神ドラフト1位の佐藤輝明外野手(22)=近大=が六回、横浜スタジアムの右中間場外に消える推定140メートルの3号ソロ。守備でも三回1死満塁から、ライナー性の難しい打球をスライディングキャッチし、藤浪を救った。見る者を飽きさせない黄金ルーキー。さて次は、どんな物語を作ってくれるのか-。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/62437c70aa18deedfc8d84a15864c7df6002c101

    【阪神・ドラ1佐藤輝、驚弾!人生初の場外140メートル3号!9点爆勝呼んだ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神の4番大山悠輔内野手が今季初の3安打3打点で打線を引っ張った。初回に1点を先制し、なおも1死三塁で中犠飛。「いい流れを切らさずに、最低限の仕事ができてよかった」とサラリ。6回の6点を奪ったビッグイニングでは2死一、二塁から、鋭く三塁線を破る2点適時二塁打を放った。「点は何点あってもいいのでしっかり走者をかえすという気持ちで打ちました。(藤浪)晋太郎を援護することができてよかったです」と、キャプテンらしく頼もしかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/23b64a30eb4b927cafedf330a1d390ad9a4fd876

    【阪神大山が今季初3安打3打点、開幕55打席ノーアーチも矢野監督一安心】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神ドラフト6位の中野拓夢内野手がまた存在感を見せた。5回の守備から糸原に代わって出場。6回の初打席で国吉から四球を選んで打線をつなぎ、8回には先頭で石田の外角低めチェンジアップを捉えて左前打をマークした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/98ac584d3c7f594a3b4ef09bf8b88e550b745cef

    【阪神6位中野また存在感、途中出場で1安打1四球】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     インタビュアーから佐藤輝の場外弾について聞かれると「ちょっと引きましたね、さすがに。横浜スタジアムのあそこに場外に打ったのは、自分見たことなかったので、ちょっとベンチで引いてました」と率直に語って笑いを誘った。その瞬間のベンチの様子について「全員どん引きです」と笑顔で内幕を明かした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f215a2945e2fbda781d49e26f5872ebc76caa2f

    【阪神藤浪明かしたベンチの様子、佐藤輝明の場外弾に「全員どん引きです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神・藤浪が3度目の登板で今季初勝利を挙げた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ddbfc9c86575d6392381d678ee70d463d03d3b69

    【阪神・藤浪が今季初勝利「あそこで粘れたのは大きかった」ポイントは三回2死満塁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/09(金) 18:29:55.29 ID:CAP_USER9
     4月9日(現地時間8日、日付は以下同)、トロント・ラプターズはホームでシカゴ・ブルズと対戦した。

     試合序盤、パスカル・シアカムやOG・アヌノビーら主力選手たちの連続得点が成功したラプターズ。だがブルズのエース、ザック・ラヴィーンに3ポイントシュートやプルアップジャンパーなどを決められて、主導権を奪われるかたちに。ラプターズは逆転を許してしまい、第1クォーターは27-33というスコアになる。

     第2クォーターでも連続失点を犯したラプターズは、同クォーター残り6分4秒には31-51と20点ビハインドを背負うことになった。そこからシアカムやアヌノビー、得点を重ねることでなんとか点差を縮めていき、51-64でハーフタイムへ。

     迎えた後半では、シアカムやクリス・ブーシェーがファウルを獲得してフリースローを沈めていく。渡邊雄太も3ポイントシュートで援護したが、2ケタビハインドは依然として変わらず第3クォーターは79-97で終了。

     大きく点差を突き放されたラプターズだったが、最終クォーターでは渡邊のドライビングレイアップ、アーロン・ベインズのゴール下のショット、またスタンリー・ジョンソンのバスケットカウントが決まるなど、少しずつ追い上げていく。そして試合残り時間2分51秒、ブーシェーの3点プレーで108-115と7点差まで詰め寄ったものの、逆転には届かず113-122で敗戦した。

     敗れたラプターズはブーシェーが38得点19リバウンド、シアカムが27得点8リバウンド、アヌノビーが13得点6アシストを記録。渡邊もベンチから16分54秒出場し、7得点2リバウンド1アシスト1スティールをマークした。なお勝利したブルズはラヴィーンが22得点13アシスト、ニコラ・ブーチェビッチが22得点7リバウンド4アシストを記録している。


    ■試合結果
    シカゴ・ブルズ 122-113 トロント・ラプターズ
    CHI |33|31|33|25|=122
    TOR|27|24|28|34|=113

    https://basketballking.jp/news/world/nba/20210409/315039.html?cx_cat=page1
    no title


    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore/_/gameId/401313155

    【キレキレのドライブで翻弄!】渡邊雄太がシュート3本全て決めて7得点を記録|NBAハイライト(2021/4/9)【NBA Rakuten】
    https://youtu.be/44f-_doJeLs

    【【NBA】前半にリードされたラプターズはブルズに敗戦…渡邊雄太は17分出場、7得点2リバウンド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     五回の守備からベンチに退いた阪神・糸原健斗内野手(28)は積極的休養での途中交代だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/696af4ac28e8b7af1624932d5db2d885c6d23963

    【途中交代の阪神・糸原は積極的休養 矢野監督「明日もスタメンでいく予定」】の続きを読む

    このページのトップヘ