虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    16 西 勇輝

    1: 風吹けば名無し 2020/01/14(火) 08:28:31.91 ID:l/Iq9bmhM
     「全部、全部。総取りで悪いことはない。がっついてでも取りにいく」。先発投手のタイトルは防御率、勝利数、勝率、奪三振。これにベストナインとゴールデングラブ賞、沢村賞の7冠が基本だ。
    これは18年に6冠を達成した巨人・菅野から授かったメソッド。目標はデッカく、だ。

     西勇自身、「毎年、12、13勝をと思っていた」と明かす。だが、虎のエースとして開幕投手も最有力。これまで、自分を客観視することを大切に、積み上げた成績が礎にある。
    「1年目は、まず1軍に行くこと。次は1年間、1軍にいる。その次はローテ定着。全部自分が思ったことはクリアしてきた」。だから今、あえて口にする。

     「15勝するんだ、タイトルを全部獲るんだというのは、可能性が1%でも出てきたと思ったから、いま言っているだけ。ケガしなければ、なんとかって」

     野望を抱く背景には仲間の存在もある。昨年、共に戦った若虎ナインに可能性を感じ、成長を信じる。
    「バッターがめっちゃ打ってくれたら、勝ち星がくるやんとか。守備が良くなって、防御率が下がった。なら、タイトルやなって」。後輩の姿を想像すれば自然と夢が膨らむ。エース道を歩むと誓った1年。偉大な称号とともに、タイトルも奪いにいく。

    【西勇輝「バッターが打てば勝ち星が増える、守備が良くなれば防御率下がるやん!」】の続きを読む

    IMG_6994



    1: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 05:27:36.61 ID:v6+Fo/1yp
    4年契約1年目の阪神・西勇輝投手(29)は12日、現状維持の2億円でサイン。球団から打線のバックアップがなかったことを“謝罪”された。

    西がいなかったら、どんなシーズンになっていたか。奇跡のクライマックスシリーズ進出の原動力となった右腕は虎移籍1年目を終え、トレードマークの笑顔で契約更改に臨んだ。

    「『本当に来てくれてよかった』といってくれました。本当にうれしい言葉でしたし、1年間、投げきることができたのでよかったです」

    だが、交渉の舞台裏では思わぬ“謝罪”があった。谷本球団副社長兼本部長は「『(来季は)もう少し打つので』といっておきました。打つようにするので…と」と伝えたことを明かした。

    4年契約の1年目は26試合に登板し、チームトップの10勝(8敗)を挙げて防御率2・92。キャリアハイの172回1/3を投げ、9月には4連勝でCS進出に貢献、月間MVPにも選ばれた。

    しかし、もっと勝てたかもしれない。チーム総得点538は12球団ワースト。5月10日の中日戦(甲子園)で3勝目を挙げてから7月21日のヤクルト戦(同)まで、8試合も勝ち星がない期間があった。
    その間、4失点以上したのはわずか1試合。15勝した巨人の山口俊は防御率2・91。西とはわずか0・01差。もう少し打線の援護があれば…という思いが、球団幹部からのざんげの言葉となったというワケ。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20191213/tig19121305020003-n1.html

    【【悲報】阪神副社長が西に謝罪「(来季は) もう少し打つようにするので…」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/12/11(水) 07:19:05.19 ID:3qHEj5JZp
    若虎スターターよ、危機感を持て! 阪神・西勇輝投手(29)が10日、大阪市内でABCラジオ「伊藤史隆のラジオノオト」に生出演。
    取材にも応じ、規定投球回(143回)を2人しか達成できなかった今季の先発投手陣について「向上心を持ってオフを過ごさないと大変なことになる」と警鐘を鳴らした。

    今季は3位に入ったし、来年は優勝のチャンス…。そんな楽観的な考えは、微塵もなかった。チームで誰よりも多くのイニングを投げた西が、強く警鐘を鳴らした。

    「(阪神は)先発ピッチャーがめっちゃ多いって言われて(それが)最後、先発がいないって状況は、すごく悲しい。1人1人が向上心を持ってオフを過ごさないと、大変なことになる」

    オリックスからFA移籍した今季は自己最多となる172回1/3を投げ、10勝(8敗、防御率2・92)を残した。ただ、チームで規定投球回をクリアしたのは青柳と2人だけで、
    100イニング以上投げたのも高橋遥、ガルシアと4人。ガルシアは最後中継ぎに回ったため、実質先発は3人だ。「寂しい」「悲しい」と何度も声を漏らした。

    「球児(藤川)さんとかベテランががんばってくれて、ここ(3位)までこれた」

    今季は強力救援陣に助けられた部分が大きかった。来年も同じようにと思ったら大間違い。「大変なことになる」というわけ。先発投手として1イニングでも多く投げてゲームを作ることを身上としているだけに、他の先発投手陣にも、意識を高めて欲しいと願う。

    「投げられる投手が投げられていない。岩貞、秋山とか。この2人が引っ張らないと。才木や浜地、もっちー(望月)はこれからの選手。アドバイス? 
    おこがましいけど…言うとしたらオフを精いっぱい過ごして、春キャンプに備えて欲しい。いいオフを過ごして欲しい。 自分自身、これだけ投げられたときは、この時期めちゃくちゃやっていたつもりなので」

    すべては自身の経験からのゲキ。開幕投手についても「みんなが狙えるチーム作りをした方がいい。これだけ若手が多いなら誰もがチャンス。今年100イニング投げた3人が(来季も)規定回数を投げて、
    残りの3人(ローテ枠3つ)を争う方が強くなる。巻き返しに期待したい」と力を込めた。勝つために、あえて放った厳しい言葉。西が先頭に立ち、背中で手本を示す。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000010-sanspo-base

    【阪神・西勇輝、規定投球回到達2人の虎先発に警鐘「大変なことになる」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/09(土) 09:23:34.55 ID:7/uv3h6l0
     「『体作りをして3年目に(1軍に)出て来たらええわ』じゃなくて、『1年目か
    らしっかり結果が出るように』と。どんな形でもいいから、やっぱり1軍で投げるこ
    とに意味があるので。早々と1軍の切符を得て、投げられるように頑張ってくれれ
    ば」

    【【朗報】阪神・西さん(28)、ドラ1西(18)に電話で助言 】の続きを読む


    このページのトップヘ