虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    33 糸原 健斗



    1: 風吹けば名無し 2017/11/21(火) 15:50:52.24 ID:fDTEh0rsp
    https://www.daily.co.jp/tigers/2017/11/21/0010752072.shtml

    阪神の糸原健斗内野手(25)が21日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸800万円から倍増となる年俸1600万円でサインした。(金額は推定)

     1年目の今季は開幕から1軍メンバーに名を連ねると、4月1日の広島戦(マツダ)で初出場。66試合に出場し42安打で打率・259、24打点、1本塁打の成績を残した。
     定位置の座も手にしかけたが、7月19日の広島戦(甲子園)で右膝を負傷。右膝内側側副靱帯の損傷で、長くリハビリ生活を過ごしただけに「徐々に結果が出るようになった時にケガをしたので。悔しい1年になりました」と振り返った。

    【阪神糸原、年俸倍増1600万で契約更改】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/11/10(金) 17:23:29.41 ID:uXgUqf+50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000014-ykf-spo

    国内フリーエージェント(FA)権を保有している阪神の大和内野手(30)が8日、
    球団事務所に申請書類を提出。今月16日から国内全球団との交渉が可能となる。

    複数の球団が獲得に乗り出すとみられるが、
    阪神の球団関係者は「レギュラーでの出場機会を求めてのことだと思うが、
    それを確約できるかとなると、他球団も難しいのではないか」とみる。

    現場には衝撃が走っており、あるチーム関係者は
    「一番ショックを受けているのは投手陣だろう。
    彼がバックにいるだけで安心感があるからね」と指摘する。

     仮に他球団に流出した場合、前出の関係者は「ポスト大和」の最有力候補として
    糸原健斗内野手(25)を挙げる。
    「大和の守備レベルには達していないが、若手の中では一番安定している」。
    打撃にもパンチ力があり、島根・開星高時代の監督で現教育評論家の野々村直通氏が
    「逆境からでも努力を継続できる能力を持っている」と認める反骨精神の持ち主でもある。

     球団フロントも「最終的にどうなるかわからないけど、万が一のときには、
    若手にチャンスだと思ってがんばってほしいね」と期待をこめる。
    大和のFA騒動は今後、さまざまなところに影響を及ぼしそうだ。(山戸英州)

    【阪神、「ポスト大和」の最有力候補に糸原健斗内野手(25)wwwwwwwwwww】の続きを読む

    2: 風吹けば名無し 2017/10/10(火) 11:09:00.78 ID:KOpprPlM01010
     「フェニックス・リーグ、阪神9-3巨人」(9日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

     阪神・金本知憲監督(49)が9日、甲子園での全体練習に参加。2軍調整中の糸原健斗内野手(24)を、CSファーストSから合流させる可能性を示唆した。左足首を負傷している大和に加え、この日は上本も首の寝違えのため、全体練習に不参加。二遊間をこなせる糸原への期待を口にした。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000040-dal-base

    【金本監督「あるかも分からんね」】の続きを読む



    1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/20(木)07:47:37 ID:anT
    阪神にまたもアクシデントが発生した。19日の広島戦(甲子園)は今季ワースト14失点で大敗。8回の守備で、2点適時打を放っていた糸原が右膝付近を痛めて交代した。

    またも甲子園に悲鳴が交錯した。8回、3―10となり、なおも2死一塁。代打・バティスタの遊撃後方への飛球を捕球すべくレフト方向に下がっていった糸原は、打球をグラブに一度は収めながらも落球。
    適時失策となったが、それ以上に負傷したことがチームにとって大きな痛手だった。試合後、金本監督も「調子がいいだけに…痛い」と厳しい表情を見せた。


    担当の久慈内野守備走塁コーチも「エラーどうこうよりも、ケガが心配」と真っ先に状態を心配するほどのアクシデント。転倒した際に右膝付近をひねった模様だ。奥歯をかみしめる表情のままグラウンドに倒れ込み、そのまま担架でベンチ裏に運ばれ交代。
    9回表には右膝付近にアイシングを施された状態で球団関係者に車いすを押されてクラブハウスに向かい、大阪市内の病院に向かった。

    診断結果は発表されていないが、負傷箇所が膝付近のため、20日にも出場選手登録の抹消が濃厚。診断結果次第では、長期離脱の可能性も否定できない。17日の広島戦では糸井がスイングした際に右脇腹を痛めて交代し18日に右脇腹の筋挫傷で出場選手登録を抹消されたばかり。
    西岡、ロジャースと役者がそろい、後半戦の反攻を狙っていた金本阪神にとっては、誤算続きとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000075-spnannex-base

    【【悲報】阪神またも負傷者…糸原が右膝付近痛め交代 長期離脱の可能性も】の続きを読む


    このページのトップヘ