虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    49 ジョー・ガンケル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神のジョー・ガンケル投手が、好救援で2勝目を手にした。  同点の五回に4番手で登場。先頭の宮本を一ゴロに仕留めるなど三者凡退に抑えて攻撃のリズムを作ると、直後の攻撃で梅野が勝ち越しのソロを放った。  イニングまたぎとなった六回も圧巻の投球を披露。代打・上田を外角のツーシームで見逃し三振、続く代打・西田は三ゴロに打ち取った。1番・山崎は内角の直球で見逃し三振。3人で料理し、試合の流れを完全に引き寄せた。  七回1死一塁となったところで、岩貞と交代。2回1/3を無失点に抑えた助っ人は「久しぶりの中継ぎとしての登板だったんだけど、チームが任せてくれたポジションで自分ができる全力のことをやって、チームの勝利に貢献することができたのでよかった」と仕事を果たせたことに笑みを浮かべた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/dcf450d1cfb0c8f52f17def3fe964748411cca79

    【阪神・ガンケル 好救援で2勝目「勝利に貢献することができたのでよかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神ジョー・ガンケル投手は6回1安打1失点と快投しながら来日初の先発勝利を逃した。 序盤から制球力、直球の強さともに上々。4回1死から2番神里に同点ソロを浴びたが、許した安打はこの1本だけだった。「内外角に直球を投げ分けることができたし、緩急をつけたピッチングもできて良かった」。勝利投手の権利を持って7回に代打を送られたが、チームが9回に同点とされて勝ち負けはつかなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8eff444f53603fd7d85ce36c5c830675715c538c

    【阪神ガンケル「良かった」好投も来日初先発勝利逃す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    image

     阪神ジョー・ガンケル投手(28)は5回5安打1四球1失点で降板し、勝ち負けはつかなかった。 3回までは1安打無失点。両チーム無得点の4回に先頭打者から3連打で先制点を許したが、なおも1死満塁のピンチでは8番西浦を三ゴロ併殺打に仕留めた。 1点を追う5回裏1死三塁の場面で代打糸原を送られ、糸原が同点タイムリー。先発初勝利は逃したが、しっかり試合を作った。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ff23ceca2d6f34da3cce86f62a117c0033b6138

    【阪神ガンケル先発初勝利ならず 5回1失点で降板】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    image

     阪神ジョー・ガンケル投手(28)はDeNAの強力助っ人陣から3被弾など6回4失点(自責3)で降板。先発初白星はならなかった。 初回に2点の援護をもらったが、リードを守りきれない。3回に3番オースティン、4回に6番ソトにそれぞれソロ本塁打を浴びて同点とされた。4回に再び打線が勝ち越したが、直後の5回にオースティンの適時打を浴びた。 同点の6回にはソトに2打席連発となる勝ち越し弾を浴び、ついにリードを許した。6回9安打(3被弾)4失点。7回から救援陣にマウンドを託した。 「先発として、援護してもらったリードを守ることができず悔しい。前回の登板よりもボールが高く集まってしまったから、そこを反省して次の登板に生かせるようにしたい」 新加入の今季は開幕時の先発から中継ぎ転向で結果を残し、9月26日ヤクルト戦から再び先発に戻った。今回は再転向後3度目のマウンドだったが、先発初勝利はお預けとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b35e2cd18ed91c5e6c8ba0eea99b21e2ff8de22e

    【阪神ガンケル「リード守れず悔しい」先発初勝利逃す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    image

     阪神先発のガンケルは6回6安打5失点で降板。巨人の一発攻勢に屈した。  3回までは巨人打線をわずか1安打に抑えて無失点。3回1死で迎えた第1打席では、畠から来日初安打となる左中間への二塁打を放ち、チーム初安打を記録するなど投打に奮闘した。  だが4回1死二塁から丸に左翼線への適時二塁打を浴びて先制点を許すと、5回には吉川尚に右中間へのソロを浴び2点目を失った。直後の攻撃では代打を送られず、6回のマウンドへ。だが1死一、二塁から大城に痛恨の右越え3ランを被弾。来日してから甲子園での初先発も、粘りきることができず。「ジャイアンツはやっぱり良い打線だったし、簡単にアウトになってくれないなと感じた。球数も多くなってしまったし、追い込んでからのボールも甘くなってしまったから、反省して次に生かせるようにしたい」とコメントした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/17eea4b16a1542b947d584ebe4d00c71b1a09f99

    【阪神・ガンケル 長打攻勢に屈し6回5失点 甲子園初先発も粘りきれず「ジャイアンツは良い打線だった」】の続きを読む


    このページのトップヘ