虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    他球団

    1: 風吹けば名無し 2018/10/06(土) 20:03:09.68 ID:hGCtXqTC0
    巨人脇谷が引退 甲子園での「落球捕球」問題語った

    ベンチへ下がる際には阪神ファンからも温かい拍手が送られた。「甲子園の一件で阪神ファンやプロ野球ファンを僕の行動で傷つけて、悲しませてしまった。
    審判員の方にも迷惑をかけてしまった。それでも今日はタイガースファンの方々も応援していただいて、うれしかったです」。
    11年4月20日の阪神戦の7回、ブラゼルの二飛を巡って落球か捕球かの論議が起こった。
    それから7年が経ち「最後の心にひっかかるものがあったので、2軍の試合ですけど、ライトスタンドに一礼できてよかった」と胸に秘めた思いを口にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00354073-nksports-base

    【巨人脇谷が引退 甲子園での「落球捕球」問題語った 】の続きを読む

    903: どうですか解説の名無しさん 2018/09/03(月) 13:41:33.23 ID:yOkon5iSa
    【ホームランラグーン】 ライト側151席 レフト側151席

    外野席初のグラウンドにせり出した観客席を設置いたします。
    選手と同じグラウンドの高さに位置し、まるで外野手になったかのような雰囲気を持てる観客席となります。
    足元は人工芝で全席テーブルがつき、1名席、4名席、6名席のラインナップで販売する予定です。
    ※価格等詳細は後日ホームページで発表いたします。

    no title


    これでHR出にくい球場は移転確定の日ハム除いて伝統大好きの阪神、中日のみ

    【千葉ロッテ、来期よりホームランラグーンの設置を発表   HRが出にくい球場は残すところ甲子園とナゴドのみ?】の続きを読む

    プロ野球 楽天 アマダーがドーピング検査陽性 6か月出場停止 
     プロ野球 楽天のアマダー選手が、ドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示し、NPB=日本野球機構は
    アマダー選手を6か月の出場停止処分としました。プロ野球でドーピング検査による違反が明らかになったの
    は7年ぶりで、5人目となります。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180809/k10011570741000.html
    no title

    【楽天のアマダーがドーピング違反 6か月出場停止】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 17:10:47.24 ID:MzkSNlZcH
    【オリックス】誤審問題でNPBに史上3例目となる提訴 改めて続行試合の開催求める
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000151-sph-base

    オリックスは6日、6月22日・オリックス―ソフトバンク戦(ほっと神戸)での誤審問題を受け、京セラD内の球団事務所で会見を行い
    改めて続行試合の開催を求め、同日午前に日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーに提訴状を提出したと発表した。
    プロ野球史上、野球協約第20章の第188条に基づく提訴が行われたのは、1978年の江川事件、2008年のパウエル二重契約問題以来3例目となった。


    会見には湊通夫球団社長、長村裕之球団本部長が出席。
    約25分にわたる会見で湊社長は提訴に至った理由について「長期化することは、本意ではありません。ただし当球団が当初より申し立てていることと
    先方からの回答に少なからず齟齬(そご)があるため、野球協約に基づき提訴という形でコミッショナーに裁定を依頼いたしました」と説明した。

    2日にNPB側は、オリックス側に「リプレイ検証による最終裁定は適性に行われた」とし
    「試合中のリプレイ検証の運用では問題がなかったことから、アグリーメント違反および野球規則の違反には至らないとの判断」という回答を文書で伝えた。
    これに対しオリックスは、コミッショナーの最終裁定での解決を求めた。

    オリックス側の要求は、ソフトバンク戦の10回戦10回表2死一塁、打者中村晃選手、カウント2―2の9球目をファウルとし、10球目からの続行試合の開催を求めている。

    【【悲報】オリックスさん未だに誤審にガチギレ NPBに史上3例目となる提訴 改めて試合の開催求める 】の続きを読む


    このページのトップヘ