虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    17 岩貞 祐太

    IMG_6823

    マサ効果絶大だ。白組の先発・阪神岩貞祐太投手が2回完全の満点投球だ。

    初回を3者連続外野フライに打ち取ると、2回は2死から上本を“新球”チェンジアップで空振り三振。「低めに集めることが出来た。直球のキレも上がって思った通りのピッチングが出来た」と会心だ。

    山本昌臨時コーチからチェンジアップの握りを教わり、右手で壁を作る意識などを説かれた。「手首が立たないとボールが抜けない。しんどいくらい手首を立てて投げていたら、チェンジアップと真っすぐが良くなった」。矢野監督も「自分のやりたいことがしっかりと出来ていた。今日くらいのボールが普通になってくると、計算できる投手になってくる」と合格点だ。今季8試合、2勝4敗に終わった左腕が収穫の秋だ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-11170898-nksports-base

    【阪神岩貞マサ塾効果で2回完全 手首の使い方を意識】の続きを読む

    IMG_6664

    阪神岩貞祐太投手(28)はプロ6年目で初の中継ぎで2イニングを完全投球した。5点ビハインドの3回に2番手で登板。いきなり5番阿部、6番ゲレーロを連続三振に仕留めるなど4奪三振。

    レギュラーシーズンでは過去に1度もなかった救援マウンドだったが「出し切るしかないので。ペースとかは考えずに」難なく対応した。金村投手コーチは今後の起用法について「スクランブルだからいろいろなことが考えられる」と説明。17球しか使わなかっただけにフル稼働にも期待がかかる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-10090961-nksports-base

    【阪神岩貞「ペース考えず」初中継ぎで2回を完全投球】の続きを読む

    817: どうですか解説の名無しさん 2019/10/09(水) 16:06:13.99 ID:AJODJ8U+0
    2019年10月9日の出場選手登録、登録抹消

    セントラル・リーグ

    出場選手登録


    阪神タイガース 投手 17 岩貞 祐太
    出場選手登録抹消

    阪神タイガース 外野手 60 中谷 将大
    >>10月19日以後でなければ出場選手の再登録はできません。

    【阪神・岩貞、一軍登録 中谷、一軍登録抹消】の続きを読む

    IMG_6334

     阪神・岩貞が6回無失点で2勝目。巨人打線をわずか3安打に抑え、お立ち台で虎党の大歓声を浴びた。

     5月にインフルエンザで登録抹消され、その後右脇腹の肉離れを発症。これが4月28日の中日戦以来、4カ月ぶりの1軍マウンドだった。「甲子園のお客さんの前で投げるために必死にリハビリをした。時間はかかったけど、戻ってこれて本当に良かった」。

     3月30日ヤクルト戦以来、5カ月ぶりの白星に「シーズン通して投げられていない悔しさが強い。残り試合は気合を入れて投げたい」。逆転でのCS進出へ頼もしい左腕が帰ってきた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00000259-spnannex-base

    【阪神・岩貞が復活星 4カ月ぶり1軍マウンドでG斬り「戻ってこれて本当に良かった」】の続きを読む

    IMG_5788

     阪神・岩貞祐太投手(27)が右脇腹の肉離れを発症していたことが25日、分かった。すでに完治しておりキャッチボールにブルペン投球も再開。シーズン後半戦での昇格を目指している。

     今季は開幕ローテーション入りを果たしたが、インフルエンザ感染で5月4日に出場選手登録を外れた。同29日のウエスタン・リーグ、オリックス戦で実戦復帰する予定だったが、試合開始直前に登板を回避していた。

     この日は鳴尾浜球場でキャッチボールなどを行い「目の前のできることをしっかりやって、早く試合に戻れるようにしたい」と話した。5月21日のBC石川との練習試合を最後に遠ざかる実戦復帰へ向け、近日中にシート打撃に登板する可能性もあり、ここから状態を上げていく。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000056-spnannex-base&pos=3

    【阪神・岩貞、右脇腹肉離れしていた すでに完治 後半戦で1軍復帰へ】の続きを読む


    このページのトップヘ