虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    2019年04月

    1: 風吹けば名無し 2019/04/30(火) 06:46:06.67 ID:neeAxdBhp
    ウエスタンリーグ(29日、中日6-5阪神、ナゴヤ)阪神のオネルキ・ガルシア投手(29)が29日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)に先発。登録抹消後、初登板で4回53球を投げ、2安打無失点と好投した。
    古巣・中日で親交が深かった松坂から受けたエールを力に変え、確かな復活の兆しを見せた。

    先輩からのエールに燃えないわけがなかった。“松坂効果”で自信を取り戻し、ガルシアが登録抹消後、初登板で4回0封の圧巻ピッチだ。

    「(松坂さんから)『結果が出ていなかったけど、自分の投球をしたら大丈夫だよ』といっていただいたので、それを(試合中に)考えながらやっていました」

    昨季は中日で13勝を挙げ、今季虎に加わった左腕は、開幕から登板3試合連続7失点で今月17日に2軍落ち。約2週間ぶりの復帰登板を控えた27日、球場で松坂と再会した。
    中日ではいつもキャッチボール相手を務め、助言も求めた先輩と久しぶりに言葉を交わし、背中を押された。

    四回に1死から石川駿に中前打を許したが、モヤを高め直球で二ゴロ併殺。最速146キロなどツーシーム主体に凡打の山を築いた。
    「感触はすごくよかった。力強さのある投球だった」。当初は3イニングの予定だったが球数と状態を見て、もう1イニング“おわかり”をお願いしたという。

    この日、ガルシアの投球を見た松坂は「(相手を)見下ろして投げればいいんじゃないですか。去年は見下ろして投げて、結果を出した。ああいう感じでいいんじゃないかと今、見て思いました」とうなずいた。

    「完璧な状態で(1軍へ)いきたい。それにはもう少し、足りないかなと思うので、こっち(2軍)で投げていきたい」と助っ人左腕。“平成の怪物”に力をもらい、令和で巻き返す。 (織原祥平)
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190430/tig19043005010011-n1.html

    【【朗報】阪神・ガルシア、“松坂効果”4回0封 2軍降格後初登板 】の続きを読む

    IMG_5142

     3試合ぶりの一発。直後の守備に就いた際には、マウンド上の先発・青柳に笑顔でアイコンタクトを送った。球団広報を通して「甘い球を一発で仕留めることができてよかった。いい形で先制点を取ることができたので、勢いに乗ってどんどん追加点を取りたいです」とコメント。4番が一振りでつけた勢い。広いナゴヤドームでも、その長打力を見せつけた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000060-dal-base

    【阪神・大山が先制6号ソロ「甘い球を一発で仕留めることができてよかった」】の続きを読む

    IMG_5141

     今季2勝目を狙って先発した阪神・青柳がプロ初完投初完封。129球の熱投で、中日打線を圧倒した。

     初回先頭の平田にいきなり四球を与えるも、1死二塁から大島、ビシエドを抑えて無失点の立ち上がり。その後はテンポ良くスコアボードに「0」を並べていった。

     最大のピンチは8回。先頭の遠藤に左前打で出塁を許すと、続く松井雅のゴロを三塁・大山が弾いて(失策)無死一、二塁のピンチを背負った。しかし、ここからが圧巻。代打・井領を一ゴロ(二塁封殺)に仕留め、続く平田を初球で三ゴロ併殺打に打ち取り、一打同点のピンチを無失点で切り抜けた。9回も走者を許したが無失点のまま投げきった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000196-spnannex-base

    【阪神・青柳 自身初の完封勝利!9回129球で今季2勝目】の続きを読む

    IMG_4403




    2019.04.29
    神 010 000 010=2
    中 000 000 000=0
    [投手]
    (阪神)
    青柳
    (中日)
    阿知羅-谷元-R・マルティネス-小熊
    [勝ち投手]
    青柳5試合2勝2敗
    [負け投手]
    阿知羅1試合1敗
    [本塁打]
    (阪神)
    大山6号(1)


    【【試合結果】阪神vs中日 2019/04/29 【青柳プロ初完封 マルテ初H 大山1HR】】の続きを読む


    このページのトップヘ