虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)12:51:14 ID:74P
    阪神・矢野燿大新監督(49)が19日、今季、中継ぎで37試合に登板した望月惇志投手(21)について、
    将来的な守護神かエース候補として育成していく考えを語った。

     最速150キロ中盤のストレートが魅力の若き右腕。
    「まだどちらにするとかは決めていない」と前置きした上で
    「球も速いしウイニングショットの精度は上げていく必要があると思うんだけど、
    素材的には抑えやエースになれるくらいの素材やと思うから」と大きな期待を寄せる。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/10/20/0011746356.shtml

    【望月育てる 将来のエースか守護神か 矢野新監督も認める好素材】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/20(土)23:05:29 ID:yfx
    1位 バース(1986年) .389
    2位 イチロー(2000年) .387
    3位 イチロー(1994年) .385
    4位 張本勲(1970年) .3834
    5位 大下弘(1951年) .3831

    イチローでも無理とか今後破る奴おるんか

    【バースの打率.389とかいう何気に30年以上破られてないシーズン記録】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)00:23:14 ID:8eT
    阪神・矢野燿大監督(49)が20日、投手陣の配置転換の可能性を示唆した。
    現在、左の先発の数が少ないこともあり、今季中継ぎだった岩崎を先発に戻すことも考えながら、秋季キャンプから構想を練っていく。
     「岩崎にも話はしようと思っている。(先発に戻すかどうかは)話してみてからやな」
     チームとしては、左の先発に関しては外国人補強を検討しているところ。
    同時に、チーム内の配置転換で左の先発の少なさを補うプランがある。岩崎は昨年に続いて2年連続で60試合登板を記録。
    ブルペンに欠かせない投手だが、指揮官の中にはいくつかのバリエーションが存在する。

    Vデイリー

    【矢野新監督、投手陣配置転換も 岩崎先発復帰検討】の続きを読む

    2: 風吹けば名無し 2018/10/21(日) 07:23:09.39 ID:wbN3LFr2p
    今秋ドラフト1位候補の一人、立命大・辰己涼介外野手(4年・社)が同大との1回戦に「3番・中堅」で先発出場した。
    2本の内野安打で4打数2安打の活躍。二盗、三盗を連続して決めるなど、驚異の脚力で阪神など集まった5球団のスカウトをうならせた。
    打席から一塁までの到達スピードは3秒71。阪神はOB赤星憲広氏にも匹敵する快足の逸材を、高く評価している。

    1: 風吹けば名無し 2018/10/21(日) 07:22:05.49 ID:wbN3LFr2p

    【阪神ドラ1位候補、立命大・辰己“赤星級”一塁到達タイム驚異の3秒71 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/21(日) 05:50:46.76 ID:KnbaEuCXp
    再生計画、スタート!! 阪神・矢野燿大新監督(49)が20日、鳥谷敬内野手(37)と面談する考えを明かした。
    金本知憲前監督(50)のもと、“不遇の時代”を過ごした背番号1と向き合い、希望ポジションや来季に向けたイメージなどを聞きながら、完全復活への道を探っていく。

    砂を噛むような思いだったはずだ。もちろん、野球人生最大の打撃不振に見舞われたという前提はある。打順も守備位置も日替わりだった3年間を過ごした鳥谷に対し、矢野新監督がのどにつっかえている“骨”を取り除くことを決めた。

    「(鳥谷の希望を)それは、やっぱり聞くよ。自分が何をしたいかは、すごく大事だと思うのよ。俺が『ここをやれ』とかいうのではなく、選手がどうしたいか」

    遊撃で始まり、三塁や二塁にまわり、最後は北條の左肩亜脱臼もあったが、遊撃の“元サヤ”に収まるという鳥谷の金本政権時代。2016年に連続フルイニング出場、今季には連続試合出場の記録が途絶え、出番が確約されなかった。
    その中で昨年9月に通算2000安打を達成。今季はプロ通算2066安打で藤田平(2064安打)の持つ球団記録を更新したが、“不遇の時代”であったことは誰がみても明らか。何より、打率・232、1本塁打、22打点という数字が“暗黒の3年間”を象徴している。

    5年契約最終年となる来季へ、どのポジションで勝負したいのか。自分のプレースタイルをどうイメージしているのか。虎将はまずはそこを突き詰めるという。
    もちろん、鳥谷の希望をそのままかなえるわけにもいかない。来季38歳という年齢的なものもある。だから、対話重視で齟齬をなくす。

    【阪神・矢野新監督、“不遇の時代”過ごした鳥谷と面談へ「何をしたいのか聞く」 】の続きを読む

    このページのトップヘ