虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/31(水)09:53:43 ID:GWP
    阪神は入団3年間は強化指定として鳴尾浜での自主トレが義務付けられている
    西田は4年目となり年明けから念願だった大阪桐蔭の大先輩西岡、中田との自主トレへの参加が決定

    組長・西岡
    若頭・中田
    組員・西川、城所、江村、早坂、西田(見習いジャージ)
    破門・大和

    nisida
    【【朗報】阪神の西田がようやく念願の西岡組入り自主トレ参加】の続きを読む


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/31(水) 20:28:19.11 ID:sIN69KSf0.net
     2014年シーズンで最多勝に輝いた阪神のランディ・メッセンジャー(33)が15年の開幕投手候補に藤浪晋太郎(20)が名乗り出たことに「まだ早いわ!」と一蹴だ。
    「開幕投手は年上の方々から奪っていかないといけない」という藤浪は大役に向けて"逆算調整"もスタートさせているが、
    開幕には助っ人右腕も立候補しており、実働2年の若造に譲れないと燃えている。
     14年シーズンは31試合に登板して13勝10敗、防御率3・20。エースの能見をしのいで勝ち星とイニング数(208回3分の1)はリーグトップ。
    チームの大黒柱の役割を果たしたメッセンジャーは「(15年は)開幕投手で投げたい」と2年ぶり2度目の大役に立候補している。
    以前から「開幕は一番いい投手が投げるべき」との考え。
    エースの条件についても「一番大事なのはチームの誰よりも投げていること。次に一番勝っていることだね」と話しており、それこそ15年開幕投手は自分だと信じて疑わない。
     そんな中、藤浪が「開幕投手は年上の方々から奪っていかないといけない」と名乗り出た。
    すでに開幕を逆算した調整もスタートするなど、やる気になっているが、メッセンジャーにしてみればそれこそ「冗談じゃない!」といったところなのだろう。

    no title 【メッセ「開幕投手ボーイ藤浪にはまだ早い」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/30(火)12:33:26 ID:B1E
     カギは「ブルドーザー投法」にあり! 阪神岩田稔投手(31)が29日、日刊スポーツに復活の要因を明かした。
    今季は不振で開幕から出遅れながら、最後はリーグ2位の防御率2・54で9勝をマーク。
    わずか2勝に終わった昨季からのV字回復を遂げた。なぜ復活できたのか-。
    岩田本人、個人トレーナー網川翼氏(32)の証言から真相に迫った。

     たった数センチかもしれない。
    微修正が違いを生んだ。今季1軍初登板となった4月20日ヤクルト戦(甲子園)。
    岩田は捕手のサインをのぞきこむ際、以前より目線と腰の位置を下げた。

     岩田 自分はどうしても上体が浮いて、下半身が突っ立ったまま投げてしまう。
    もっと重心の位置を低くして、足腰を動かそうという意識づけ。
    (サインをのぞき込む)投球動作の入りで(重心の低さが)甘かったら、その時点で腰が抜けてしまう。
    そうなると、いくら投げる時に重心を下げようと思っても、最初の位置より低くならない。そう教えてもらったから。

     岩田は走者がいなくてもセットポジションから投球する。
    その初動作から、マウンドにめり込むようなイメージ。指摘したのは昨季から個人トレーナーを務める網川翼氏だ。
    昨季は2勝どまり。今季も開幕前の2軍戦で4回10失点と大炎上し、開幕ローテの座を剥奪された。
    もう後がない状況での今季初登板。網川氏は「サインを見る時から重心を低くしよう」と助言。
    腰から曲げてのぞき込むのではなく、股関節から曲げる感覚がハマった。

     網川氏 球速が落ちても、できるだけ重い球で押し込んで、直球でファウルを取ろう、と。
    重心をより低くすることで体重移動が前に行きやすくなり、打者に近いポイントでボールを押し込めるようになった。
    歩幅自体は変わっていないかもしれないけど、股関節の移動距離は伸びたと思う。低い位置で地面にスライドできるようになった。

     サインをのぞき込む際の低い重心をキープしたまま、膝を曲げてセットを構える。
    そして、地面に対して平行移動する感覚で下半身を滑らせていく。
    結果、右足を突っ張ったまま上体でかぶせて投げる悪い癖が解消され、どっしりした下半身の力が上半身にしっかり伝わるようになった。

     岩田 ボールの質が変わった。体の中でボールをたたけているイメージ。
    ボールを押し込めるようになったから、リリースポイントも打者に近くなったと思う。
    実際、真っすぐでファウルを取れるようになったし、スライダーや変化球のキレも良くなった。

     フォーム改良と同時期に、首脳陣のアドバイスもあって投球テンポを早めた。
    2つの変化がかみ合い、復活ロードは一気に開けた。地面にめり込むブルドーザーのように「マウンドの傾斜を下半身でエグっていく感じ」。
    数センチの下方修正を敢行した時点で、復調は必然の流れとなった。
    【取材・構成=佐井陽介】
    http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141230-1415588.html

    iwata
    【阪神岩田復活の要因は「ブルドーザー投法」】の続きを読む

    このページのトップヘ