image



1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)06:57:43 ID:dFc
阪神の四藤慶一郎球団社長(56)が8日、ラファエル・ドリス投手(28)と再契約する可能性があることを示唆した。「シーズン中に投げられるというのであれば」。あくまでも条件付きながら“残留”も視野に入れていることを明かした。

来日1年目の今季は、右肘の不調を訴えて9月下旬に診察と治療のために帰国。10月には手術に踏み切ったこともあり、11月30日で締め切られた契約保留選手名簿からは外していた。


以下全文
http://srd.yahoo.jp/new/hl?a=20161209-00000010-spnannex-base



2: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)06:58:45 ID:fIT
やった!!

3: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)07:00:21 ID:pBe
ドリス、マテオ、メッセが残れば他がハズレてもええんやがなあ

4: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)11:14:51 ID:viP
ドリスの残留が最大の補強

5: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)11:15:55 ID:YCS
スペの中継ぎいうのも困るな

6: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)11:16:45 ID:uIi
>>5
能力は高いんやけどね

7: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)11:27:44 ID:GJX
サタホワ「」