虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    20 ウィリン ロサリオ

    1: 風吹けば名無し 2018/11/01(木) 00:17:46.54 ID:YdS1Qxxx0
    阪神・ロサリオ残留へ必死 年俸値下げ交渉実を結ぶか

    何と「来年も阪神でプレーがしたい。年俸(3億4000万円=推定)の半分以下でもいいから契約してもらいたい」と球団に再三要請しているというのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000055-tospoweb-base



    阪神3助っ人ロサリオ、マテオ、モレノが自由契約
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810310000386.html

    【ロサリオ「今の年俸半分以下でもいいから契約してもらいたい」 阪神「いらない。解雇」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/31(水) 19:17:45.56 ID:cc5MphGEp
    阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)、マルコス・マテオ投手(34)、ディエゴ・モレノ投手(31)が、自由契約選手として公示された。

     チームは、11月1日から高知県安芸市で行われる秋季キャンプがスタート。伊丹空港で取材に応じた谷本球団本部長は、ロサリオの自由契約に「仕方ないですね。総合的に判断して、です」と後ろ向きな言葉を口にした。
    去就が注目されているエフレン・ナバーロ内野手(32)に関しては「とりあえず今は…」と明言を避けた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000071-dal-base

    【【悲報】阪神ロサリオ、残留熱望もクビ 球団本部長「仕方ないですね」 】の続きを読む

    155: どうですか解説の名無しさん 2018/10/30(火) 17:51:34.21 ID:2+FT7ATX0
    【阪神】
    ロサリオ
    年俸値下げ残留へ必死

    球団幹部
    「二回目の二軍降格の際、藤浪の視察に来た金本前監督に『オレの打撃フォームはもういじらないでほしい。必ず打つから』と直訴していた。去就は現段階では、まだ決定していない。本人はかなりの減俸ものむ覚悟でいるようだ」
    (東スポ)

    【阪神・ロサリオ残留へ必死 年俸値下げ交渉実を結ぶか】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/20(土) 06:24:22.90 ID:ht0929o4p
    阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)に来季残留の可能性が出てきていることが19日、分かった。もともとポテンシャルの高さは折り紙付きで、今オフの助っ人候補に一塁を守れる右の大砲タイプが少ないため。
    来季は球団に選択権があるバイアウト契約を結んでおり、虎がオプションを行使するか否かは、期限となる11月まで他候補の調査と同時進行で検討していく。

     打率・242、8本塁打は最下位に低迷する大きな要因となった。4番を任されるだけのポテンシャルを持つロサリオが残した数字は正直、期待外れだった。
    このまま今季限りで退団濃厚かと思われたが…球団幹部は「まだ分からない。彼よりもいい選手がいるかどうか。それによっては残留の可能性も出てくる」と明言した。

     確かに今オフ、助っ人候補に一塁を守れる長距離砲タイプが少ないという現実がある。
    国内他球団も含めて候補に名前が挙がるとみられていたクリスチャン・ウォーカー内野手(27)=ダイヤモンドバックス=は、9月末に顔面骨折の重傷を負って60日間のDL入り。他の候補も故障や不振などが重なり、決め手を欠く。

     ロサリオは来日1年目の今季は日本独特の配球に悩まされ、結果を残せなかった。ただ、球団関係者が「あれだけの打球を打てる選手はそうはいない」と明かすように、
    メジャーで一時レギュラーを張った実力は折り紙付き。今年2月の春季キャンプを見ても、ポテンシャルは高く評価されている。

    【【朗報】阪神・ロサリオ 急転…残留の可能性 乏しい右の大砲候補“2年目の変身”にかける? 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/11(木) 09:55:19.09 ID:GJY3gq4q0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000067-spnannex-base
     阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)が1軍の試合出場予定がないため11日朝に帰国した。

     出発前には取材に応じ「こういうチームにチャンスを与えてもらって、日本の野球に関わらせてもらって感謝しています。ファンの人には感謝してますし、どんな時も自分のモチベーションになりました」とファンに感謝の言葉を述べた。

     今季は75試合に出場して打率・242、8本塁打、40打点だった。来季について球団は減俸などの条件付きで契約を選択肢に入れて検討している。

     「タイガースという恵まれたチームにいさせてもらってすごく家族愛が強いチームだと思っていたので。
    今年はチームとしても私としてもうまくいかなかったけど、来年は必ずやってやるという気持ちはある」とロサリオ自身も残留を熱望していた。今後は休養をはさんでウィンターリーグの出場へ準備を進めていく。

    【阪神のロサリオ、笑顔で帰国 】の続きを読む


    このページのトップヘ