虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    56 飯田 優也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8170

     阪神の飯田優也投手(29)が2番手として六回から登板。制球に苦しみ、予定されていた4イニングを投げきることができず降板。7安打5失点5四球と大乱調だった。  1点リードで迎えた九回。三者連続安打で同点とされる。なおも無死二、三塁で途中出場のマルティネスに3ランを浴び逆転を許した。  先発ローテ入りに向けてアピールしなければいけない立場の中、ローテ入りが遠のく内容となってしまった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/06c490a2dcc5a25b4f30821f23fdb495a7a67830

    【阪神・飯田は4回もたず降板 7安打5四球で5失点 遠のく先発ローテ入り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8059

     開幕ローテ入りを狙う阪神・飯田が2番手藤川の降板を受けて五回1死一塁から緊急登板し、後続を断った。六回は2死から鈴木誠に四球を献上。二盗、三盗を許してピンチを背負ったが、5番西川を三ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。  だが、七回に先頭メヒアの四球からピンチを招き、磯村の中犠飛で1点を失った。九回まで投げ、4回2/3を2安打1失点だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f0272156f80993201939eec71b6c2dd08e5a365

    【阪神・飯田は4回2/3を1失点 藤川のアクシデントで緊急登板】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_7634

     阪神の飯田優也投手(29)が11日、ヤクルトとのオープン戦(神宮)に登板し、4回1安打1失点と好投した。

     今季は先発として調整を進めている左腕。6回から3番手として登板すると、先頭の代打・山田哲を真っ直ぐで空振り三振に仕留めるなど無失点スタート。続く7回は二死から8番・中村に二塁打を許したが、ピンチで代打・古賀を中飛に退けた。

     8回は再び山田哲を一邪飛に退けるなどテンポ良く3者凡退。9回に連続四球後の内野ゴロの間に1点を失ったが、4イニングを最少失点で凌いだ。

     右打者の内角を突くクロスファイアが冴え、4回1安打1失点、2奪三振3四球の内容だった左腕。4回2安打無失点と同じく好投した先発・藤浪に続き、開幕ローテーション入りをアピールした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00221629-baseballk-base

    【阪神・飯田、4回1安打1失点の好投 藤浪に続きローテ入りアピール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_7378

     阪神の先発・飯田は3回2安打無失点と好投した。力強い直球に多彩な変化球を交え、開幕ローテーション入りへアピールした。

     初回1番松本に左翼線二塁打を浴びたが、ピンチを断つと二回も一塁けん制でアウトを奪うなど無失点。続く三回は3つの内野ゴロで三者凡退に抑えた。

     移籍3年目の今季は先発に挑戦中。前日はブルペンで入念にフォームを確認し、「常に有利なカウントでバッターと勝負できるようにしたい」。山本昌臨時コーチから学んだスクリューも「投げていきたい」と意欲的似話していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00000081-dal-base

    【阪神・飯田が3回2安打無失点の好投 開幕ローテ入りアピール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_6809

     ともに先発候補で、2番手で登板した馬場皐輔投手、飯田優也投手は明暗分ける投球内容になった。飯田は2回を投げて無安打無失点。馬場は2回2安打2失点と、アピール失敗に終わった。

     両者ともに三回から2番手で登板。飯田は山本昌臨時コーチ直伝のチェンジアップを駆使し、ほぼ完璧な投球内容。フェニックス・リーグで先発再転向を直訴し、来季のローテ入りに意気込む左腕がアピールに成功した。

     一方、17年度ドラフト1位の馬場は、1死から熊谷に四球を与えると、直後に二盗を許す。さらに近本のバント安打で一、三塁。続く高山の打席でも初球、重盗を決められて1点を失った。さらに高山の左犠飛で2失点。続く四回も、先頭の梅野に右前打を浴びるなど、投球内容にも課題を残す結果となった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000058-dal-base

    【阪神紅白戦2番手投手は明暗分ける 飯田2回無安打無失点 馬場はアピール失敗】の続きを読む


    このページのトップヘ