虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    テニス

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/08(日) 06:16:55.14 ID:CAP_USER9
    7/8(日) 6:12配信
    錦織が4回戦進出…敗れたキリオス「彼のリターンが素晴らしかった」

    ◆テニス ウィンブルドン選手権第6日(7日、英ロンドン)

     男子シングルス第24シードの錦織圭(28)=日清食品=が2年ぶり3回目の4回戦進出を決めた。敗れた第15シードのニック・キリオス(23)=オーストラリア=は「彼のリターンが素晴らしかった。普通の選手ならラケットに当てたり返せないようなサーブでもリターンしてきた」と絶賛した。この試合は最速216キロを計測したサーブで、1回戦では42本ものエースをたたき込んだ。この日はどんな高速サーブでも錦織は反応してラケットに当て、第1セットは第1サーブのリターンで10本中5本でポイントにつなげた。「最初のサービスゲームでブレイクされて少しパニックになってしまった」と認めた。

     フォルトになった第1サーブの球を拾ったボールボーイがコートにいるのに第2サーブを打とうとしたり、コンパクトなフォームからさらに打ち急いだりと、慌ただしさをみせた。迫る日没で順延になるのを避けるようにも映ったが「あまり気にしていなかった」と話した。

     お騒がせな言動で知られる悪童ぶりも発揮。第2セットのタイブレイクでミスにいら立ち、持っていたボールを思い切り客席に打ち込んだ。幸い出口付近に飛んでいき被害は出なかったが、当然、警告を受けた。観戦マナーに厳しいウィンブルドンの観客も、さすがにブーイングを飛ばしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000075-sph-spo
    no title

    【【テニス】錦織が4回戦進出…敗れたキリオス「彼のリターンが素晴らしかった」 ウィンブルドン3回戦 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/06(金) 02:44:51.42 ID:CAP_USER9
    [錦織圭]
    28位
    日本
    28歳
    178cm

    [バーナード・トミック]
    184位
    オーストラリア
    25歳
    196cm


    錦織圭 3-1 バーナード・トミック
    2-6
    6-3
    7-6(9-7)
    7-5


    no title

    no title

    【【テニス】錦織圭がトミックに3-1で勝利!、ウィンブルドン 2回戦 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/03(火) 22:15:42.65 ID:CAP_USER9
    [錦織圭]
    28位
    日本
    28歳
    178cm

    [クリスチャン・ハリソン]
    198位
    アメリカ


    錦織圭 3-1 クリスチャン・ハリソン
    6-2
    4-6
    7-6(7-3)
    6-2

    no title

    no title

    【【テニス】錦織圭(28位)がハリソン(198位)に3-1で勝利!、ウィンブルドン 1回戦 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/06/21(木) 02:07:58.93 ID:CAP_USER9
    6/21(木) 2:06配信
    杉田祐一 世界7位ティーム破る金星、ストレート勝ちで初8強進出<男子テニス>

    男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は20日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク52位の杉田祐一が同7位で第3シードのD・ティーム(オーストリア)を6-2, 7-5のストレートで破る金星をあげ、大会初のベスト8進出を果たした。

    この日、杉田はミスを連発するティームから最後サービスエースを決めて第1セットを先取。第2セットも安定したストローク戦を見せる杉田が第11・第12ゲームを連取し、1時間半近くの戦いを制した。

    準々決勝では、世界ランク109位のD・クドラ(アメリカ)と対戦する。予選勝者のクドラは2回戦で同35位のS・チチパス(ギリシャ)をストレートで下しての勝ち上がり。

    29歳の杉田は昨年7月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でツアー初優勝。世界ランキングの自己最高は同年10月に記録した36位。

    一方、敗れたティームは今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾っていた。

    同日の2回戦では日本勢で第7シードの錦織圭が登場したが、世界ランク36位のK・カチャノフ(ロシア)にストレートで敗れた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010001-tennisnet-spo
    no title

    【【テニス】杉田祐一 世界7位ティーム破る金星、ストレート勝ちで初8強進出、ゲリー・ウェバー・オープン 】の続きを読む


    このページのトップヘ