虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    31 ジェフリー・マルテ

    815: どうですか解説の名無しさん 2019/02/18(月) 19:21:41.19 ID:GSBI2/nQx
    虎新助っ人マルテ 19日の起亜戦に5番で出場「100%の力を出したい」
    「(母国)ドミニカにはないものを感じられたので、とてもうれしく思っている」と笑顔のマルテは、19日に行われる韓国・起亜との練習試合に5番打者として出場予定。
    「100%の力を出したい。ゾーンに来た球をスイングすることだけを心がけている」と話し「明日はいいショーを皆さんにお見せしたい」と意気込んだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000055-tospoweb-base

    【虎新助っ人マルテ 19日の起亜戦に5番で出場「100%の力を出したい」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/16(土) 06:49:36.39 ID:+5Ys9SQ50
    デビュー戦待ちきれない!!
    阪神の新助っ人、ジェフリー・マルテ内野手(27)が15日、フリー打撃で7連続を含む58スイングで今キャンプ自身最多の20発と大爆発した。
    矢野燿大監督(50)はM砲について19日の韓国KIAとの練習試合(宜野座)への出場を明かし、Vの使者がいよいよ対外試合デビューを果たす。

    沖縄・宜野座の曇天を切り裂くような鋭い軌道で、アーチを量産した。新助っ人、マルテが58スイングで20発を放ち、絶好調ぶりを猛アピール。対外試合デビュー戦が19日に決定した新大砲が、いよいよベールを脱ぐ。

    「(フリーは)感じはいいので、それが出たと思います。自分のルーティンのなかでできていることが形になってきている。体の状態もいいです」

    言葉の端々に自信をにじませた。糸井、福留、ナバーロとまわったフリー打撃では持ち前のパワーを披露し、観衆の度肝を抜いた。
    「しっかりコンタクトすることしか考えていないんだよ」とM砲は淡々と振り返ったが、33スイング目から右、右、左、右、右、右、そして最後にバックスクリーン直撃の推定130メートル弾で締める7連発!
    柵越えの内訳は右翼へ8、中堅へ2、左翼へ10。引っ張るだけではなく、バランスよく広角に打ち分けた。

    ブルペン視察中で、矢野監督は“アーチショー”を目撃できなかったが「だんだんと体もなじんだり、振れるようになって、しっかり振ってみようとかっていうのが今の時期に入ってきてるような感じには思うけど」と状態のよさにうなずき、
    「その次のKIAかな。出ると思う」と19日の練習試合・韓国KIA戦での出場を明かした。

    11日の紅白戦(宜野座)に「5番・DH」で出場。いきなり名刺代わりの来日初本塁打を記録したが、マルテにとっても初対戦の相手との手合わせはシーズンを見据える上で貴重なデータになるはずだ。
    この日は午後にウエート室にこもって鋼のような肉体をさらに鍛え上げ、“デビュー戦”への準備を整えた。

    「(韓国KIA戦は)いい状態で迎えたいと思いますが、19日が本番じゃない。19日ももちろんありますが、いつも自分の状態を(よく)保てるようにやっていきたいです」

    マルテは静かに気合を入れた。大注目の2・19-。メジャー30発の力を思う存分みせつける。

    【【朗報】阪神・マルテ、19日デビュー決マルッテ!景気づけキャンプ最多20発 】の続きを読む

    IMG_4639



    1: 風吹けば名無し 2019/02/16(土) 04:34:45.57 ID:aHqhBbjed
    阪神の新助っ人、ジェフリー・マルテ内野手(27)が15日、沖縄・宜野座キャンプでのフリー打撃に臨み、58スイングで今キャンプ自身最多の20発と大爆発した。
    「しっかりコンタクトすることしか考えていないんだよ」と控えめだったが、7連発に130メートル弾も。矢野監督はエンジンが温まってきた助っ人を19日の韓国KIAとの練習試合(宜野座)に出場させることを明らかにした。

    https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20190215/tig19021521120025-s.html

    【阪神マルテ58スイング中柵越え20発www】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/12(火) 07:40:59.90 ID:MifpxwFRp
    阪神春季キャンプ(11日、沖縄・宜野座)阪神の新外国人、ジェフリー・マルテ内野手(27)が11日、紅白戦で本塁打&適時打デビュー。スタンドから熱視線を送ったライバル球団の007も戦々恐々だ。

    3月29日の開幕戦(京セラ)の相手、ヤクルトの山口スコアラーは「無駄な動きがない。変化球にも対応できている。芯じゃないのに入った(本塁打)から怖い」と険しい表情。
    「実戦向き。(2打席目は)カーブを狙ってるような感じだった。頭を使っている。大谷のアドバイスもあって日本のタイミングを意識しているのでは。要注意。これからずっと見ていかないと。デビュー戦としては最高じゃないか」と舌を巻いた。

    また巨人・田中スコアラーも「実戦と練習で何が違うかと思っていたけど、実戦のピッチャーでも動きが小さい。無駄がなくスムーズにバットが出ている。その後の変化球への対応も含めて、対策を考えないと」と警戒を強めていた。

    DeNA・東野スコアラー
    「練習よりも実戦の方がいいのかなと思う。ただ去年のこと(ロサリオ)もあるし、じっくり見ていきたい」
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190212/tig19021205020009-n1.html

    【【悲報】阪神マルテに他球団007が悲鳴「怖い」「要注意」「対策を考えないと」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/12(火) 06:23:36.78 ID:6op+8QqEH
     阪神のジェフリー・マルテ内野手(27)=前エンゼルス=が11日、快音と共にベールを脱いだ。今キャンプ2度目の紅白戦に紅組の「5番・一塁」で初出場し、初打席で本塁打。2打席目には適時打も放ち、2打数2安打3打点。頭のよさを感じさせる新助っ人に他球団の偵察部隊は仰天し、背番号31の大先輩である掛布雅之SEA(63)も対応力の高さを称賛した。

     解き放たれた白球は、曇天に吸い込まれるように伸びていった。あいさつ代わりの一発。マルテが魅せる。初実戦初打席で初本塁打。初ものづくしの一日に「成功するために続けていきたい」と笑った。

     今か今かと待ち焦がれた新助っ人のデビュー戦。初回2死三塁で、来日初打席が巡ってきた。小野の内角直球を捉えると風を味方につけて左翼席まで運んだ。“第1号”に沸き立つスタンドが見える。歓声に耳を傾け、ゆっくりとダイヤモンドを一周した。

     見守った掛布SEAも目を細めた。二回2死一、二塁の第2打席で、2球目の103キロのカーブをファウルにした場面。抜けた変化球に対応し、三塁線へと引っ張った。ファウルにはなったが瞬時に反応し、その後の中前打へつなげた過程を評価した。

    【阪神マルテ初弾!2安打3打点 掛布SEA「対応力ある」ヤクルト007「実戦向き」 】の続きを読む


    このページのトップヘ