虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレをまとめていきます。

    >

    67 岩崎 優



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 20:25:41.87 ID:DQurlYlR0
    阪神ドラフト1位の大山悠輔内野手(22=白鴎大)がプロの洗礼を浴びた。
    4日に投手を相手にするフリー打撃で左腕の岩崎と対戦。
    24球で安打性の当たりはなく、バットも折られ、手も足も出ない結果に終わった。

    「球種は真っすぐだけだったのにタイミングが合いませんでした。
    低いと思って見送った球が伸びてストライクになった。すべての面でアマチュアとは違いますね。
    これから経験を積んでいきたいと思います」と現実を受け止め、前向きに話していた。
    http://www.nikkansports.com/baseball/news/1774584.html

    【阪神ドラ1大山にプロの洗礼 岩崎にバット折られるなど安打性ゼロ本】の続きを読む



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:20:57.54 ID:pwjI/qvopNIKU
    阪神・岩崎が甲子園署の一日署長に 堂々訓示も「ずっと緊張」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000040-dal-base

    阪神・岩崎優投手(25)が29日、甲子園警察署の一日署長に任命され、甲子園球場近辺で行われた安全啓発イベントに参加した。
    警官隊約50名を前にして堂々と訓示を読み上げ、駅前で防犯グッズの配布などを行った。「ずっと緊張していました」と終了後はホッとした様子だった。

    【阪神・岩崎のぐうかわコスプレ】の続きを読む



    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)08:07:19 ID:Px1
    阪神安芸秋季キャンプ(13日、安芸タイガース球場)来季は中継ぎに転向する岩崎優投手(25)が、
    練習試合・LG戦(安芸)の九回に登板。今秋キャンプ初の最終回登板を3人で締め、適性を改めて示した。
    先発した横山雄哉投手(22)はソロ3発を浴びて3回3失点も、
    金田和之投手(26)が3者連続三振を奪うなど中継ぎ陣が踏ん張り、14-7で逆転勝ちした。

    力を見せつけた。岩崎が今秋キャンプ初めて九回のマウンドに上がり、3人でピシャリ。
    来季、セットアッパーとして期待される左腕が、万全の内容で試合を締めた。

    「点差は気にしなかった。練習でやっていることを出そうと思った」

    7点リード。先頭打者を三飛に仕留めると、次打者は三ゴロ。3人目の3番打者は空を斬らせた。
    最速は142キロも、伸びのあるストレートで計13球で料理した。

    2度の紅白戦は2番手で三回からの登板だったが、3度目の実戦は最終回を任された。
    香田投手コーチは「緊張感のあるところで(投げさせた)」と説明。
    リリーフとしての適性テストが続くなかで、中継ぎならではの肩作りも行った。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20161114/tig16111405020015-n1.html

    【中継ぎいける!阪神・岩崎、3人締め「点差は気にしなかった」】の続きを読む



    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)12:23:24 ID:Ft1
    阪神・岩崎優投手(25)が、秋季キャンプ第2クール2日目となった4日、
    新球となるカットボールを試投した。現在、新たにフォークの習得にも取り組んでおり、
    どん欲に球種を増やしていき、中継ぎへの配置転換に対応する構えだ。

    「プロに入って、ほとんど初めて投げましたけど、
    今日に関しては良い感じで投げられたと思うし、(ブルペン)捕手の方にも"良かった"と言ってもらったので。
    まだまだ、これからですが、これからも、ブルペンで投げていきたいなとは思います」

    ブルペン投球も終盤に差し掛かった時、おもむろに「カットいきます!」と捕手に合図を出した。
    右打者の内角を意識して腕を振り、投じた全3球すべてが、構えたミットのところへしっかりコントロールされていた。

    「自分はスライダーも投げますけど、曲がりが大きいので。
    (シーズン中にもカット習得は)投手コーチに言われたことがあった。
    カットを投げられるようになれば、投球も楽になると思う」

    これまで、高めに浮き上がる独特の直球とともに、変化球ではスライダーを投球の軸としてきた。
    曲がりの大きいスライダーとは対照的に、直球に近い球速で、小さく、鋭く変化するカットボールは芯を外してゴロの山を築かせることができる。
    飛球アウトの多い岩崎にとっては、マスターできれば、間違いなく投球の幅は広がってくる。


    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/05/kiji/K20161105013665210.html

    【阪神・岩崎 新兵器カットだ!リリーフ転向へ準備着々】の続きを読む


    このページのトップヘ