虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    その他競技

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/22(土) 12:26:18.37 ID:CAP_USER9
    https://basketballking.jp/news/world/nba/20220122/355387.html?cx_top=newarrival
    no title


     1月22日(現地時間21日)、八村塁所属のワシントン・ウィザーズと渡邊雄太所属のトロント・ラプターズが対戦した。

     2020-21シーズンは3度の対戦が組まれていたものの、初戦は渡邊、2戦目は八村、3戦目は両選手が欠場。ウィザーズとラプターズの対戦は今シーズンもすでに3度あったが、いずれも日本人対決は実現しなかった。

     そしてウィザーズがホームのキャピタルワン・アリーナにラプターズを迎えた一戦で、第1クォーター残り4分25秒に日本人NBAプレーヤー2人が同時に出場。渡邊がメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結んでいた2019-20シーズン以来、2シーズンぶりに日本人対決が実現した。コートに立った両選手はマッチアップし、最初のプレーでは八村が渡邊のマークに遭いながらもシュート。得点にはつながらず、渡邊がリバウンドを獲得した。

     八村は同1分12秒にドライブからレイアップを沈めると、第2クォーターで6得点を積み上げ、前半でいずれもチーム最多の8得点4リバウンドをマークした。

     後半に入ると、八村は第3クォーター残り3分8秒に3ポイントを成功させ、3試合連続2ケタ得点を達成。19分50秒のプレータイムで11得点に今シーズン最多8リバウンドの数字を残した。

     なお、試合はウィザーズが第4クォーターにブラッドリー・ビールやモントレズ・ハレルを中心に追い上げたものの、ラプターズが109-105で勝利。スコッティ・バーンズが27得点、フレッド・バンブリートが21得点12アシストの活躍を見せ、渡邊は5分47秒の出場で2リバウンドを挙げた。

    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore/_/gameId/401360508

    【【NBA】日本人対決が2季ぶりに実現! ラプターズに軍配、八村塁は3戦連続2ケタ11得点、渡邊雄太は無得点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2022/01/21(金) 10:35:13.74 ID:sK+FBpiM0
    コロナワクチン未接種のため豪州から国外退去処分となった男子テニスのノバク・ジョコビッチ(34)が、精神的苦痛を受けたとして豪政府に対し、約5億円の損害賠償を求めて同国連邦裁判所に提訴する。

    19日付の英大衆紙サン(電子版)によれば、ジョコビッチの母・ディアナさんが「現地滞在中に隔離されたホテル(の部屋)はノミやウジ虫でいっぱいだった。息子は囚人のように扱われた」と訴えている。

    賠償額には優勝で得られる賞金など約3億5000万円が含まれているとみられる。

    【ジョコビッチ「ちょっと待って、俺が大会出てたら優勝してたよな?」→優勝賞金含む5億円の賠償請求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 19:14:47.35 ID:CAP_USER9
    https://basketballking.jp/news/world/nba/20220118/354939.html?cx_top=newarrival
    no title


     1月18日(現地時間17日)、NBAでは12試合が行われ、ワシントン・ウィザーズはホームにフィラデルフィア・セブンティシクサーズを迎えた。

     第1クォーターでは、ブラッドリー・ビールらの得点で11-2のランを繰り出したウィザーズが一気にリードを獲得。しかし、守備面では相手のジョエル・エンビードに手を焼き、点差を縮められるが、コーリー・キスパートの長距離砲などでスコアを伸ばし、38-29で最初の10分を終えた。

     続く第2クォーターでは、立ち上がりに相手に攻勢をかけられ、苦しい展開に。それでも、八村塁が3ポイントシュートで味方を鼓舞し、優位は譲らない。さらに、一転してモントレズ・ハレルらが積極的にアタックし、再び流れを引き寄せる。終盤には点差を詰められたものの、61-55で前半終了。

     6点差で迎えた後半、ケンテイビアス・コルドウェル・ポープが立て続けにスコアすると、ビール、カイル・クーズマもそれに加勢。エンビードの攻撃に苦戦しつつも点差を広げ、91-83で第3クォーターを終えた。

     最終クォーターでは、堅い守備を敷いたウィザーズは、相手を10点台に抑えることに成功。対して攻撃面では、ハレルやクーズマがカットインを仕掛けて起点となり、26得点を奪って相手を寄せ付けずにタイムアップ。117-98で快勝を収めた。

      ウィザーズは、ベンチスタートのハレルがチームトップの18得点、クーズマが15得点16リバウンドをマーク。八村は11得点と復帰後初の2ケタ得点を奪うなど復調の兆しを見せた。また、この3人に加えて4選手が2ケタ得点を記録するなど、チームで勝ち取った白星となった。

    ■試合結果
    ワシントン・ウィザーズ 117-98 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
    WAS|38|23|30|26|=117
    PHI |29|26|28|15|=98

    【シーズン初2桁得点👏】今季最多16分で11点! 八村塁がベンチから存在感を発揮!|2021-22シーズンハイライト(2022/1/18)
    https://youtu.be/LPT5jCaSoWE

    【【NBA】7選手が2ケタ得点のウィザーズが快勝…八村塁は復帰後最多11得点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/16(日) 12:06:11.00 ID:CAP_USER9
    2022年01月16日 11:35 バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/01/16/kiji/20220116s00011061244000c.html
    no title


     ブラドリー・ビール(28)とウェス・アンセルドJR監督(46)が健康安全プロトコルの対象になっているウィザーズは15日、地元ワシントンDCでトレイルブレイザーズと対戦したが、108―113(前半57―68)で敗れて22勝21敗。トレイルブレイザーズはデイミアン・リラード(31)とC・J・マッカラム(30)の主力ガード2人を欠いている状態だったが、連勝は3でストップした。

     今季4戦目となった八村塁(23)はベンチから出場して15分プレー。第2Qの3分2秒にはスペンサー・ディンウィディー(28)のパスを受けて右サイドから今季初めて3点シュートを沈めたが(試投6本目)、フィールドゴール(FG)の成功はこれ1本に終わった。

     ディンウィディーがチーム最多の27得点。カイル・クーズマ(26)は16得点12リバウンドで今季17回目のダブルダブルを達成して終盤では追い上げたものの、勝機は見いだせなかった。

     トレイルブレイザーズは17勝25敗。昨季28・8得点のリラードと23・1得点のマッカラムが不在となっているが、ここ4戦では3勝目を挙げた。アンファーニー・サイモンズ(22)が31得点と11アシスト、センターのユスフ・ナーキッチ(27) 23得点と14リバウンドをマーク。ロードでは今季17戦で3勝目となった。

     ウィザーズはこの日がホーム8連戦の3試合目。19日にはネッツ、21日にはラプターズと顔を合わせることになっている。

     <八村の全オフェンス>
     ▼第1Q(出場4分57秒=シュート機会なし)
     ▼第2Q(出場3分49秒=4得点)
    (1)15秒・左エルボー付近からジャンプシュート=×
    *2分9秒・フリースロー2本=〇〇
    (2)3分2秒・右サイドから3点シュート=〇(アシスト・ディンウィディー)
     ▼第3Q(出場5分48秒=無得点)
    (3)6分53秒・正面からスネルとの1対1からドライブ&レイアップ=×
    (4)8分35秒・右ローポストからターンアラウンドでジャンプシュート=×
     ▼第4Q(出場機会なし)

    【【NBA】ウィザーズの連勝は3でストップ Tブレイザーズに5点差 八村塁は今季初の3P成功で5得点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/16(日) 19:05:21.66 ID:CAP_USER9
    1/16(日) 17:01
    スポニチアネックス

    ジョコビッチが声明「裁判所の判決に非常に失望している…つまり全豪オープンに参加することはできない」
    15日、オーストラリア・メルボルン市内の隔離施設に到着したジョコビッチ=左(AP)
     オーストラリアの連邦裁判所に同国からの強制送還差し止めと査証(ビザ)取り消し撤回を申し立て、却下された男子テニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が16日、声明を発表した。

     最初に、今後へ向けては休養と回復に時間がかかるとした上で「裁判所の判決に非常に失望している。つまり、オーストラリアに滞在して全豪オープンに参加することはできない」とコメント。一方で、「私は裁判所の判決を尊重し、国外への出国に関して関係当局に協力する」と判決に従う姿勢を示し、「過去数週間、私に話題が集中していたことは気分が良くなかったし、私が愛する試合と大会に全員が集中できることを願っている。選手、トーナメント関係者、スタッフ、ボランティア、ファンの活躍を祈っている」と記した。

     ジョコビッチは4連覇を狙っていた全豪オープンで17日の1回戦でミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)との対戦が決まっていた。この日発表された試合順ではセンターコートの最終試合が割り当てられていた。男子ツアーを統括するATPはジョコビッチの代わりに世界ランキング150位のサルバトーレ・カルーソ(イタリア)が出場すると発表した。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d6e8d58fd6671807d830f5d8d95c528dc71223c

    【【テニス】ジョコビッチが声明「裁判所の判決に非常に失望している…つまり全豪オープンに参加することはできない」】の続きを読む


    このページのトップヘ