虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    41 ジャスティン・ボーア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender
     阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が20日、NPBから自由契約選手として公示された。来日1年目の今季は99試合に出場し打率・243、17本塁打、45打点。4番として期待されたが、シーズン終了を待たずして出場選手登録を抹消され来季の構想から外れ退団が濃厚となっていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/545265344ee1e23fc5df0466ef0ca4854325f78c

    【阪神 ボーアが自由契約…開幕4番で17本塁打も構想外】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender


    1: 風吹けば名無し 2020/11/19(木) 06:41:33.68 ID:cJ4UZGzSd
    阪神を退団することが決定的なジャスティン・ボーア内野手(32)が、来季も日本でのプレーを希望していることが18日、分かった。第1希望は阪神残留だったが、高年俸がネックとなって契約更新は絶望的な状況。FAとなった場合、国内移籍を目指す方針だ。

    ボーアはメジャー通算92本塁打の実績を持ち、4番候補として来日した。だが、左投手や日本の配球に苦しみ、99試合で打率・243、17本塁打、45打点。推定2億7250万円の高年俸に見合う成績を残せなかった。10月22日に出場選手登録を抹消。1軍に再昇格することなく、シーズン終了前の7日に米国へ帰国している。  

    阪神の来季戦力構想からは外れたが、本人は日本球界でのプレーを熱望。以前から日本に興味を示していた親日家であり、帰国前には「日本食はおいしく、この日本という国は最高です!」とコメントしている。阪神からリリースされた時点で、国内他球団への移籍を模索する。  

    甲子園の浜風も問題にならないパワーに加え、来日2年目は配球への対応も期待できる。真面目な練習姿勢も評価されており、本塁打後は“ファイアボール”パフォーマンスで盛り上げる明るい性格でもある。来季は他球団で活躍する姿が見られるかもしれない。

    【ボーア、来季も日本希望 阪神退団決定的も…NPB他球団への移籍模索】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender


    1: 風吹けば名無し 2020/11/07(土) 13:04:22.87 ID:9Skp/f6M0
    阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が7日、帰国したことを球団が発表した。

     球団広報を通じて「温かいご声援をいただきありがとうございました。どこにいてもファンのみなさんの声援は私に届いていて、すべてが私の力になっていました。タイガースファンは最高です。そして、素晴らしいチームメートたちとタイガースの一員としてプレーできたことを誇りに思います。もちろん、日本食はおいしく、日本という国は最高です!」と感謝の思いをコメントした。

    【阪神・ボーアさん退団へ…「日本食はおいしく、日本は最高でした」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/11/06(金) 05:29:24.56 ID:vlwaRagc0
    https://news.yahoo.co.jp/articles/83a2b5124ed81629af184a3319cf8030d352096d

    グッバイボーア
    フォーエバーボーア

    【阪神・ボーア、退団へ 近日中に帰国濃厚、2億6000万円年俸見合わず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FullSizeRender


    1: 風吹けば名無し 2020/11/05(木) 06:07:13.53 ID:YQn+9fs9p
    阪神ジャスティン・ボーア内野手(32)、オネルキ・ガルシア投手(31)がチームの1軍日程終了を待たずに帰国することが4日、確実になった。2人はこの日も鳴尾浜で2軍練習に参加していた。
    球界関係者によれば、条件が整えば今週末にも帰国するもよう。1軍最終戦となる11日DeNA戦(甲子園)を待つことなく、今季を終えることになりそうだ。

    来日1年目のボーアは1軍99試合出場で打率2割4分3厘、17本塁打、45打点。一塁ポジションがかぶるマルテが左ふくらはぎの張りから1軍復帰した事情もあり、10月22日に出場選手登録を抹消されていた。2軍降格後も「自分ができることをやっていきたい」と懸命に実戦出場、練習を継続。
    だが、1軍復帰が可能となって以降も再昇格の声はかからず、最後のアピール機会は訪れなかった。高額年俸がネックとなって来季残留が厳しくなっており、このまま退団となる可能性も十分ある。

    ガルシアは中日から移籍2年目となった今季は14試合先発で2勝6敗、防御率4・42。不安定な投球が続き、今季限りで退団する可能性が高くなっている。

    【阪神ボーア、ガルシア週末にも帰国 残留厳しい状況】の続きを読む


    このページのトップヘ