虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    97 歳内 宏明

    1: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/19(火)07:39:52 ID:o9Z
    阪神の歳内宏明投手(22)と江越大賀外野手(22)が17日、神戸市長田区の西神戸センター街で行われた「震災から21年、第12回神戸フリーライブ『ONE HEART』」にゲスト出演。阪神・淡路大震災を経験した地元住民を中心に集った約1000人のファンに激励メッセージを送った。
    そんな若虎2人をフリーライターの楊枝秀基氏が直撃。歳内は虎のセットアッパーとして“藤川2世”、江越は虎の長距離砲として“金本2世”になることを誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00000000-tospoweb-base

    【期待の若トラ2人の誓い 歳内「球児2世」、江越「金本2世」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/24(木)19:37:13 ID:l3P
    来季から新監督に就任する金本知憲は、クローザー候補の1人に歳内を指名。
    「若手を複数起用しながら」という「拡大クローザー構想」であるため、単独での指名ではないが、それでも首脳陣からの期待は非常に大きい。

    秋季キャンプでは「カウントが悪くなった時、ストライクが取れる球種をストレート以外にも持っておきたい」という理由から、今季は投げなかったスライダーに磨きをかけた。

    「ストレートとスプリット」の実質2球種からの脱却――。
    その先に見据えるのは、セットアッパー、そしてクローザー定着に他ならない。
    「最低でも50試合を投げたい。今年は1年間中継ぎでやれたので、試合に入るまでの(肩の)作り方や体のケアを学ぶことができた」

    “顔見せ”の1年を経て、若き右腕は来季、さらなる高みを目指す。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151224-00010002-baseballc-base

    【トラ歳内、守護神に抜擢も】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/21(土)20:56:06 ID:XAp
    金本効果、絶大だ。阪神が21日、甲子園でファン感謝デーを行い、4万3000人のファンが詰めかけた。09年の球場リニューアル以降では昨年の4万人を超えて最多の観客数だった。

    OB対現役が硬球で勝負する「レジェンドマッチ」では、日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(62)、桧山進次郎氏(46)も登場。
    真弓氏はストッパー候補の歳内と2度対戦し、空振り三振、二飛だった。同氏は「(ファン感謝デーで)これだけのファンの方が入るのは記憶にない。本当に幸せですよね」と話した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151121-00000151-nksports-base
    no title

    【真弓、歳内に抑えられる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/17(火) 07:39:33.00
    阪神1軍秋季キャンプ(16日、安芸タイガース球場)阪神・歳内宏明投手(22)が紅白戦で2回3奪三振無失点の好投を見せた。
    金本知憲監督(47)が状況によって抑えの呉昇桓(オ・スンファン)投手(33)を温存して若手投手を起用する構想を持っている中、
    来季5年目の右腕が“第2の守護神”候補に名乗りをあげた。育成選手の原口文仁捕手(23)は左越えに本塁打を放ち、猛アピールした。

    黒潮に乗って泳ぐ鰹のように、マウンドで躍動した。来季5年目の歳内が2回3奪三振で存在感を示し、“第2の守護神”候補に浮上した。

    「真っすぐで見逃し三振も取れたし、スライダーがよかった分、直球が生きたと思う」

    四回から紅組の2番手で登板。先頭の森越から見逃し三振を奪うと、二死からは小豆畑を空振り三振に仕留めた。
    続く五回は一死から北條を見逃し三振。奪った3三振の決め球はすべて外角低めの直球だった。
    今キャンプで取り組んでいるスライダーで追い込み、最後はアウトローにズバッと投げ込んだ。

    指揮官が描く守護神育成構想の実現に向け、大きな収穫となった。
    金本監督は3点リードでセーブがつく場面でも呉昇桓を温存し、若手に抑えを任せる考えを持っている。
    今季、歳内は自己最多の29試合に登板。5年目の来季はさらなる飛躍に期待がかかる。
    この日はバッテリーを組んだ梅野と「九回をイメージしてやろう」と話し、クローザーでの登板を想定。
    きっちりと無失点で抑え、“第2の守護神”としての適性があることを示した。

    来季阪神に復帰する藤川について「憧れているだけじゃいけない。しっかり『勝負』しないと」と歳内。
    今季の中継ぎ陣は安藤&福原のベテランへの負担が大きかったが、
    香田投手コーチは「大事なところで出ていくピッチャーになってほしい」と22歳の右腕に期待を寄せた。

    「今年はなかなか勝ちパターンで投げさせてもらえなかった。そこに入っていけるようにならないと」

    来季に向け、歳内は気合十分。勝利の方程式を担うため、必死にアピールしていく。 (白石大地)

    金本監督の守護神育成発言VTR

    3点リードなら抑えの呉昇桓を温存して、若手投手を起用する構想を披露。
    「例えば、(3点差で)セーブがつく場面でも、相手が下位打線とか、代打が残っていなかったら、呉昇桓を休ませて若い投手。
    走者が出たら、呉昇桓、行ってくれと。それぐらい余裕をもって、若手にチャレンジさせたい」と発言した。
    長いシーズンを見据えると同時に、自前でクローザーを育成することを決めた。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20151117/tig15111705040005-n1.html
    2015.11.17 05:04

    http://www.sanspo.com/baseball/photos/20151117/tig15111705040005-p1.html
    歳内が2回無失点。3三振を奪う力投をみせた

    【【野球】阪神・歳内、「呉温存」金本プランへ“第2の守護神”任せろ!】の続きを読む


    このページのトップヘ