IMG_7133



123: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 09:02:56.23 ID:eYU8C1+L0
スポニチ再登場のお股ニキが猛虎を大分析…打線のキーマンは大山
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000003-spnannex-base



125: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 09:32:09.94 ID:f+i8OvYwp
>>123
やっぱセカンド大山には期待したいよなぁ


 ――大山のポジションが重要になる

 3人(ボーア、マルテ、大山)を共存させるのは
間違いなく大山がカギになります。
セカンドもやるし、レフトもやるし、サードも
やるという気持ちでいって欲しいです。
巨人の岡本的なユーティリティーで。
サード一本という気持ちも持っておかないと
いけないとは思いますが、大山の守備力を
考えれば複数ポジションを担えます。

135: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 09:59:41.81 ID:x4SRAipnd
>>125
大山がセカンドできれば併殺もかなり取りやすくなるしな

127: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 09:42:35.22 ID:H9pewxGma
どこのスポーツ新聞も外国人打者3人が基本線なんだよな
得点が取れれば阪神優勝出来るの分かりきってるからな

128: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 09:42:50.76 ID:l1lllLCaa
マルテもレフトの練習させろよ
出来ないとかじゃなくてさ
何故UZRリーグトップの大山だけが動く前提で報道されてるんだろうか

133: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 09:58:50.31 ID:TFV3Zxbqa
>>128
マルテの方が打撃成績が良いからやろ
金本方式や、打てるやつから順番に適正の高そうなポジションを埋めていく形

134: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 09:59:32.82 ID:ZpU0HY8Kp
>>128
レギュラー無条件で与えられる打撃成績じゃないからだろ…

143: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 10:38:30.99 ID:l1lllLCaa
>>134
マルテの打撃が捨てられないって理屈なら尚更他のポジションも試した方が良くない?
ちなみにマルテはスタメンに欠かせない打撃力を持ってると思ってるよ

147: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 11:15:30.47 ID:ZpU0HY8Kp
>>143
試すのは当然だろ
ただ脚の怪我があって打撃が優れている以上外野の優先度は必然的に低くなる
大山の守備位置を動かしたくないからという理由だけで慣れないレフトにするのはあり得ない
思ったより脚の調子が良くて外野上手くてサード守備が微妙だったら外野に行くだろうけど

136: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 10:02:16.86 ID:K+7b6fdE0
大山若いし守備いいんだからユーティリティ扱いされるのなんて普通じゃね

137: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 10:04:10.51 ID:Oh94mO4W0
セカンドも競争枠なら面白い

138: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 10:08:19.05 ID:TFV3Zxbqa
エラー100超えて最悪レベルのRngR叩き出して最悪レベルの打撃指標でも三位やからな
確かに打てればより高い順位にいけるのでは、と思うのは自然な形ではあるわね

141: どうですか解説の名無しさん 2020/01/06(月) 10:23:02.29 ID:zz2Vm0o/p
守備コーチの守備位置の指示も悪いのかね?

 ――今季、失策が12球団ワーストの102個だった

 これはチームの思想じゃないかと予想してるんですが、すごく併殺を取ることを重視していて、二遊間がベース寄りに守っている印象があります。
だから併殺は多いんですけど、他のチームより一、二塁間や三遊間を抜かれてる可能性はあるので、てんびんにかける必要はありますよね。併殺を狙いすぎるとヒットゾーンは広がるので。
何事もバランスは難しいですけど。守備シフトもただやれば良いっていうわけじゃないので。
例えば、アストロズはシフトを使うバランスが完ぺきなんですよね。使うべき場面、打者も様々な状況を想定して敷いてます。
個人の力量、守備範囲はもう個人でしっかり練習して引き上げていくしかないです。それこそ宮本慎也や井端に弟子入りして有数の名手に成長していった坂本勇人のように。