虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    6 金本知憲

    2: 風吹けば名無し 2018/07/28(土) 08:34:40.29 ID:n7jx5Hdl0
    (セ・リーグ、ヤクルト8-2阪神、10回戦、阪神6勝4敗、27日、神宮)不気味な涼風が頬をなでる。前回の3連戦で30得点と打棒が爆発した神宮でも打てなかった。甲子園で勝てない(16勝25敗1分け)虎にとって、もはや“名医”は横浜スタジアム(7勝1敗)だけ!? 就任後、初めて夏のロード初戦に敗れた金本監督は疲れ切った表情で椅子に腰を下ろした。

     「あと1本やね、やっぱ。ヒットは出ているけど、チャンスでの1本が遠いですな」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000039-sanspo-base

    【金本監督「1本が遠いですな」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/28(土) 05:48:21.69 ID:ybTZBYyg0
    「金本監督は若手をめちゃくちゃ使うけど、飽きちゃうんだよね。全体的に若手のレベルはそれなりに上がっていると思うんだけど、1軍で戦えるメンバーとしてアベレージがあるかというと、全然ない。
    なぜかというと、『2軍に行かされる』『監督に怒られる』という恐怖感で若い選手がやっているから。

     チームの雰囲気がある意味でピリピリするのはいいんだけど、恐怖感との戦いで若い選手が試合をやっている。どこ向いて戦ってるの、という感じに見える。
    ご機嫌うかがいをして、試合をしているという状況になってるね、見ていて」

    「阪神には、他球団が喉から手が出るほど欲しい若手の野手がいっぱいいるよ。外に出たら活躍する選手が。
    いい選手はいっぱいいる。いらないんだったら、高山と中谷を中日にくれよ、と。若い選手がどっちを向いて戦っているんだ、というのが、ちょっと見ていて残念だね。

     ピッチャーがいるから試合にはなってるけど、どうなのかなと。1年間もたないよね。もうプレッシャーを与えてやる時代じゃない。ムチばっかりじゃダメ。どっちかと言ったら金本監督は厳しいから」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00165066-fullcount-base

    【山崎武司「若手が伸び悩むのは金本監督のせい。いらないなら高山と中谷を中日にくれよ。」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/25(水) 11:16:25.18 ID:oDCE+FXh0
     一回無死から糸原、北條が連打したが、得点につながらない。横浜ではDeNAを打ちに打ったクリーンアップをこの日も継続して並べたが、3番・福留はここで空振り三振。4番・糸井は一ゴロ。二死二、三塁から5番・ロサリオも遊ゴロに倒れた。指揮官も「まあそうやね、結果、思い返して振り返ってみるとそこかなと。そうなってしまう。1点でも欲しかったなというのはあるわね」と悔やんだが、一回が“ハイライト”になるのは寂しい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000502-sanspo-base

    【金本監督「1点でも欲しかったなというのはあるわね」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/25(水) 07:23:59.31 ID:3D9uTIFZ0
    広島戦は6連敗となり首位とのゲーム差は今季最大11に広がった。そして甲子園でも5連敗。
    指揮官も「ここでは、みんな打てなくなる。何かあるのか。横浜、神宮みたいにガンガン打ってほしいけどね。空気があるんかな、そういう」と首をかしげた。
    その「何か」を打破するのが超重量打線であり、攻めの姿勢――。布石は打った。今日こそ、流れを変える。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000058-spnannex-base

    【金本監督「ここ(甲子園)ではみんな打てなくなる。何かあるのかな。空気とか、そういう」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/23(月) 09:27:05.56 ID:MnR1fx2za
    -ナバーロも本塁打を放った

     金本監督 ツボに来れば飛ぶというところも見せてくれた。甲子園で打ててないから(打線全体が)甲子園でこれくらい、気持ちよく打ってほしいわね。

    【金本監督「甲子園でも打ってほしいわね」 】の続きを読む


    このページのトップヘ