虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    元阪神

    IMG_6970



    1: 風吹けば名無し 2019/12/06(金) 06:12:13.62 ID:07EM6/kX0
     西武が、阪神を戦力外となった森越祐人内野手(31)を獲得することが5日、分かった。

     森越は名城大から2010年のドラフト4位で中日に入団。14年10月に戦力外となり、トライアウトを経て15年から阪神でプレーし、今オフに再び戦力外通告を受けた。
    守備力が高く、今年の12球団合同トライアウトでは3打数2安打(うち1安打は本塁打)とアピールしていた。

     西武は今季序盤、正遊撃手の源田が右手に死球を受け、戦線を離脱。内野手が駒不足になる時期があった。源田、外崎の二遊間コンビに万が一の事態が起きた場合、代役の候補となり得る。

     辻監督は、森越が中日に在籍した11、14年当時コーチを務めていた。過去に8度、ゴールデン・グラブ賞を獲得した守備職人が指揮を執る西武で、プロ10年目のシーズンを迎える。

    【西武ライオンズ、阪神戦力外の森越を獲得】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/30(土) 17:36:49.54 ID:gwQojski0
    日本ハムの王柏融外野手(26)の通訳を務めた蕭一傑氏(33)の退団が濃厚となっている。

    蕭氏は2008年のドラフト会議で阪神から1位指名を受けて入団。台湾人ではNPB初となるドラフト1位選手の誕生となり、大きな話題を呼んだ。
    その後はソフトバンクでプレーしたのち、台湾球界に復帰。昨オフに戦力外通告を受けて退団すると、同時期に入団が決まった“大王”こと王の通訳として共に来日した。

    それが1年限りで退団とは、ウラで何があったのか。
    すでに台湾では大きな関心事となっており、現地メディアでは「王は蕭氏を通訳者としてよりも世話人と認識していたために対立。スター選手から通訳者へ転身した蕭氏には厳しいものとなった」などと、2人の関係がこじれたことが原因と報じられている。

    もちろん台湾リーグで打率4割を記録し、タイトルも総なめにしたトップスターである王が、突然不慣れな異国の地で生活するのは容易ではない。
    チーム内からは「英語をしゃべれる助っ人選手であれば、ほかの助っ人選手などとも容易に意思疎通ができるでしょうが、ボーロンは台湾語。
    母国語でしゃべれる相手が蕭さんだけとなれば『人の合う合わない』で互いにストレスを感じてしまうのはありうることだとは思います」と、同情する声も上がっている。

    関係者によると、蕭氏は家庭の事情なども加味し、台湾で新たな職に就く見込み。今回の一件で、改めて外国人選手の取り扱い方の難しさが浮き彫りとなった格好だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000016-tospoweb-base

    【ハムの大王さん、元阪神の蕭一傑通訳と関係がこじれてた 蕭氏は退団へ 】の続きを読む

    IMG_6915



    1: 名無しさん@恐縮です 2019/12/01(日) 10:31:49.11 ID:munB8WAS9
    03、05年の阪神リーグ制覇時にエースとして活躍した井川慶氏(40)が阪神タイガースのOB会総会・懇親会に初参加した。

    「実はこういう会があると知らなかったんですよ。選手時代に表彰された記憶はあるけど…。皆さんにお目にかかれて懐かしかったですね」

    まだ現役引退を表明せず、日々トレーニングを積んでいる井川氏だけに、正式な案内が届いていなかったようだ。4月30日に甲子園での始球式参加時に川藤OB会長から誘いを受けて、今回の参加が実現した。

    井川氏は現役復帰を目指し、トレーニングを開始した新庄氏にもエールを送った。「僕なんかより全然、現実味がありそう。プレーする姿を見るのが楽しみです」と目を細めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000023-dal-base
    12/1(日) 7:30配信

    【井川慶氏 阪神OB総会に初参加「こういう会があると知らなかったんですよ」】の続きを読む


    このページのトップヘ