虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    64 桑原 謙太朗

    1: 風吹けば名無し 2018/12/11(火) 14:31:27.69 ID:mq7Kb7550
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000085-sph-base
     阪神・桑原謙太朗投手(33)が兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季4500万円から2000万円増の6500万円(金額は推定)でサインした。

     今季は62試合に登板し、5勝3敗32ホールド、防御率2・68。勝ちパターンの一角としてブルペン陣を支えた。鉄腕は「個人的には1年間通して頑張れた」と胸を張った。

     来季は3年連続60試合登板の期待がおのずと高まるが「2年連続60試合投げることができた。そのへんがベースになってくる」と、2005年から08年まで4年連続で60試合登板を果たした藤川以来の難題に挑む。

    【【阪神】2年連続60試合登板の桑原は2000万円増でサイン 】の続きを読む

    IMG_4328

     阪神の桑原謙太朗投手(33)が11日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸4500万円から、2000万増の6500万円でサインした。

     今季は昨季の67試合登板に次ぐ62試合に登板。勝利の方程式の一角として5勝3敗、32ホールド、防御率2・68と2年連続で安定した成績を残した。「個人的には1年間通し頑張れたけど、チーム的には残念な結果になった。個人的には来年も1年間、フルで活躍できるようにしたい」と淡々と振り返った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000066-dal-base

    【阪神・桑原 6500万円で更改「来年も1年間、フルで活躍できるように」】の続きを読む

    695: 名無しさん@おーぷん 2018/12/02(日)13:26:59 ID:9hV
    セ・リーグ K/BB 上位10傑

    1桑原謙太朗(神) 5.42(65奪三振12与四球57回)
    2菅野智之(巨) 5.41(200奪三振37与四球202回)
    3秋山拓巳(神) 4.94(89奪三振18与四球105回)
    4パットン(De) 4.19(67奪三振16与四球56回)
    5石山泰稚(ヤ) 4.13(62奪三振15与四球73回2/3)
    6小川泰弘(ヤ) 3.92(94奪三振24与四球108回)
    7大瀬良大地(広) 3.88(159奪三振41与四球182回)
    8岩貞祐太(神) 3.81(122奪三振32与四球132回)
    9東克樹(De) 3.69(155奪三振42与四球154回)
    10山崎康晃(De) 3.50(63奪三振18与四球56回1/3)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00258951-fullcount-base
    K/BBセでは桑原が一位でした
    秋山が三位なのもすごい
    藤浪小野はゴロPなのが表れとるな

    【巨人菅野を抑え1位に立ったのは阪神・桑原! 投手の安定感を示すK/BBランキング【セ編】】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/12/13(水) 09:07:49.98 ID:Y64Kdx2w0
    阪神・桑原 高級車ゲットも愛車変えない「愛着あるので」

    「2017ヤナセ・阪神タイガースMVP賞」の表彰式が大阪市内であり、今季チーム最多の67試合に登板した
    桑原謙太郎投手(32)に『メルセデス・ベンツC180』が贈呈された。

    しかし、ベンツを頂いたから、即「乗り換え」とはならないのが桑原だ。
    「両方乗ります。今の車もずっと乗って愛着がある。廃車まで付き合ってもらおうかなって」。
    現在の愛車は、08年横浜に入団する際に契約金で購入した中古車。

    10年間で走行距離は約10万キロにも到達する。車好きのプロ野球選手となれば、
    数年に一度は車を変更するが、「性格上、ポンポンと変えないので」と、今でも愛車のままだ。

    「ベンツもセカンドカーとして大事に乗ります」というが、初心を忘れない謙虚な一面を見せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000015-spnannex-base

    【阪神・桑原さん、メルセデスベンツをゲットするも愛車(中古車)のセカンドカーにすることを決意】の続きを読む


    このページのトップヘ