虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    1: 風吹けば名無し 2017/12/12(火) 19:53:46.28 ID:UhcoPSVLM1212
    ズバッと言って!阪神・福留、揚塩社長自ら要望で異例の同席更改

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171212/tig17121205060013-n2.html
     まさかの超VIP待遇だった。判を押すだけのはずだったが、気がつけば40分。揚塩社長との直接会談を終えた福留の目は、輝いていた。

     「社長とこうやって、一選手がゆっくりと話をすることはまずないでしょうし…。いろいろとお話ができたので、僕はすごくよかったです」

     午前11時の球団事務所。待っていたのは12月に就任したばかりの揚塩社長だった。通常なら球団本部長と査定担当が対応するが、
    現場との一体感をより熟成させたい揚塩社長の要望で、異例のトップ会談が実現した。球界の歴史をみても選手が銭闘モードに突入し、
    事態収拾がゆえの直接出馬はあっても、チーム強化が主目的の意見交換は極めてまれだ。

     「(意見を)『どんどん、ぜひいってください』という言葉もいただきました。現場とフロントでいろいろ話をして、全体で優勝という1つの目標、
    日本一に対してやっていければ」

     そのなかでホットラインが提示された。揚塩社長が説明する。「私から発信することが現場にそぐわないのであれば『社長、それは違うん
    じゃないですか?』というのを誰かを通してでもね。『あれ、まずいんじゃないの?』というのはまた言ってくださいと。主将として権限がある
    んですよと」。率直にフロントに“モノ申して”ほしいと頼まれた。

    【福留孝介さん、次期阪神監督として着々と地盤を固める】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/12(火) 17:25:52.92 ID:V7Zk0cfq01212
    DeNA・浜口、尾仲の阪神移籍にショック「何と言っていいのか…」

    >移籍発表後、直接の会話はしていないそうで「何と言っていいのか…。
    >まだ落ち込んでいる部分もあると思うので、今度ゆっくり一緒にご飯に
    >行けたらいいと思います」と思いやった。
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171212/den17121217100003-n1.html

    【【悲報】阪神移籍の尾仲、落ち込んでいた】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/12(火) 16:19:35.14 ID:Me/+PE+j01212
    2016(23) .275(494-136) 8 65 .316 .391 .707 得点圏.377(106-40) 規定到達 新人王
    2017(24) .250(328-*82) 6 24 .300 .369 .669 得点圏.185(*81-15)
    ------------------------------------------------------------
    通算 .265(822-218) 14 89 .310 .382 .692 (盗塁11 盗塁死7) 得点圏.294(187-55)


    年俸 4000→3800

    【高山俊(24) 通算.265(822-218)14本89打点11盗塁 OPS.692】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/12(火) 15:05:41.28 ID:Xpi+Q7Vvd1212
    阪神藤川は現状維持2億円 新たに単年契約結ぶ
    [2017年12月12日14時37分]

    阪神藤川球児投手(37)が12日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の年俸2億円でサインした。

     大リーグから阪神復帰後の2年契約が終了。新たに単年契約を結んだ。
    「2年契約だったので、自分の感覚で言いますと、よく迷惑を掛けたなというところが大きく感じるところ」。
    今季は52試合に登板して3勝0敗、防御率2・22の安定感を誇った。
    勝ち試合だけでなく、ビハインドの展開でも積極的に投入され、勝機を探った。
    来季の目標はもちろん、優勝だ。「それを達成できれば、いつでも満足してユニホームを脱げる。
    ただ、野球が好きなので、どこかで野球をするかもしれない。こんないい環境で、たくさんのファンの前でプレーできている。
    その恩返しというか、達成感を一番にもたらしてあげないと」と覚悟を口にした。
    NPB通算657試合に登板して、生涯防御率は2・02だ。それだけに「どうしても防御率を1点台に戻したい。
    そこは野村監督の教えで、ドラフトに入ったときに
    『唯一、投手だけが9つあるポジションのなかで自己成績を追求していいポジション』ということで」と今後の目標も語った。(金額は推定)

    【藤川球児、単年2億で契約更改】の続きを読む

    このページのトップヘ