1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:17:14 ID:1Ps
1三 鳥谷敬
2右 藤井淳志
3左 筒香嘉智
4一 ロペス
5指 福留孝介
6捕 梅野隆太郎
7二 糸原健斗
8遊 京田陽太
9中 比屋根渉



2: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:18:17 ID:f0f
半分阪神やんけ!
日本シリーズまったなしや!

なお

5: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:18:47 ID:1Ps
鳥谷敬
対広島戦 .380(*92-*35) 0本 14点 1盗 出塁率.463 OPS.887
今季通算 .293(488-143) 4本 41点 8盗 出塁率.390 OPS.767

今年、2000本安打を達成したタイガースの誇るやきうロボ。
以前から広島との相性は抜群であったが、今年はその出塁能力を遺憾なく発揮した。
対カープ出塁率は規定到達者打者最高の.463を誇る。
およそ2打席に1打席は出塁するのだからカープ投手陣としてはやってられない。

特に得意としたのが野村祐輔で、際どいところを突く野村のピッチングと、
際どいところを効果的に見送る鳥谷の選球眼がマッチした結果、
今年は対戦打率.600(10-6)、4四球と異様な結果となった。

6: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:18:54 ID:YNQ
ヤギさん、かなcなぁ

38: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:37:02 ID:1Ps
>>6
かなcなあ
今年は阪神抑えてたから阪神キラーとして方針転換していくのかと思ったけどな

7: 【45】 2017/10/12(木)23:19:20 ID:Tz2
ウィーランドおらんやんけ!

8: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:19:22 ID:1Ps
藤井淳志
対広島戦 .371(*70-26) 0本 *4点 5盗 出塁率.389 OPS.832
今季通算 .265(374-99) 6本 42点 2盗 出塁率.311 OPS.688

毎度おなじみのカープキラー。
今年初の対広島打席は4/4での代打起用だったが、ここであっさり安打を記録。
その後も今年4回の猛打賞のうち、2回を広島戦で記録するなど存在感を示し、
対広島最終戦の9/24では5打数4安打、最後の1打はサヨナラ2塁打と、
広島ファンのトラウマを呼び起こすに充分な打力を発揮した。

特筆すべき事項としては、安打数に反比例した打点の少なさがある。
代わりに安打製造能力の高さが今年の傾向であり、
今年は広島の投手15人と対戦し、無安打に抑えたのは床田、一岡、ジャクソンのみ。

来季、確実に広島を殺しにかかってくるであろう野手の一人と言えよう。

10: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:19:40 ID:1Ps
皆大好きウィーランドはこのあとの投手編でじっくり解説するで

11: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:20:32 ID:1Ps
筒香嘉智
対広島戦 .323(*93-*30) *6本 19点 出塁率.402 OPS.993
今季通算 .284(503-143) 28本 94点 出塁率.396 OPS.909

今季の横浜vs広島を象徴する一戦、8/22の3連続HRによるサヨナラ敗戦。
その口火を切るホームランを打ったのが彼だった。

ただし、今季の彼の弱点は比較的露わであり、
マツダ打率は.250、本塁打0、打点4と振るわない。
また対戦した左投手はジョンソン、高橋樹也、床田、飯田、佐藤、戸田の6人だが、
全員合わせて18打数2安打3四球と徹底的に抑え込まれている。

要するに、地の利とカープの左投手不足を最大限利用された結果が、
今季のこの相性に繋がっていると考えて差し支えない。

戦う場所と相手さえ間違えなければ御しやすい相手かもしれない。

47: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:52:13 ID:ZLY
>>11
打たれたのは右投手か?

49: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:54:28 ID:1Ps
>>47
右投手がヤバイ
4打席以上対戦した投手に限っても、
野村、岡田、一岡、中村祐太、薮田、九里、中田
こいつら全員から3割以上打ってる

12: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:21:21 ID:1Ps
ホセ・ロペス
対広島戦 .347(101-*35) *7本 *26点 出塁率.370 OPS.984
今季通算 .301(569-171) 30本 105点 出塁率.330 OPS.863

2017年セリーグ打点王を獲得したDeNAの一塁手。
対広島打点は26で、対巨人・対阪神打点はともに12。
仮に巨阪と同じくらいに抑えられていたと仮定すると、今季打点は91となり、
筒香(打点94)や丸(打点92)に追い抜かれる計算になる。
要するに打点王ロペスを生み出してしまったのは他ならぬ広島投手陣だった。

また、厄介なことに筒香と違い、
マツダスタジアムでの打率は.356と妙にハッスルし始める。
野村祐輔、中村祐太、薮田からの打率は4割超、
岡田、大瀬良からの打率は3割超と、どの投手からでも打てる隙のなさも強み。

48: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:53:18 ID:oNW
>>12
打点王を産み出したのはカープ…
ンゴゴ………

51: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:56:25 ID:1Ps
>>48
横浜対策しっかりしてたら丸が打点王になれた可能性があるのが悔しいな
黒田引退とかジョンソン離脱とか重なったし責めるわけにもいかんが

13: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:22:08 ID:pIm
比屋根で大草原

14: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:22:08 ID:1Ps
福留孝介
対広島戦 .294(*85-*25) *4本 17点 出塁率.430 OPS.912
今季通算 .263(441-116) 18本 79点 出塁率.373 OPS.818

安定と信頼と実績のカープキラー。
市民球場時代の黒田や大竹をカモにしまくり、
近年でも2014年CS1stでマエケンから決勝ホームランを決めるなど、
彼がカープファンに与えたトラウマの累計は現役最強と言っても過言ではない。

とは言え、ここ数年は流石に年齢からくる衰えを隠し切れず、
ようやく福留の脅威から離れることができるか…
と思いきや、今季の開幕3連戦で脅威の打率.600(10-6) 1本 3点 6四死球 を記録、
カープファンを改めて恐怖のズンドコに叩き込んだ。

ちなみに今年の主なカモは中崎で、
対戦打率.750(4-3) 1本 1四球と完全に対戦を避けた方がいいレベルである。

52: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:56:35 ID:oNW
>>14
この方毎回おるやん…
安部ちゃんが逆転サヨナラホームラン打って事なきを得たけど、それの前にドッメから逆転ホームラン食らわされてキツかった

55: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:00:12 ID:oKn
>>52
優勝決定試合でも、風に押し戻される大飛球があったりして
ファンの心臓止めてきたりもしたわね

15: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:23:06 ID:1Ps
梅野隆太郎
対広島戦 .328(*58-19) 0本 12点 出塁率.381 OPS.778
今季通算 .206(282-58) 2本 33点 出塁率.273 OPS.548

対巨人打率.208、対横浜打率.190、対ヤク打率.163、対中日打率.122
ここまでなら劣化コバヤシィとすら言える成績だが、
安打・打点の3分の1を広島から稼ぐという荒業をこなし打率を2割台に乗せた。
ちなみに広島戦での出場が皆無だったと仮定すると、打率は.174となる。

打順や長打率の割に打点が高く、実に効果的な場面でヒットを打ってくる。
それが最も如実に表れたのは何といってもGWの甲子園三連戦で、
うち二戦で決勝打を放ち、お立ち台に上がる活躍を見せた。

これだけ相性が良いのに9月は2試合しか広島戦に出ていないのは、
CSを見据えた采配なのかもしれない。

16: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:24:27 ID:1Ps
糸原健斗
対広島戦 .343(*35-12) 0本 *5点 出塁率.465 OPS.865
今季通算 .259(162-42) 1本 24点 出塁率.362 OPS.720

阪神ファン期待のルーキーにして、次期正遊撃手候補。
今季前半、広島が阪神を苦手としていたのは、
梅野とこの糸原が大活躍だったことに由来するとさえ言えるだろう。
Iso原の通り名に違わぬ出塁率で広島投手陣を苦しめた。

だが、打撃はともかく、対広島での守備には難があり、
今季6失策のうち4つが広島戦でのもの。
プロデビューの広島戦(4/1)は適時失策によりサヨナラ負けを喫し、
7/19の広島戦でも落球をきっかけとする怪我で現在まで続く離脱に繋がるなど、
内容も手痛いものが多い。
怪我から復帰するであろう来季が勝負か。

なお、島根県出身であり、広島の有名なジム「アスリート」に通っていたという
経験が現在のカープキラーぶりに繋がっている可能性。ないか。

18: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:25:39 ID:1Ps
京田陽太
対広島戦 .321(109-*35) 1本 10点 *5盗 出塁率.351 OPS.819
今季通算 .264(564-149) 4本 36点 23盗 出塁率.297 OPS.652

中日期待のルーキーにして新人王候補。
新人ながら一年に渡って安定してショートを守り続けたことは賞賛に値するだろう。

彼の弱点は分かりやすく、対右打率.273、対左打率.235と、
そこらへんの強豪高校より左投手がいないことに定評のあるカープの弱点を
的確に突いた結果がこの成績だと思われる。
事実、優秀な左投手を豊富に擁する横浜に弱く、対戦打率は.208である。

にも関わらず、なぜかジョンソンは得意で対戦打率は.500(8-4)。
もう(抑えられるピッチャーい)ないじゃん…

19: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:26:32 ID:1Ps
比屋根渉
対広島戦 打率.750(*4-3) 0本 0点 出塁率.800 OPS1.550
今季通算 打率.217(23-5) 1本 0点 出塁率.261 OPS.511

ヤクルトの中堅野手。
はっきり言って今季は殆ど良いところなく一年を終えてしまった印象であるが、
打席数は少ないながらも対広島戦の相性が突出していたので打線に採用。

対戦の内容としては、中田・ジャクソン・ジョンソンと1打席ずつ対戦し、
その全ての投手から安打を記録。
さらに中崎とは2打席対戦し無安打ながら1四球を獲得。
2015年は1番起用でリーグ優勝に寄与した実績がある選手だけに、
この調子で来季の躍進を期待したいところ。

ちなみに今季、二軍でセカンドを守るなどユーティリティーぶりを発揮。
これについてはコメントを差し控えさせていただく。

20: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:26:54 ID:1Ps
ここまで打線
ここからピッチャー

21: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:27:13 ID:1Ps
先発 田口麗斗 小川泰弘 メッセンジャー ウィーランド
救援 藤川球児 マシソン 近藤一樹 伊藤準規
抑え 秋吉亮

22: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:28:08 ID:1Ps
田口麗斗
対広島戦 *6試合 *4勝1敗 *43.0回 防御率2.09 WHIP0.93
今季通算 26試合 13勝4敗 170.2回 防御率3.01 WHIP1.22

今季、巨人は広島に対して11もの借金をし、
結果として広島をリーグ優勝に押し上げてしまった形になった。
しかし、その広島に対して唯一大活躍したのが彼である。
(広島に対して菅野は貯金1のみ、マイコラスは借金5)

5打席以上対戦した選手の中で、対戦打率3割を超えた広島の選手は田中広輔のみ。
エルドレッド、バティスタ、松山、曾澤といったパワーヒッターが
ことごとく1割台以下に抑え込まれているため、中々点が取れないのである。

また、なぜか中村祐太との対戦に縁があり、
今季は3回の直接対決を行い、成績は2勝0敗、さらに打撃でも2打点を挙げた。
同い年の二人だけに、来年以降の対戦にさらに注目したい。

23: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:29:25 ID:1Ps
小川泰弘
対広島戦 *6試合 3勝3敗 *41.0回 防御率3.07 WHIP1.32
今季通算 22試合 8勝7敗 124.0回 防御率2.83 WHIP1.15

ルーキーイヤーから広島をカモにし続ける安定の広島キラー。
小川と言えばカープファンには七夕の奇跡(5点差の9回に6点とって逆転勝利)
が思い起こされるであろう。

しかし救援登板を除いた今年の広島戦は、
7回2失点、7回無失点、6回無失点、8回無失点、7回2失点、4回3失点で、
先発防御率1.62というド安定の好成績を残した。
分かりやすく言えば菅野が投げてるようなものである。

先発試合で負けがついたのもHQSを達成しながらムエンゴだった2試合のみで、
来年以降もきっと広島ファンに絶望をまき散らしてくることだろう。

57: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:02:16 ID:a4h
>>23
小川からは通算勝利めっちゃ少ないよなカープ

60: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:06:10 ID:oKn
>>57
ルーキーイヤーの2013年に5勝1敗、
あとは2016年に負けがつくまで全勝やね
通算だと対広島は13勝6敗
去年と今年の負けが痛かったわね

65: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:11:33 ID:a4h
>>60
えぇ…?去年までカープは小川から1回しか勝ってなかったのか…
少ないとは思ってたがそれ以上だったわ…

25: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:29:59 ID:qF7
今年の秋吉印象が良くなくてまさか抑えとは。
他の抑えって逆転多いのかな

43: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:40:11 ID:1Ps
>>25
ヤマヤスも普通に対戦成績は優秀やけど、
秋吉みたいに他に比べて圧倒的に広島に強いってわけではないので除外したで
同じ理由で菅野もこのスレから省いてるで

59: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:05:11 ID:Jat
>>25
対中日と横浜が最悪レベルで他はまあまあ良かった気がする

26: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:31:02 ID:1Ps
ランディ・メッセンジャー
対広島戦 *5試合 *3勝1敗 *28.0回 防御率4.18 WHIP1.46
今季通算 22試合 11勝5敗 143.0回 防御率2.39 WHIP1.24

今季、球団史上最長の契約年数に達した助っ人外国人。
基本的には抑えるが、広島相手には崩れることもよくある。
しかしその場合でも相手先発がそれ以上に崩れ、結果として勝ちに恵まれた。
今季開幕戦でも5回4失点を喫したが、
雨で崩れたジョンソンから8点を奪ったことで勝ち投手になった。

尤も、援護が少ない時はきっちりQS・HQSを達成して勝ちを得ているため、
ただの援護乞食と違い、試合を作っている上での成績であることは留意されたい。

CSで勝ち上がってきた場合、今季対戦打率.700を誇る菊池や、
対戦打率.500 2本塁打のエルドレッドらが展開の鍵を握りそうだ。

27: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:31:52 ID:1Ps
ジョー・ウィーランド
対広島戦 *5試合 *3勝0敗 *27.0回 防御率5.33 WHIP1.00
今季通算 21試合 10勝2敗 133.0回 防御率2.98 WHIP1.14

対広島戦 打率.538(13-*7) 3本 *9点 出塁率.538 OPS1.846
今季通算 打率.229(48-11) 3本 12点 出塁率.302 OPS.739

彼のピッチング自体は広島にとってむしろ好相性なのだが、
彼の真骨頂はその異常な打力にある。
自らの失点を打点で取り返すという斬新なスタイルで勝ちを積み重ねた。

その力が最も発揮されたのが今季の広島最終戦10/1で、
自身7失点を喫しつつも4打点を挙げて、DeNAの外国人史上初の10勝目を挙げた。
というか、広島戦では毎試合少なくとも1本以上のヒットを打っているので、
その時点で並の野手より余程貢献していると言える。

代打成績の悪さに頭を悩まされている横浜であるが、
来季は少なくとも広島戦で彼を待機させておくといいと思う。

28: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:32:11 ID:1Ps
中継ぎへ

29: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:32:23 ID:1Ps
藤川球児
対広島戦 10試合 0勝0敗3H 10.2回 防御率0.84 WHIP1.41
今季通算 52試合 3勝0敗6H 56.2回 防御率2.22 WHIP1.15

2016年に阪神へ電撃復帰したJFKの一角。
対広島防御率で言えば、桑原(1.35)・マテオ(6.00)・ドリス(4.22)よりも
さらに優秀な0.84という安定した数字を残した。

広島野手は彼の火の玉ストレートを苦手としており、
そもそも今年彼からヒットを打った広島の野手は、
安部(2安打)、天谷、菊池、堂林の4人のみ、
長打は天谷の2塁打のみという体たらくぶり。
そら点が取れるわけがない。

32: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:33:18 ID:pIm
>>29
うーんこのドミニカン
カミネロも燃えたしドミニカンダメやな

31: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:33:11 ID:1Ps
マシソン
対広島戦 *9試合 0勝0敗*7H0S 10.1回 防御率0.00 WHIP0.77
今季通算 59試合 4勝4敗27H2S 68.1回 防御率2.24 WHIP1.02

キングオブキングオブ広島キラー。
2016年もまた対広島防御率0.66を記録しカープファンに絶望を与えてきたが、
今年はさらなるパワーアップをして帰ってきてしまった。

先発を打てないなら中継ぎを打てばいいじゃない、
でおなじみの逆転のカープにとって防御率0点ジャストはあまりにも厳しい相手、
というか勝利を諦めたくなる相手である。
この恐ろしい成績でもって回跨ぎも辞さない勤労ぶりも兼ね備えており、
カープファンとしては来季の去就(メジャー復帰について)が気になる投手である。

61: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:06:33 ID:a4h
>>31
カープ打線に10回無失点か…

69: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:15:57 ID:bk5
>>31
ここ来て行かない可能性が上がってきたらしい

70: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:18:23 ID:oKn
>>69
マジかよ(絶望)

33: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:34:10 ID:1Ps
近藤一樹
対広島戦 12試合 2勝0敗*4H0S 13.2回 防御率0.66 WHIP0.88
今季通算 54試合 2勝4敗14H1S 55.1回 防御率4.72 WHIP1.19

ほぼ半壊状態の今季ヤクルト投手陣において、
石山、ルーキに次ぐホールド数を記録したベテランピッチャーにして、
手術、育成落ち、再契約、そしてトレードと、野球の荒波に揉まれた苦労人。
今季は秋吉のアクシデントで緊急登板するも原口文仁を空振り三振に打ち取り、
プロ初セーブかつ1球セーブを記録したことは記憶に新しいところ。

また、そういった苦労人に弱いのも広島の特徴で、
特に菊池は8打席の対戦で無安打4三振と絶望的な相性。
2打数2安打1本塁打の好相性・曾澤の使いどころが来季のカギか。

34: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:35:18 ID:1Ps
伊藤準規
対広島戦 *9試合 0勝0敗2H 12.0回 防御率1.50 WHIP1.08
今季通算 39試合 0勝2敗9H 62.2回 防御率3.88 WHIP1.47

中日ドラゴンズのロングリリーフとして、
不振にあえぐチームのイニングを消化し続けた苦労人。
余談だが、彼の初登板は素晴らしい先輩の引退試合。

役割上、なかなかホールドがつくタイミングでの登板が無いが、
広島戦で登板すれば確実に1点以内に抑え、回跨ぎも連投も確実にこなせる。

今季終盤は先発として登板を続けるも不調に喘ぎ、
特に9/23の横浜戦では1回8失点をしてしまったわけだが、
あるいはかつての八木のように広島専用先発として活躍する可能性もあるかもしれない。

36: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:35:59 ID:1Ps
秋吉亮
対広島戦 *7試合 0勝0敗*2H*1S *7.0回 防御率0.00 WHIP0.57
今季通算 43試合 5勝6敗10H10S 43.0回 防御率3.35 WHIP1.14

2017年WBCに選出されたヤクルトの守護神。
今季はシーズン途中で右肩肉離れを起こし離脱してしまうも、
その後復帰しセットアッパーとしてホールドを積み重ね、チームに貢献した。
対広島防御率はマシソン同様、光り輝くジャスト0点。
なお広島だけでなく、対阪神防御率も0点である。

そもそも今季の広島対ヤクルト戦において
秋吉が登板する機会自体あまり無かったという面こそあるものの、
今季秋吉からヒットを打ったのは安部と新井の1安打ずつのみ。
四球を記録したのも田中と庄司が1個ずつのみで、
今季は徹底的に相性の悪いピッチャーだった。

今季復帰以降は安定感に欠いたものの、来季の復活に期待したい。

40: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:37:23 ID:oEY
打たれるけど打てるを地でいく投手がいるらしい

44: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:42:49 ID:LtL
まぁ元々の成績並のやつはあんま入れたくないわね
欲を言えばメッセとか

46: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)23:44:45 ID:1Ps
めっちゃ今更な解説やけど、
今季通算成績より対広島成績の方が優秀な人がこのスレの採用基準やで
事情が特殊なライアンやウィーランドは別な

>>44
メッセは正直、数字的には大して良くないんやけど、
広島に強い先発が今季足りなさ過ぎたんや…
ってことで勝ち星の多いメッセを入れさせてもろうたで

67: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:13:11 ID:qsC
ちなcやが胃が痛くなる打線やね
個人的には筒香ロペスウィーランドのスラッガー三傑がトラウマやなぁ

68: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:14:24 ID:oKn
>>67
阪神は出塁率が怖い、横浜は一発が怖いってところやね
CSでこのどっちかと当たるの嫌やなぁ

80: 名無しさん@おーぷん 2017/10/13(金)00:30:54 ID:uAF
このチームでペナント戦ったら何位ぐらいやろか