虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    37 及川 雅貴

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8340

     阪神の及川雅貴投手(19)が“公式戦初失点”を許した。  六回から2番手で登板し3回3安打2失点。六回、リチャードに中越え二塁打の後、海野に右前適時打。八回は谷川原に右越え本塁打を浴びた。  それでもこの日、最速150キロの直球とキレのいいスライダーをうまく使い、奪った三振は2つ。真っすぐで相手を押し込む投球も見られた。  前回登板の6月25日・オリックス戦(甲子園)では2回無失点で“プロ初勝利”を手にした。平田2軍監督が「西純と一緒に切磋琢磨(せっさたくま)してほしい」と期待を込める左腕。一歩ずつ成長していく。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/97f569b8cfbd9185842fef559c7fa60081ee8b5f

    【阪神・及川が2軍戦で“公式戦初失点” 直球はMAX150キロ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8232



    1: 風吹けば名無し 2020/06/25(木) 16:04:39.72 ID:jp1PYCW0M
    阪神・ドラ3及川が前日の西純に続きプロ初勝利 完全投球、最速151キロ

    「ウエスタン、阪神4-2オリックス」(25日、甲子園球場)

    阪神ドラフト3位・及川雅貴投手(18)=横浜=がプロ入り後初めて甲子園&公式戦に登板し、
    “プロ初勝利”をマークした。前日24日の同戦で“プロ初勝利”した同期で1位の西純矢投手(18)=創志学園=に
    続き、2戦連続で高卒新人投手が白星を挙げた。
    七回から登板した及川は最速151キロの直球にスライダーやカーブを交えて投球を展開。
    2回無安打無失点の完全投球を披露し、相手打線を全く寄せ付けなかった。
    https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/25/0013454456.shtml

    【阪神ドラ3及川が初勝利、2回完全で最速151キロ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/06/15(月) 11:42:57.14 ID:SzR/N87jd
    https://www.google.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/202006140000863.html

    阪神ドラフト3位の及川雅貴投手がプロ初の2イニングを投げた。

    4番手で登板した実戦3度目のマウンド。変化球を乱して2四球を出したが、2回49球で1安打1失点にまとめた。「カウントが悪くなっても今回は置きにいかず、しっかり自分の球を投げるというテーマを持って。それに関しては良かったかなと思います」。自己最速にあと1キロと迫る152キロもマーク。「今日はすごく指にかかって、自分のノビある球が投げれられた」と振り返った。

    【阪神ドラ3及川152kmwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8046

     “プロ初登板”で150キロをマークした。阪神ドラフト3位・及川雅貴投手(19)=横浜=がドラフト1位・西純の後を受け、九回から登板。1回1安打無失点と上々デビューだ。  持ち味の直球が光った。先頭の柳町は2球連続で直球を選択。146キロ直球で遊ゴロ。続く将来の4番候補として期待されるリチャードにはカウント0-2からの3球目でボールとなったが、これが150キロを計測。そしてリチャードを133キロのスライダーで空振り三振に斬った。  続く釜元には中前打を浴び、三者凡退とはならなかったが、九鬼を146キロ直球で遊ゴロに抑え、初登板を終えた。  高校時代は最速153キロを計測した逸材がその一端を示したマウンドだった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/792753e0d69d748ba389053440d4021b12db3048

    【阪神・及川 “プロ初登板”で150キロ 1回1安打無失点の上々デビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8008



    1: 風吹けば名無し 2020/05/25(月) 00:36:23.92 ID:T3x3xtVq0
    阪神矢野燿大監督(51)が24日、鳴尾浜での2軍集合練習を視察した。主にブルペンで投手陣をチェック。
    昨年10月に左肘を手術した島本や、西純矢&及川雅貴のルーキー陣の投球を見守ったという。

    球団広報を通じて「現状どんな状態かなというのを見たかった。みんないい球を投げていましたし、ケガ明けの伊藤和、島本も、もうちょっとしたら試合で投げられそうな感じに見えました。
    才木もいいなと思った。西(純)、及川も投げたし、見れて良かった。その中でも及川が一番いい球を投げていたので、楽しみが増えた感じ」と印象を語った。

    鳴尾浜で調整しているガルシアとも話をしたという矢野監督は、午後からは甲子園の1軍集合練習に戻り、シート打撃などをチェックした。
    練習強度が上がっていく中、選手の状態把握を進める貴重な機会になったようだ。

    【阪神矢野監督が2軍集合練習視察「及川が一番いい球」】の続きを読む


    このページのトップヘ