虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    63 板山 祐太郎

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/01(火)20:23:46 ID:uLR
    本職の外野手だけでなく二塁手でも練習を続けてきた阪神の板山がついに遊撃手にも挑戦した。
    秋季キャンプ3日目の31日、シートノックや投内連係などの練習で「小学校以来」という遊撃に就き、無難な動きを披露。
    金本監督、久慈内野守備走塁コーチら首脳陣の評価も上々で、さらに可能性が広がった。

    「自分が思っている以上にできました。ショートというのは内野の要だし、自分にはまだそこまでの守備力はないので、もっともっと練習しなければいけない」

    ドラフト1位・高山と同じ左打ちの外野手として6位入団も、進む道は違うかもしれない。三遊間の難しいゴロも軽快にさばく姿に金本監督は満足そうにうなずいた。

    「うまかったね。(守備コーチは)球際は北條より強いとか言っていたね。北條もそれを聞いて『えっ』と思うかな。アイツは厚かましいから思わないか」

    北條を刺激する狙いにとどまらず、板山の内野起用はすでに構想内。
    久慈コーチも「派手さはないけど、堅実さはある。監督がいつも言うように、まずは難しいところからやらせようということ」と説明した。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/01/kiji/K20161101013640970.html

    【板山「小学校以来」のショート挑戦 首脳陣評価は上々】の続きを読む



    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 10:20:31.04 ID:LeTe1c3Z0
    阪神・金本監督、板山のトレーニング成果にニッコリ「大きくなってる」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000521-sanspo-base
    指揮官は「体つきが変わってきた。下半身が大きくなっているし、トレーニングの成果だろうね」とニッコリ。

    【阪神・金本監督、板山のトレーニング成果にニッコリ 「下半身が大きくなってる」】の続きを読む



    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)15:18:45 ID:Ayd
    阪神・板山祐太郎外野手(22)が26日、秋季キャンプで内野守備にさらに磨きをかけることを誓った。
    この日は秋季練習最終日。内野ノックで軽快な動きを見せ、金本知憲監督(48)は来季の二塁レギュラー候補の一人として期待した。
    マルチな才能を開花させ、スタメンを勝ち取る。

    秋の風が吹く甲子園。土の上で熱く、軽快な動きを見せる若虎がいた。
    本職の外野だけでなく、内野でのレギュラー獲りにも本格挑戦する板山だ。
    ノックで二塁の定位置に入り、併殺などのプレーも無難に処理。
    金本監督は「(争いに)入ってくるでしょう」と来季の二塁レギュラー候補と明言した。

    「守るところが増えればチャンスも増えると思うので、(外野と)どっちも一流を目指してやっていきたい」
    指揮官から中谷とともに強化指定選手に指名された期待のホープ。
    24日まで参加していたみやざきフェニックス・リーグでも二塁や三塁で出場。
    「試合で守ってみないと分からない部分がある」と、実戦の中で打者の反応や、傾向などを見て感覚を磨いてきた。
    シーズン途中から内野守備に転向したが、上達スピードは速い。

    http://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/27/0009614362.shtml

    【板山は二塁レギュラー候補 金本監督明言「入ってくるでしょう」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/16(日)10:32:15 ID:Enr
    来季は二塁が超激戦!阪神・金本知憲監督(48)が15日、板山祐太郎外野手(22)を「強化指定選手」の候補に挙げた。
    外野が主戦場だったルーキーはこの日までに、秋季キャンプから本格的に内野練習を始める方針であることが判明。
    今年チームが固定できなかった二塁に照準を合わせ、激戦必至な定位置争いに参戦する。

    「みやざきフェニックス・リーグ」では、ここまで全試合に1番打者として出場。
    3戦連続猛打賞を記録するなど26打数11安打、打率・423と高アベレージをマークしている。
    直線距離で480キロ離れた甲子園にも情報は届いており、指揮官も目を細めていた。
    強化指定選手の筆頭候補に挙げたのは、来季への期待の表れだろう。

    今季、板山は1軍戦40試合に出場。打率・236と結果を残すことはできなかったが、
    金本監督は「スイングに癖がない。対応力もあると思うよ」と一定の評価を与えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000012-dal-base

    【来季虎の二塁は超激戦!板山が秋季Cから内野練習本格化】の続きを読む


    このページのトップヘ