虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    19 藤浪 晋太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神藤浪晋太郎投手(28)の今季初勝利はまたもお預けとなった。13日の中日戦(京セラドーム大阪)は5回までに、20年7月30日ヤクルト戦(神宮)以来となる2ケタ10三振を奪ったが、打線の援護を得られなかった。7回1失点で無念の2敗目となったが、「復活」を印象づける圧巻の奪三振ショーとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b220ffb3f2a4a2268b0f259e8c758b616bf89d71

    【【阪神】藤浪晋太郎2年ぶり2ケタ三振も「復活」印象 力強い直球、変化球のキレ「手応えある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神がまさかの逆転サヨナラ負けを喫した。6日の広島戦(マツダスタジアム)は8回まで3点リード。先発藤浪晋太郎投手(28)の待望の今季初勝利まで目前に迫っていたが、守護神岩崎優投手(31)が誤算だった。4安打に2失策が絡んで4失点。今季8度目のサヨナラ負けとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3a92bf5abe9635bd579fe3955ab294e7a270b2f9

    【【阪神】藤浪晋太郎7回途中7K2失点好投「次につながる」サヨナラ負けで今季初勝利逃すも気丈】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神・藤浪が6日の広島戦に予告先発された。1軍での先発は4月8日の同戦以来約4カ月ぶりとなる。この日マツダスタジアムで最終調整した右腕は、「久しぶりだからといって、特別な感情はないですね。やれることをやるだけです」と静かに力を込めた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2050034b80b740a074b808db75ea3ae92f8d4dc

    【阪神・藤浪 4カ月ぶりの1軍先発へ「久しぶりだからといって、特別な感情はない。やれることをやるだけ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     2軍調整を続ける阪神藤浪晋太郎投手(28)の1軍先発復帰が30日、濃厚となった。この日今季2勝目をあげた才木は右肘手術明け。首脳陣は慎重に登板間隔を空けており、今回も1度出場選手登録を抹消する見込みだ。藤浪と並んで代役候補だった桐敷、秋山、村上はこの日新型コロナウイルス陽性判定を受け、1週間後の8月6日広島戦(マツダスタジアム)は藤浪抜てきが確実となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e181a9582feb2623c40c6440474878e7bfaa2c0d

    【【阪神】藤浪晋太郎が8・6広島戦で1軍復帰先発へ 右肘手術明け才木は登板間隔を空ける見込み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2022/07/06(水) 10:14:35.47 ID:X4hcl1YX0
     「阪神(降雨中止)広島」(5日、甲子園球場)

     中止に伴って阪神・藤浪の先発が来週以降になったようだが、久しぶりの先発が今から楽しみでならない。今のプロ野球界の中にあって、ピッチングを見てみたいと思わせる数少ない投手だからだ。

     高校時代、右打者のアウトローに投げ込む直球は抜群だった。プロに入ってから、制球難から少し影を潜めてはいるが、今回もカギになるのは直球のコントロールだと思う。

     投手の基本はやはり直球で、直球があってこその変化球であるという僕の考えに変わりはない。藤浪には、ほかの投手が投げたくても投げられない魅力のある直球がある。右打者の内角に抜ける球を恐れて、スライダーやカットボールを多く投げているのかもしれないが、藤浪には自信を持って、思い切り腕を振ってストレートを投げ込んでもらいたい。立派な戦力になる直球。その姿をファンも楽しみにしているはずだ。

     ここからは、今の先発投手全体への苦言を聞いてもらいたい。先発投手たるもの、先発したら完投を目指す。球数にして1イニング15球計算で最低135球は投げる覚悟でいてもらいたい。ただ、肩は消耗品という考えからか、キャンプから球数を投げる投手が減ってきている。

     練習でやってきていないものを試合で出せるほどプロは甘くない。夏場だからといって練習を加減するのではなく、夏場だからこそ投げ込む日があっていいと僕は考える。投げ込む中で体の動かし方、腕、手首の角度を理解して、正しい投げ方が染み込んでくる。これを機に、一人でも多く耳を傾けてくれたらと思う。

    【阪神大物OB「藤浪は今のプロ野球でピッチングを見てみたいと思わせる数少ない投手」】の続きを読む


    このページのトップヘ