FullSizeRender
 両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が19年ドラフト3位の及川雅貴投手(19)、ヤクルトが19年ドラフト1位の奥川恭伸投手(19)。高校時代はロッテ佐々木朗希、阪神西純矢とともに「高校四天王」と呼ばれた2人が、初の投げ合いとなる。 阪神は19年ドラフト2位の井上が4番左翼に入った。同学年奥川との対戦は、19年夏の甲子園大会決勝以来。当時は履正社の4番井上が星稜のエース奥川からバックスクリーン左に豪快な3ランを放ち、チームを優勝に導いた。1年越しの再戦、プロでの初対戦に注目が集まる。 【スタメン】 <ヤクルト> 1(左)渡辺 2(中)山崎 3(右)宮本 4(指)中山 5(二)松本友 6(一)太田 7(捕)松本直 8(三)長岡 9(遊)武岡 P=奥川 <阪神> 1(一)小幡 2(三)遠藤 3(中)小野寺 4(左)井上 5(指)坂本 6(右)島田 7(遊)熊谷 8(捕)長坂 9(二)植田 P=及川

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb07b01efed33c0b6c3cb62d7ee5d48eb83648c2