虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    45 遠藤 成

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神・遠藤が二回2死一塁から右翼線へ適時二塁打。チームトップのリーグ12打点目を挙げ、勝負強さに磨きがかかっている。「左足に体重を乗せてから打ちに行くことで、ボールに入っていける感覚があった。それをずっと継続してできている」。奥川とは東海大相模高時代に対戦経験もあり、「やることは変わらずに甘い球を打ち返せるよう準備はしたい」と意気込んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1b4b2bffffb6e70d16b3d4c1978ff74c057729f4

    【阪神・遠藤、勝負強い12打点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     ―遠藤は古川から打つなど3安打  打った後のライナーゲッツー(3回、一塁走者で植田の三直に飛び出して併殺)は、本当ならあそこでジ・エンドだよ。公式戦なら変えてる。野球の怖さ。あの後デットボールで1点取られたし、流れってのいうのはそういうとこだって今日遠藤に言った。海のハーフライナーで飛び出してさ。そういうところよ遠藤は。ヒットを打ったのは褒めてあげないといけないけど、彼はそういうところの集中力。今日はぶち切れよ。そういうところをあと4試合で見せちゃいかんねん。せっかくここまできて、あと4試合で気を抜いたプレーや集中力を欠いてるかなと俺が判断する。僕はそんなことありませんじゃダメ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/94c7e50aabf0bc556517a8339e7753cf343d8c27

    【阪神 平田2軍監督「本当ならあそこでジ・エンド。そういうところよ遠藤は」一問一答】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神19年ドラフト4位遠藤成内野手が攻守の課題に向き合っている。 「7番遊撃」で先発したヤクルト戦。低い重心がテーマの打撃では2本の適時打を右前、左前と広角に放った。一方、打球への1歩目とバウンドの合わせ方がテーマの守備では2失策を記録。「1つ目は攻めたエラーですけど、2つ目は少し引いた部分があった。気持ちの面で攻めて、そこからボールに合わせる作業をやっていきたい」と練習を積む。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7268cfab5d44582f6c55252bc29df8a85a6905e


    【阪神2軍遠藤「攻めた」2失策も2安打でミス挽回】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    image



    72: どうですか解説の名無しさん 2020/09/22(火) 17:40:06.32 ID:v+XZNIEXx
    阪神のドラ4・遠藤、111打席目で公式戦初本塁打「ヨッシャー!」
    阪神のドラフト4位・遠藤成内野手(19)=東海大相模=が“公式戦初本塁打”を由宇でマーク。ダイヤモンドを一周した後は「ヨッシャー!」と満面の笑みを浮かべた。
    5点リードの八回。この日の第4打席だった。4番手・畝のフォークをうまく拾うと打球は高々と右翼方向へ舞い上がり、そのままスタンドイン。「ちょっと泳ぎ気味だったんですけど、しっかりヘッドが走ったなという感覚があった」と確かな手応えのあったアーチだった。

     ファームでは111打席目に飛び出した。2軍戦ではあるが記念球を手にした遠藤は「どうするかはまだ決めていないです。(これから考える?)はい」と初々しく笑っていた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c78745e00f1e15efad3a778d4d78575b53160b8e

    【阪神のドラ4・遠藤、111打席目で公式戦初本塁打「ヨッシャー!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    IMG_8459

     阪神のD4位・遠藤成内野手(18)=東海大相模高=が18日、広島戦(鳴尾浜)に「9番・三塁」で出場。適時打を含む4打数2安打2打点と奮闘した。試合は8-4で阪神が勝利した。  鋭い打球が右翼の芝で弾んだ。遠藤が初の1試合複数打点を記録し、確かな手応えを口にした。  「1打席目で、自分の感覚が戻ってきた感じがした。それがきっかけで満塁の場面も自分のポイントで打てました」  きっかけとなった第1打席は三回無死一塁からバスターで右前へ。一、三塁と好機を拡大した。これでいい感覚を取り戻すと、1-0の四回2死満塁、アドゥワの140キロ直球を右前へ。ライナー性の打球で2点を追加した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e469dc6b792fc84ac285a3f71eff5b5cc3c9f541

    【阪神D4・遠藤、奮闘2安打2打点!「多少は慣れてきたと思う」】の続きを読む


    このページのトップヘ