虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    テニス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/03/24(水) 00:50:48.82 ID:CipkWC/Z0
    どっち想像した?

    【ナダルとかいうヤベェ奴wwywywywyw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/19(金) 02:34:07.47 ID:CAP_USER9
    3/19(金) 2:22
    配信
    THE TENNIS DAILY
    【速報】錦織は2年ぶりの4強ならず。好調の世界81位ハリスに敗れる[ATP500 ドバイ]

    現地18日の「ATP500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/3月14日~3月20日/ハードコート)大会5日目。男子シングルス準々決勝で、世界41位の錦織圭(日本/日清食品)が予選勝者の世界81位ロイド・ハリス(南アフリカ)と対戦。錦織が1-6、6-3、3-6で敗れ、2年ぶりのベスト4進出を逃した。



    勝負の決まる第3セットはハリスのサービスゲームからスタート。第1ゲームでブレークポイントを握った錦織。しかしここはブレークすることができなかった。

    そこから両者一歩も譲らずにキープし合う展開が続く。錦織は第5ゲームでデュースまで持ち込むが、ブレークポイントを握るまでは至らない。

    第7ゲームでハリスのダブルフォルトから30-40と錦織にチャンスが舞い込んだ。しかしワイドの強烈なサーブでしのがれてしまい、ブレークすることができない。

    逆に第8ゲームで30-40とされ、ピンチを迎えた錦織。ここで錦織のショットがわずかにアウトとなり、ブレークを喫してしまった。

    そして続く第9ゲームがハリスのサービング・フォー・ザ・マッチとなったが、ここで追いつくことができず、準々決勝敗退となった。

    勝利したハリスは、準決勝で第3シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)と対戦する。シャポバロフは世界53位ジェレミー・シャルディ(フランス)を破っての勝ち上がり。

    (テニスデイリー編集部)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ed40406248c0e33ce6e1b9315ffbb6b59d5e14b
    no title

    【【テニス】】錦織圭、2年ぶりの4強ならず 好調の世界81位ハリスに敗れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/18(木) 01:57:40.20 ID:CAP_USER9
    3/18(木) 1:54
    配信
    Tennis Classic
    ゴファン戦の調子をキープしていた錦織が貫禄の勝利

    錦織圭ベスト8進出!! サービスゲームで抜群の安定感を発揮し勝利「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」【テニス】

    アラブ首長国連邦・ドバイで開催されているATP500大会「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」本戦4日目。昨日、ダビド・ゴファン(ベルギー)を下した錦織圭(日清食品/世界ランク41位)は、3回戦で同59位、アルヤズ・ベデネ(スロベニア)と対戦。6-4、6-4で勝利し、準々決勝にコマを進めた。


    シングルス1回戦では、世界ランク38位のライリー・オペルカ(アメリカ)に少ないチャンスをものにして3-6、6-3、6-4の逆転勝利。スイングを調整して臨んだという昨夜のゴファン戦は、第2セット終盤にもたつくシーンもあったが、ほぼ完璧な勝利を果たしている錦織。今日の試合は、特にサービスゲームでこの上ない安定感を見せた。

    コイントスで勝った錦織はリターンを選ぶ。第1セット第1ゲーム、最初のポイントをリターンエースで奪った錦織は、いきなりブレークに成功。続く自身のサービスゲームをラブゲームでキープと、最高のスタートを切る。その後も、非常に高い安定感を見せて第1セットを6-4で先取する。このセット、サービスゲームでは、なんと21ポイント中20ポイントを奪取。相手にわずか1ポイントしか与えなかった。

    第2セット、ベデネのサーブ、フォアハンドの調子が上がっていく。そんな中、4オールまでキープ続くと、第9ゲーム、錦織が開始からリターンエースなどで15-40と2本のブレークポイントを握る。1本目はリターンミスとなったが、2本目、なんとベデネがダブルフォールト。ブレークに成功すると、続く第10ゲームをキープして6-4、勝利を決めた。

    次戦、準々決勝はドミニク・ティエム(オーストリア)を破っているロイド・ハリス(南アフリカ/同81位)と第14シードのフィリップ・クライノビッチ(セルビア/同33位)の勝者と戦う。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2239b9c09fd74dc2a7c8eb0842de10727cdd9583
    no title

    【【テニス】錦織圭、ベスト8進出!! サービスゲームで抜群の安定感を発揮し勝利】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/03/11(木) 12:30:26.64 ID:WY3/JLOWM
    なお勝利したもよう

    【【老報】ロジャー・フェデラー(39)さん、復帰後初戦で2時間24分の死闘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/10(水) 09:20:43.56 ID:CAP_USER9
    現地3月9日、男子テニスツアー「オープン13」(3月8日~14日/フランス・マルセイユ/インドアハード/ATP250)のシングルス1回戦が行なわれ、世界ランク40位で第6シードの錦織圭が同93位のピエール‐ユーグ・エルベール(フランス)と対戦。1-6、4-6のストレートで、まさかの初戦敗退を喫してしまった。

    両者の対戦は錦織から見て2勝1敗。直近の試合は2019年モンテカルロのクレーで敗れているが、ハードコートでは2勝している。29歳のエルベールはダブルスでの活躍が目覚ましく、全グランドスラムのタイトルを保持。サービスとネットプレーが得意なオールラウンドプレーヤーだ。

    今大会も無観客で開催されているが、客席には人物大の写真が散りばめられており、見た目にはにぎやか。しかし当然、声援はない。

    エルベールはダブルス巧者らしく、サーブ&ボレーを多用し、チャンスと見てはネットに出てポイントを重ねていく。錦織はリターンでもネットダッシュしてくる相手を向こうに回し、リズムが作りづらいのか、ラリーでもミスが出て0-3とリードされる。ラリー戦でもなかなか主導権が握れないまま、第1セットを1-6で失った。

    第2セット第1ゲームで錦織はようやく気持ちよくサービスをキープ。だが、絶好調のエルベール相手に苦戦は続く。どうにか流れを掴もうと奮起するも、エルベールに切れのあるサービスとボレーで切り抜けられてしまう。第7ゲームでブレークを許すと、最後までエルベールの牙城を崩すことができず、1-6,4-6で1回戦敗退となった。

    エルベールは、2回戦で世界ランク63位のキャメロン・ノーリー(イギリス)と予選上がりのコンスタント・レスティエンヌ(フランス)の勝者と対戦する。

    構成●スマッシュ編集部
    2021年03月10日 01時29分 THE DIGEST
    https://news.nifty.com/article/sports/tennis/12290-992444/
    https://news.nifty.com/topics/12290/210310466338/

    【【テニス】錦織圭が1回戦でまさかの完敗。ダブルス巧者エルベールを相手にリズムを作れず…】の続きを読む


    このページのトップヘ