no title





オープン戦もおよそ半分の日程を消化し折り返し地点となります。
ようやく日曜日にオープン戦初勝利となりここから開幕まで調子を上げていきたいタイガース。
ここまでのオープン戦での成績を振り返っていきたいともいます。


【野手】
WS000062

ここまでの最多安打は高山選手、糸原選手、上本選手で7安打。

最多打点は6打点で中谷選手、次いで3打点の陽川選手、高山選手となってます。

最多四死球は以外にもと言っては失礼かもしれませんが、6四死球で陽川選手、次いで糸原選手の5、上本選手の4となっています。

打率、出塁率、長打率、OPSはすべて上本選手がトップの成績で好調を維持しています。

10打数以上での打率3割は上本選手と糸原選手しかおらず少々さみしい内容となっていますが、先日の試合で中谷選手からも快音が聞かれたり、高山選手も徐々に復調気配かと思いますので、ここから開幕までに調子を上向かせられるよう期待したいです。
そろそろロサリオ選手のHRもみたいですね!



【投手】
WS000063



先発投手では小野投手、才木投手がローテ枠をうかがう投球を見せています。

秋山投手も安定した内容といえるのではないでしょうか。

藤浪投手もフォーム改造により、復活をされています。

一方、開幕投手のメッセンジャー投手が少し調整が遅れていたり、開幕ローテほぼ当確の能見投手が打ち込まれるなど少し気がかりな点もあります。

監督の談話からするにメッセンジャー投手、秋山投手、能見投手は開幕ローテ確定とみられていますので、残り2~3枠をレベルの高い競争で争えるような展開を期待しています。


開幕戦でだれを起用するか、開幕ローテ、中継ぎ投手陣をどう配置するか、金本監督を悩ませるような成績で3月30日を迎えられることを期待しつつ、オープン戦後半も楽しんでいきたいですね!