20161105001




プロフィール

濱地 真澄(はまちますみ)
生年月日 1998年5月25日
ポジション 投手
身長 183㎝
体重 88kg
投打 右投げ右打ち
高校 福岡大大濠高



略歴


MAX146km右腕。
スライダー、カット、カーブ、チェンジアップを使う。
中学時代に既に140kmを超えており、大阪桐蔭等から勧誘があったが、父親が福岡大大濠出身ということもあり、大濠に進学。

<2年生夏>
・予選3試合の先発を務める。
合計26.2回で13安打13K3失点。

<2年生秋>

・ケガで出遅れながらも、最速更新の146㌔を計測。
県大会6試合中4試合、計35イニングに登板し
16安打2失点でベスト4進出を達成。

<3年生春>
3年春に本調子を欠きながらも県大会V
25年ぶり2度目の九州大会Vを達成。
投手として18.1回15安打4失点の粘投を演じ
7番で9打数7安打、1本塁打4打点を記録した。

<3年生夏>
 2016.07.14
 県営春日公園野球場
 福岡第一  6  –  3   福岡大大濠
浜地真澄投手(3年)が6失点(自責2)。
4回には一時勝ち越しとなる本塁打を放ちますが8回に不運な安打や味方の失策もあり、4点を奪われ敗戦。



動画








略歴 


福岡市出身で、元岡小学校1年で元岡少年スピリッツで野球を始め、4年から本格的に投手。 
6年の時に福岡ソフトバンクジュニアチームに選抜された。 
 元岡中学校では野球部で軟式でプレーし県ベスト4、3年時に福岡選抜に選ばれた。 

福岡大大濠では1年秋からベンチ入り。

 184cm88kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 ワインドアップから投げ下ろす最速150㌔の真っ直ぐと、スライダー、カーブ、カット、チェンジアップ。
 球速以上に力のある真っすぐがセールスポイント。ポテンシャルへの評価が高い。
 不調により伸びを欠いた3年春の大会では、悪いなりに試合を作る粘りの投球を披露した。
 柔らかさのある本格派右腕。球持ちに良さのある腕の振りから投げ込んで行く。
 中3秋に県選抜でKB全国大会を経験。中学時代から140㌔を超える直球で注目されていた。
 落ち着いたマウンドさばき、制球の良さも持ち味。