虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    20 ウィリン ロサリオ

    1: 風吹けば名無し 2018/10/20(土) 06:24:22.90 ID:ht0929o4p
    阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)に来季残留の可能性が出てきていることが19日、分かった。もともとポテンシャルの高さは折り紙付きで、今オフの助っ人候補に一塁を守れる右の大砲タイプが少ないため。
    来季は球団に選択権があるバイアウト契約を結んでおり、虎がオプションを行使するか否かは、期限となる11月まで他候補の調査と同時進行で検討していく。

     打率・242、8本塁打は最下位に低迷する大きな要因となった。4番を任されるだけのポテンシャルを持つロサリオが残した数字は正直、期待外れだった。
    このまま今季限りで退団濃厚かと思われたが…球団幹部は「まだ分からない。彼よりもいい選手がいるかどうか。それによっては残留の可能性も出てくる」と明言した。

     確かに今オフ、助っ人候補に一塁を守れる長距離砲タイプが少ないという現実がある。
    国内他球団も含めて候補に名前が挙がるとみられていたクリスチャン・ウォーカー内野手(27)=ダイヤモンドバックス=は、9月末に顔面骨折の重傷を負って60日間のDL入り。他の候補も故障や不振などが重なり、決め手を欠く。

     ロサリオは来日1年目の今季は日本独特の配球に悩まされ、結果を残せなかった。ただ、球団関係者が「あれだけの打球を打てる選手はそうはいない」と明かすように、
    メジャーで一時レギュラーを張った実力は折り紙付き。今年2月の春季キャンプを見ても、ポテンシャルは高く評価されている。

    【【朗報】阪神・ロサリオ 急転…残留の可能性 乏しい右の大砲候補“2年目の変身”にかける? 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/11(木) 09:55:19.09 ID:GJY3gq4q0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000067-spnannex-base
     阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)が1軍の試合出場予定がないため11日朝に帰国した。

     出発前には取材に応じ「こういうチームにチャンスを与えてもらって、日本の野球に関わらせてもらって感謝しています。ファンの人には感謝してますし、どんな時も自分のモチベーションになりました」とファンに感謝の言葉を述べた。

     今季は75試合に出場して打率・242、8本塁打、40打点だった。来季について球団は減俸などの条件付きで契約を選択肢に入れて検討している。

     「タイガースという恵まれたチームにいさせてもらってすごく家族愛が強いチームだと思っていたので。
    今年はチームとしても私としてもうまくいかなかったけど、来年は必ずやってやるという気持ちはある」とロサリオ自身も残留を熱望していた。今後は休養をはさんでウィンターリーグの出場へ準備を進めていく。

    【阪神のロサリオ、笑顔で帰国 】の続きを読む

    461: どうですか解説の名無しさん 2018/10/06(土) 20:07:43.25 ID:/2P2JsAmd
    昨日のMBSより
    亀山「ロサリオは練習中はどこのコースでも打てる、つまりあらかじめ投げてくるところがわかっていればどこでも打てるが1打席の中でいろんなコースに投げられるとパニクってしまう
    技術はあるが(頭の中の)データの更新ができていない」
    狩野「ロサリオは夏前ぐらいに『日本の投手はなぜスリーボールから変化球を投げてくるんだ?おかしんじゃないのか?』と怒ってたことがありました」
    亀山「今までの考えを捨てきれていないんでしょうね
    勉強を一からしないといけない」

    っていってな

    【【残留?解雇?】ロサリオ、来季活躍のカギは頭を鍛えること?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/06(土) 07:48:50.37 ID:dx2v3G9L0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000063-spnannex-base
     「大幅なダウン提示を受け入れるなら、もちろん、来季残留の可能性は十分にあるでしょう。球団内でも“来季は打つ”という声が上がってきています。
    現状維持で…というのは難しいでしょうが、大幅な減俸条件を飲むというなら、検討の余地はあると思います」

    【阪神ロサリオ 逆転残留あるぞ 年俸大幅減条件、2年目の“確変”に期待】の続きを読む


    このページのトップヘ