虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    94 原口 文仁

    IMG_5698

    大腸がんから再起した阪神原口文仁捕手(27)が、5番DHで復帰後初のスタメン出場を果たし、適時打を含む2安打で勝利に貢献した。

    3点リードの7回。2死一、三塁の得点機で2番手高橋純の初球、内角150キロ直球を右前に運んだ。「飛んでくれた方向が良かった。何点差があっても怖い相手。とにかく点を取れるだけ取るという気持ちで打席に立ちました」。昨年7月27日のヤクルト戦(神宮)以来320日ぶりのスタメンで、勝負を決定づけるダメ押し打点をマークした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-06121268-nksports-base

    【阪神原口「気持ちで」復帰後初スタメンで2安打】の続きを読む

    IMG_5683

     代打として控えていても心強い。スタメン復帰すれば、さらに大きな影響力があるかもしれない。今や攻撃のカギを握る存在となった原口。矢野監督はDHが採用される6連戦でのキーマンの起用法を問われると、うれしい悲鳴を上げた。

     「いい悩みじゃない。俺にとっても。(福留)孝介も、(糸井)嘉男も、みんな万全じゃない中でやってくれている。DHというのが1週間続くので、チームにとって何が一番いいのかを判断しながらやっていけたら」

     現状で、捕手は梅野の先発が揺るがない状況。原口は、体の状態が万全ではない福留、糸井らとともにDHの候補となる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000176-dal-base

    【阪神・原口 スタメンDHあるぞ キーマンのフル稼働でタカ退治】の続きを読む

    IMG_5670

     大腸がんから復帰した阪神・原口がサヨナラ適時打を放ち、チームを今季6度目のサヨナラ勝利に導いた。

     3―3の9回。2死から高山、北條の連打で一、三塁のチャンスを作ると、原口が代打で送り出された。カウント1―1からの3球目。外角スライダーに必死に手を伸ばすと、打球はライナーとなって中前に弾んだ。

     ヒーローインタビューの第一声で「ただいまー!」と絶叫。サヨナラの場面を振り返り「センターの前に落ちてくれっていう願いだけで走ってました」。試合が決まった瞬間、思わず涙する人の姿もあった。原口は、この試合に駆けつけてくれたファンや、これまで支えてくれた周囲に感謝しつつ「今日を迎えることができて最高の気分です」「みんな祝福してくれて嬉しかったです」と笑顔を見せた。

     同じ病を持つ人へ勇気をもたらす一打にもなった。「僕の活躍がそういう力になるとすれば、僕も生きて野球をやれる意味があると思うので、さらに頑張っていきたいと思います」と力強くコメント。最後は「3、2、1、必死のグッチ!」と決めセリフで締めくくった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000204-spnannex-base

    【大腸がんから復帰の阪神・原口 サヨナラ打で試合を決めた「生きて野球をやれる意味がある」】の続きを読む


    このページのトップヘ