ソフトバンクから移籍した阪神加治屋蓮投手が紅白戦で今季実戦初登板し、1回無失点に抑えた。 先頭の大山にはカーブで見逃し三振を奪った。「自分の得意とする球は真っすぐ、フォークという情報はある程度入っているとは思ったので」。鋭くグッと曲がるカーブでアピールに成功。矢野監督も「勝ちパターンに入っていけるような思いで取っている。来てくれてうれしい」と頼もしく感じていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/648b927c27ebd8bb05c83d25a47fb0bf963f5806

【阪神加治屋が1回0封、カーブで三振奪い監督も評価】の続きを読む