虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    32 井上 広大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8248



    1: 風吹けば名無し 2020/06/27(土) 01:07:35.07 ID:HUnTkA4C0
    阪神ドラフト2位の井上広大外野手は千賀の前に2三振に終わった。

    第1打席は1死一塁の場面で、代名詞「お化けフォーク」に空振り三振。2打席目はカウント1-2から155キロ直球に手が出ず、見逃し三振に終わった。
    平田2軍監督は「良いピッチャーと対戦できると楽しみにしていた。三振してもいいと言うけれど、見逃し三振がだめ。やっぱり振っていかなきゃ」と成長を促した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d6dc57be0ee9ee4c4559fa2504ffcff57099634

    【阪神ドラ2井上、千賀に2K「見逃しだめ」2軍監督】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8239

     4番の仕事だ! 阪神ドラフト2位の井上がプロ初打点&V打を決めた。 1点ビハインドの3回2死一、二塁。オリックス宮城の122キロチェンジアップをすくい上げた。「真っすぐ中心の配球で、(相手の)攻め的にも一、二塁だったので最後は歩かしてもいいぐらいの気持ちで攻めてくると思った」。打席の中で冷静に相手バッテリーを分析。フルカウントだったが「(カウント)2-2くらいの気持ちでいけたので、そこに気持ちの余裕があったかなと思います」。四球ではなく自らのバットで走者をかえすことに集中し、逆転の中越え2点適時二塁打を放った。 5回の第3打席でも、2死三塁から左前適時打を放って2安打3打点。4番の役割を果たし、開幕カード勝ち越しへ導いた。守備では2回1死三塁で右飛を捕球すると、本塁へストライク送球。タッチアップを狙った三塁走者・宗を刺した。未来の大砲候補が攻守で輝いた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ede701c06db18d73efd44f18727241cfb07e3ce

    【阪神2軍井上「気持ち余裕あった」プロ初打点&V打】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8230

     「4番・右翼」で先発した阪神ドラフト2位・井上広大外野手(18)が公式戦初タイムリーを甲子園で記録した。  3回2死一、二塁と得点圏に走者を置いた場面で迎えた第2打席だった。相手のドラフト1位左腕・宮城に対して2球で追い込まれながらフルカウントまで粘ると、7球目の122キロスライダーを捉えた。ライナー性で伸びた打球は中堅手の頭の上を越え、2点適時二塁打に。高卒ルーキー対決で結果を残し、公式戦の初打点を甲子園で挙げた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed5eb48d5faa9f33d5ceccb796821b27f82c8368

    【阪神ドラ2・井上 公式戦初打点を甲子園で記録 宮城のスライダー捉える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8216

     阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18)が「4番・右翼」で公式戦デビューを飾り、初ヒットを長打で記録した。3打席無安打で迎えた9回2死走者なしの4打席目、カウント2―2からオリックス4番手・鈴木優のフォークを振り抜いた。左中間に放たれた打球はフェンスにダイレクトで直撃。あと少しで本塁打となる打撃に、現地で見守った虎党228名からこの日一番の拍手が巻き起こった。  「1、2打席目は打ちたいという気持ちが強かった。3打席目からしっかりと整理した中で追い込まれても対応できた」  公式戦デビュー戦でいきなり持ち味の長打力を発揮した若干18歳の和製大砲候補は、「しっかりとケガをせずに1年間プレーして、自分の課題を見つけて次の年につなげられるようなシーズンにしたい」と抱負を語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8aa4bafa96beefac0b0f15254e5e49f6d23708f4

    【阪神ドラ2井上が公式戦デビュー戦でフェンス直撃二塁打 あと少しで本塁打の当たりに虎党この日一番の拍手】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8196
     阪神ドラフト2位井上広大外野手(18=履正社)がプロ初のバックスクリーン弾を放った。プロアマ交流戦のNTT西日本戦(鳴尾浜)に4番で先発。3回2死走者なしでプロ注目の最速150キロ右腕、大江克哉投手(23=花園大)の外角速球をとらえた。 豪快な弾道は、みるみる伸びて、なんとバックスクリーン上部へ。今季の実戦6号に「完璧でした。手伸びゾーンで、一番距離が出るところ。そこでしっかりとたたけたのがよかった」と手応え十分だ。5回は左前適時打で、9回は右前打。13日のプロアマ交流戦・大和高田戦以来、実戦2度目の猛打賞をマークした。 充実の打撃に声をうわずらせたのは、平田2軍監督だ。「見事なホームラン。アウトコースの優しい球じゃない。弾道というか、彼の持ち味である滞空時間の長い、ホームランバッターらしい、田淵さんをほうふつとさせるような。久しぶりに見たよ、バックスクリーン」。阪神の一時代を築いた、通算474本塁打の「アーチスト」田渕幸一氏になぞらえる絶賛ぶりだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f653e5eeb331c3f4e7f2811a0ef843c595e84278

    【阪神ドラ2井上「完璧」プロ初のバックスクリーン弾】の続きを読む


    このページのトップヘ