虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    テニス

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/02/17(日) 05:56:31.36 ID:02/uvMbS9
    2/17(日) 5:55配信
    錦織 惜敗で決勝進出ならず、ワウリンカに健闘も準決勝敗退<男子テニス>

    男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)は16日、シングルス準決勝が行われ、第1シードの錦織圭は世界ランク68位のS・ワウリンカ(スイス)にを2-6, 6-4, 4-6のフルセットで敗れ、今季2度目の決勝進出とはならなかった。


    錦織は序盤から四大大会3勝を誇るワウリンカの強打に苦しみ、第2ゲームではパッシングショットを決められてブレークを許す。第4ゲームではネットプレーで攻撃的な姿勢を見せたがミスを重ねて再びブレークされると、第7・第8ゲームも連取されて第1セットを落とす。

    第2セットに入るとファーストサービスが入った時のポイント獲得率を60パーセント台に上げた錦織はゲームカウント4-0とリードする好スタートを切ると、セットカウント1-1に追いつく。

    ファイナルセットは両者互角の打ち合いから、第10ゲームでブレークを許すと主導権を握られ、準決勝で力尽きた。

    一方、勝利したワウリンカは、決勝で世界ランク33位のG・モンフィス(フランス)と対戦する。モンフィスは準決勝で第5シードのD・メドヴェデフ(ロシア)を逆転で下しての勝ち上がり。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00010002-tennisnet-spo
    no title

    【【テニス】錦織 惜敗で決勝進出ならず、ワウリンカに健闘も準決勝敗退 ABNアムロ世界テニス・トーナメント 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/02/16(土) 06:48:58.73 ID:7yhE093p9
    2/16(土) 6:47配信
    錦織 快勝でロッテルダム4強、ワウリンカとの準決勝へ<男子テニス>

    男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)は15日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードの錦織圭が世界ランク38位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を6-3, 6-2のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。


    この試合、錦織は第4ゲームで先にブレークに成功するも、直後の第5ゲームでブレークバックを許す。それでも第8ゲームに再びブレークを奪い、第1セットを先取する。

    第2セット、第2ゲームでブレークを奪われた錦織だったが、続く第3ゲームでブレークバックに成功。その後第5ゲームでブレークした錦織が、安定したストロークを武器にフチョビッチにブレークを与えず勝利を決めた。

    29歳で世界ランク7位の錦織は決勝進出をかけて、世界ランク68位のS・ワウリンカ(スイス)と対戦する。2015年の同大会覇者であるワウリンカは準々決勝で第10シードのD・シャポバロフ(カナダ)をストレートで下しての勝ち上がり。

    同日には第5シードのD・メドヴェデフ(ロシア)と世界ランク33位のG・モンフィス(フランス)が4強へ駒を進めている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00010004-tennisnet-spo
    no title

    【【テニス】錦織 快勝でロッテルダム4強、ワウリンカとの準決勝へ ABNアムロ世界テニス・トーナメント準々決勝 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/02/15(金) 04:57:41.18 ID:fSmGF0TU9
    2/15(金) 4:56配信
    「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/2月11~17日/室内ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で第1シードの錦織圭(日本/日清食品)が世界84位のエルネスツ・グルビス(ラトビア)と対戦。6-1、6-4のストレートで錦織が勝利し、ベスト8進出を果たした。


    勝利した錦織は、この後に行われるニコラス・バシラシビリ(ジョージア)とマートン・フクソービッチ(ハンガリー)の勝者と準々決勝で対戦する。

    第2セットはグルビスのサービスゲームから。第1セットを6-1で先取した錦織がその勢いを途切れさせることなく第1ゲームをブレークする。第3ゲームでもブレークポイントを握ったが、ここはグルビスにしのがれる。

    そして第6ゲーム、この試合で初めてグルビスにブレークポイントを握られると、見事なダウン・ザ・ラインを決められてブレークを喫し、ゲームカウント3-3のイーブンに戻された。

    そこからお互いにキープし、迎えた第9ゲーム。30-40と錦織にブレークチャンスが訪れる。ここで錦織のダウン・ザ・ラインをグルビスが返しきれずに再び1ブレークアップとリードを作った。

    そして続く第10ゲームが錦織のサービング・フォー・ザ・マッチ。ここをキープした錦織が6-4で第2セットを連取し、勝利を決めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000002-tennisd-spo

    【【テニス】錦織 快勝でベスト8進出。第2セットはやや失速するも元世界10位を撃破 ATP500 ロッテルダム2回戦 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/02/13(水) 05:54:35.10 ID:+3ybWnuG9
    2/13(水) 5:52配信
    錦織 ロッテルダム初戦突破、世界36位に苦戦も逆転勝ち<男子テニス>

    男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)は12日、シングルス1回戦が行われ、第1シードの錦織圭が世界ランク36位のPH・エルベール(フランス)を3-6, 6-1, 6-4の逆転で破り、初戦突破を果たした。

    全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝以来の公式戦となった錦織は、序盤フォアハンドのミスを連発。第8ゲームでブレークを許し、第1セットを落とす苦しい展開に。

    第2セットに入ると本来の力を発揮し、ストローク戦で主導権を握ると1ゲームしか与えずにセットカウント1-1に追いつく。

    ファイナルセットも第3ゲームでブレークに成功した錦織が流れを引き寄せ、逆転勝ちをおさめた。

    2回戦では、世界ランク84位のE・ガルビス(ラトビア)と対戦する。元世界ランク10位のガルビスは1回戦でM・コピル(ルーマニア)をストレートで下しての勝ち上がり。

    同日の1回戦では第4シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第10シードのD・シャポバロフ(カナダ)、世界ランク26位のF・ベルダスコ(スペイン)、同33位のG・モンフィス(フランス)、元世界ランク4位のT・ベルディヒ(チェコ)らが2回戦へ駒を進めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010004-tennisnet-spo
    no title

    【【テニス】錦織 ロッテルダム初戦突破、世界36位に苦戦も逆転勝ち ABNアムロ世界テニス・トーナメント1回戦 】の続きを読む


    このページのトップヘ