虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    7 糸井 嘉男

    1: 風吹けば名無し 2018/03/13(火) 06:51:55.54 ID:2mp3lOA7p
    阪神・糸井嘉男外野手(36)が13日のヤクルト戦(甲子園)で今年初めて実戦に出場する。12日は甲子園で練習し、“ゴジラ打法”で出陣することを予告した。

     「(動画サイト)ユーチューブで5時間見た」。極秘研究していたことを告白した。5時間も見続けたのは、松井秀喜氏=ヤンキースGM付特別アドバイザー=の打撃シーンだ。日米通算507本塁打のゴジラの打撃を目に焼き付けた。

    そして、松井氏を参考にした新打法を“糸井語”で表現した。「三角形のテトラポッド」。謎めいたひと言を残しただけだが、横から見た消波ブロックをイメージしたのだろう。
    上半身と両脚を三角形に見立て、松井氏のように下半身がどっしりと安定した形を「テトラポッド」に例えたようだ。

     打順も新しくなる。3番が多かった昨季は一度もなかった5番だ。金本監督は「タイプとしては1、3番でしょうけど、3番にやると足が使いにくいでしょ」と説明した。3番で出塁しても、強打のロサリオの打席での盗塁策は失敗のリスクが高くなる。
    オリックス時代の2016年の盗塁王(53盗塁)で、昨季は21盗塁。その走力を生かすため、3番・福留、4番・ロサリオと新クリーンアップを形成することになる。

     消波ブロック風にスタンスを広めにしたフリー打撃では46スイング中6本のサク越え。「打撃練習でやったけど、できんかったわ」。新打法習得は道半ばだが、自己最多の19本塁打(14年)を大幅に更新し、ペナントレース中の荒波もどーんとはね返す。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000229-sph-base

    【【阪神】糸井、ゴジラ打法で下半身安定「ユーチューブで5時間見た」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/03(土) 11:07:25.15 ID:/ehH+EEj00303
    阪神・糸井嘉男外野手(36)が“個人的”に春季キャンプを総括。「(自己採点は)97点や! 初めてキャンプにちゃんと参加できたわ」と本紙に語った。

    オリックスからFA移籍した昨季は、脇腹を痛めてシーズン途中に戦線離脱。その雪辱に燃えるキャンプとなったが、さらにモチベーションがあと2つあった。

    ひとつは恋い焦がれていた人との再会。なんとお相手は80代の女性だ。

    別メニュー調整だった昨季、キャンプ地から1キロ離れた健康施設の温水プールで調整していたが、そこで癒やされたのがお年寄りの笑顔だった。
    特に、水着の似合う地元の80代のおばあちゃんとは、「オッス!」「メッス!」とコミカルなあいさつをするのが日課になっていた。

    今年は健康施設を訪れる回数が減ったため、なかなか会えずにいたが、「会わんまま帰るのはイヤやねん」と気をもんでいた。
    ところが、数日前にプールサイドで再会して「オッス!」「メッス!」。「やり取りを覚えてくれていたのがマジでうれしかった」と目を輝かせた。

    【「オッス!」「メッス!」 夕刊フジだけに語った阪神・糸井“80歳の恋人”】の続きを読む


    このページのトップヘ