虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    その他競技

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/02/18(木) 18:21:26.78 ID:6qooX8W50
    no title

    【●【悲報】新人騎手がデカすぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どうですか解説の名無しさん 2021/02/27(土) 15:18:58.22 ID:CAP_USER9
    2021年02月27日 12:02 バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/02/27/kiji/20210227s00011061216000c.html
    no title


     NBAのラプターズを率いているニック・ナース監督(53)と5人のアシスタントコーチ(AC)、さらに今季20・1得点を挙げていた主力フォワードのパスカル・シアカム(26)が26日、新型コロナウイルス感染防止規定(プロトコル)の対象(濃厚接触の確認作業を含む)となり、準本拠としているフロリダ州タンパで行われたこの日のロケッツ戦で戦列を離脱。ACの1人だったクリス・フィンチ氏(51)は22日にティンバーウルブスの新監督となって移籍していたために、今回のプロトコルの対象にならなかったスペイン代表監督の経験があるイタリア出身のセルジオ・スカリオーロAC(59)が監督代行として指揮を執った。

     試合は121―111(前半67―59)でロケッツを下して17勝17敗。ラプターズハ3試合ぶりの白星で勝率を再び5割に戻した。先発したノーマン・パウエル(27)が30得点、フレッド・バンブリート(26)が25得点をマーク。カイル・ラウリー(34)は20得点、11リバウンド、10アシストで今季2回目(通算18回目、ラプターズでは16回目)のトリプルダブルを達成するなど、ナース監督不在の中で先発のガード陣がチームを引っ張った。

     ここ3試合出番のなかった渡辺雄太(26)は第1Qの7分42秒から、ガードのテレンス・デービス(23)とともに「7人目と8人目の選手」としてコートに登場。このクオーターで正面と右のコーナーから2本の3点シュートを放ったがいずれもリングに嫌われた。

     第3Qも6分59秒からプレーしたが、その1分9秒後に左のコーナーから試みた3点シュートは失敗。しかしこのクオーターの残り1分25秒、バックコートから1人でボールを持ち込んだあと、ユーロステップでのドライブから左手でレイアップを決めて出場6試合ぶりに得点を記録した。

     第4Qの3分57秒には左サイドでプルアップからのバンクショットを決めて4得点目。結局、渡辺は17分出場してフールドゴール(FG)の成功は6本中2本で、4リバウンドと1アシストも記録した。出場時間帯のチームスコアは「マイナス5点」だった。

     ラプターズの本来の本拠地はカナダのトロントだが、米国への移動では自主検疫が必要となっているために今季は終了まではタンパが準本拠地。しかしフロリダ州での新型コロナウイルスの26日の新規感染者は5922人(死者146人)で、ワクチン接種が進んでいるにもかかわらず、2月に入って5000人以下だったのはまだ2回しかなく“下げ止まり”の状態が続いていた。

     なおラプターズは「球宴ブレーク」の前にあと3試合を残している。

     ロケッツは11勝20敗。ペイサーズから移籍してきたビクター・オラディーポ(28)が27得点、ジョン・ウォール(30)が21得点と12アシストを挙げ、第3Q途中での23点差を第4Qの終盤に6点差まで詰め寄ったが、結局10連敗を喫した。

    【【NBA】ラプターズ、コーチ陣6人とシアカムがコロナ規定で離脱もロケッツに勝利 渡辺雄太は4試合ぶり出場で4得点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/02/26(金) 18:36:04.20 ID:CAP_USER9
     NBAウィザーズは25日、敵地デンバー(コロラド州)で西地区全体7位のナゲッツと対戦。ワシントンDCで行われた17日のこのカードでは130―128で勝利を収めていたが、この日も112―110(前半56―54)で競り勝って(12勝18敗)8季ぶりにロード4連戦を3勝1敗で締めくくった。(2017年3月にはロード5連戦で4勝1敗)。

     ブラドリー・ビール(27)は33得点、ラッセル・ウエストブルック(32)は16得点、10リバウンド、10アシストで今季9回目(通算155回目)のトリプルダブルを達成。第3Q終了時点では88―88の同点で、第4Qでは同点7回、勝ち越し2回というシーソーゲームだったが、ウィザーズはこのクオーターを24―22で競り勝って敵地で貴重な白星をものにした。

     17日の試合で3点シュートを11本中9本決めて自己最多の35得点を稼いだダビス・バターンズ(28)は膝を痛めて欠場。しかし今季23試合目の先発出場となった八村塁(23)が奮起し、37分出場して、フィールドゴール(FG)を16本中9本(うち3点シュートは4本中1本)成功させ、ダンク4発などで20得点と5リバウンド、2アシストをマーク。昨季9試合で止まっていた2ケタ得点の連続記録を10試合に伸ばし、20得点以上は2月2日のトレイルブレイザーズ戦(24得点)を含めて今季2回目(昨季は出場48試合で10回)となった。またベンチから出たブラジル出身のガード、ラウル・ネト(28)も28分で15得点、4アシスト、5スティールと奮闘。チーム一丸となった戦いで強敵を敵地でなぎ倒した。

     八村はスロベニア出身のフォワード、ブラッコ・チャンチャー(23=203センチ)とマッチアップした第1Qの8分すぎには、シュート・フェイクをかけたあとレッグスルー・ドリブルからインサイドに走り込んで右手でレイアップを決めるなど、ダンク以外でもこれまで見られなかった積極的なオフェンスも見せた。

     ナゲッツは17勝15敗。今季のMVP候補に挙げられているセンターのニコラ・ヨキッチ(26)が24得点、11リバウンド、7アシスト、19日のキャバリアーズ戦でフリースローを1本も放つことなく50得点を記録したガードのジャマール・マーリー(24)も6本の3点シュートなどで34得点を稼いだが、最後はウィザーズの粘り強いディフェンスに屈する形となった。

     <八村の全オフェンス>
     ▼第1Q(出場10分30秒=8得点)
    (1)3分7秒・ゴール下でシュートに持ち込むもポーターJRにブロックされる=×
    (2)3分45秒・ゴール下でシュートに持ち込むもマーリーにブロックされる=×
    (3)5分55秒・ウエストブルックのパスに合わせてアリウープから両手でダンク=〇(アシスト・ウエストブルック)
    (4)7分38秒・速攻から右サイドを走り込んでレイアップ=〇(アシスト・ビール)
    (5)8分15秒・右サイドからシュート・フェイクのあとレッグスルー・ドリブルからドライブして右手でレイアップ=〇
    (6)8分45秒・右サイドからインサイド。ステップバックからジャンプシュート=〇
    (7)9分30秒・左サイドからプルアップでジャンプシュート=×
     ▼第2Q(出場7分38秒=1得点)
    (8)6分59秒・右サイドからドライブしたがヨキッチにブロックされる=×
    *8分27秒・フリースロー2本=〇×
     ▼第3Q(出場12分=11得点)
    (9)2分45秒・右コーナーから3点シュート=×
    (10)4分2秒・左コーナーから3点シュート=〇(アシスト・マシューズ)
    (11)4分41秒・ビールのスティールに呼応して速攻に参加。左サイドからダンク=〇(アシスト・ビール)
    (12)6分21秒・右ベースライン際からゴール下に飛び込み左手でダンク=〇(アシスト・ウエストブルック)
    (13)9分37秒・ネトのこの日5つ目のスティールから速攻。左サイドを疾走して両手でダンク=〇(アシスト・ウエストブルック)
    (14)10分17秒・正面からプルアップでジャンプシュート=〇
    (15)10分57秒・正面やや右から3点シュート=×
     ▼第4Q(出場9分5秒=無得点)
    (16)5分58秒・正面からペイント内でヨキッチの前でフローター=×


    2021年02月26日 13:32 バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/02/26/kiji/20210226s00011061316000c.html
    no title


    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore?gameId=401267662

    Highlights: Rui Hachimura scores 20 in win over Nuggets - 2/25/21
    https://youtu.be/TV3xQJ57kgU

    【【NBA】ウィザーズ ナゲッツとの接戦を制して12勝目 八村塁は20得点で10試合連続の2ケタ得点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/02/25(木) 09:43:22.55 ID:EofWz0Ed0
    東カンファレンス
    スターター
    ケビン・デュラント(11回目/ネッツ)
    ヤニス・アデトクンボ(5回目/バックス)
    ジョエル・エンビード(4回目/セブンティシクサーズ)
    ブラッドリー・ビール(3回目/ウィザーズ)
    カイリー・アービング(7回目/ネッツ)

    リザーブ
    ジェームズ・ハーデン(9回目/ネッツ)
    ジェイレン・ブラウン(1回目/セルティックス)
    ベン・シモンズ(3回目/セブンティシクサーズ)
    ザック・ラビーン(1回目/ブルズ)
    ジェイソン・テイタム(2回目/セルティックス)
    ニコラ・ブーチェビッチ(2回目/マジック)
    ジュリアス・ランドル(1回目/ニックス)

    【NBAオールスターゲーム出場選手、決まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/02/24(水) 18:20:14.25 ID:CAP_USER9
     NBAウィザーズは23日、前日のレイカーズ戦と同じロサンゼルスのステイプルズセンターでの試合に臨んだが、116―135(前半55―72)でクリッパーズに敗れて11勝18敗。4季ぶりの6連勝を達成することはできなかった。ブラドリー・ビール(27)が28得点、10アシスト、ラッセル・ウエスト(32)は20得点、9リバウンド、10アシストをマーク。最大24点差のビハインドから第3Q終了時点で5点差まで詰め寄ったが、最後まで一度もリードは奪えなかった。前半での70失点以上は7試合ぶりで今季9回目。中盤から後半にかけて追い上げるパターンは定着してきているが、前半でのチーム・ディフェンスには依然として課題を残している。

     八村塁(23)は36分の出場で3点シュートを2本とも成功させ、フィールドゴール(FG)の成功は8本中4本。9試合連続で2ケタ得点を挙げ、9リバウンドもマークした。前日がレブロン・ジェームズ(36=レイカーズ)、この日がカワイ・レナード(29)と、2日連続でファイナルMVP経験者とマッチアップ。スモールラインアップ時にはクリッパーズのセンター、イビツァ・ズバッツ(23=213センチ)にも密着したが、勝利にはつながらなかった。前半終了間際には1人でバックコートからフロントコートにボールを運んだが残り5秒を切ってシュート体勢には入らず、ビールが右サイドのコーナー、スローインを終えたウエストブルックが正面トップの位置にいながら、なぜか3点シュートラインの外にいたセンターのロビン・ロペス(32)にパス。試合を放送していた地元の実況アナは「ルイはもっと状況をしっかりと把握しなくてはいけない」と苦言を呈していた。

     今季22試合目の出場となった八村のここまでの平均得点は13・3得点(昨季13・5)で、FG成功率は46・4%(同46・6%)、3点シュートは32・1%(同28・7%)となっている。

     前日にレイカーズに代わって西地区全体2位に浮上していたクリッパーズは23勝10敗。球宴先発のレナードが32得点、この日に球宴リザーブメンバーに選手されたポール・ジョージ(30)が6本の3点シュートなどで30得点を稼ぎ、勝負どころの第4Qを36―22で制してウィザーズを突き放した。

     なおウィザーズは25日にデンバー(コロラド州)でナゲッツと対戦してロード4連戦を終了する。

     <八村の全オフェンス>
     ▼第1Q(出場9分52秒=無得点)
    (1)44秒・右サイドからプルアップでジャンプシュート。マークはジョージ=×
    (2)9分1秒・ディフェンス・リバウンドをキープして1人でボールを持ち込み正面からドライブ=×
     ▼第2Q(出場10分25秒=5得点)
    (3)4分43秒・ビールが外したレイアップを押し込むも失敗=×
    (4)5分35秒・ディフェンス・リバウンドをキープして1人でボールを持ち込み正面からジャンプシュート=〇
    (5)6分21秒・ゴール下でシュートに持ち込むもズバッツにブロックされる=×
    (6)11分31秒・右コーナーから3点シュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
     ▼第3Q(出場12分=5得点)
    (7)7分17秒・左サイドから3点シュート=〇(アシスト・バターンズ)
    (8)8分13秒・正面フリースローライン付近からジャンプシュート=〇(アシスト=ビール)
     ▼第4Q(出場2分38秒=無得点、シュート機会なし)

     <23日の試合結果>
    *キャバリアーズ(11勝21敗)112―111ホークス(13勝18敗)
    ピストンズ(9勝22敗)105―93*マジック(13勝19敗)
    *ネッツ(21勝12敗)127―118キングス(12勝19敗)
    *ウォリアーズ(17勝15敗)114―106ニックス(15勝17敗)
    76ers(21勝11敗)109―102*ラプターズ(16勝16敗)
    *バックス(19勝13敗)139―112ティンバーウルブス(7勝25敗)
    *クリッパーズ(23勝10敗)135―116ウィザーズ(11勝18敗)
    *ナゲッツ(17勝14敗)111―106トレイルブレイザーズ(18勝13敗)
     *はホームチーム

    2021年02月24日 14:21 バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/02/24/kiji/20210224s00011061294000c.html
    no title


    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore?gameId=401267648

    Highlights: Wizards at Clippers – 2/23/21
    https://youtu.be/JJl61Ue4wgo

    【【NBA】ウィザーズの連勝が5でストップ クリッパーズに完敗 八村塁は10得点9リバウンド 3Pは2本成功】の続きを読む


    このページのトップヘ