虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    山崎 憲晴

    1: 風吹けば名無し 2017/11/28(火) 07:40:03.57 ID:L0tcYqw0p
    阪神は27日、DeNAから戦力外通告を受けた山崎憲晴内野手(30)と契約したと発表した。1年契約で、年俸1000万円(金額は推定)、背番号は未定。
    西宮市内の球団事務所で会見に臨んだ山崎は、内野の全ポジションに加え、捕手も経験があり、スペイン語を話せることも明かした。“三刀流”で、33年ぶりの日本一を目指す金本虎に恩返しする。

    崖っぷちから戻り、新たな野球人生をスタートする。手を差しのべてくれた虎にすべてを捧げて、頂点を目指す。会見に臨んだ山崎が、熱い決意を口にした。

    「一回死んだ身ですし、タイガースさんからお話をいただいて、言葉にならないくらいうれしかった。その思いを、プロ野球選手ですから数字と結果で表すしかない。優勝、日本一に向けてチームの力になりたい」

    2016年2月に左膝内側側副じん帯断裂の手術を受け、そこから出番を失った。2年連続1軍出場がなく、戦力外に。今月15日に12球団合同トライアウト(マツダ)を受け、高い守備力を虎に評価された。だからこそ何でもやる覚悟だ。

    本職は遊撃だが「どこのポジションでも守れるのが、自分のセールスポイント」と頼もしい。人工芝から土のグラウンドになっても
    「甲子園ではエラーした覚えがない。いいイメージしかない」と問題なしだ。さらに埼玉栄高時代には捕手経験があり、イースタン・リーグでマスクを被ったことも。

    「(ワンバウンドなどを)止めることと、投げることは、自分でもある程度はできる」

    金本監督は来季、代走要員2人をベンチに入れるプランを描いているだけに、内野守備の名手が「第3の捕手」もできるなら、これほどありがたいことはない。

    【阪神、DeNA戦力外の山崎と1年契約 内野&捕手&スペイン語“三刀流”宣言】の続きを読む


    このページのトップヘ