虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >

    テニス

    1: どうですか解説の名無しさん 2018/02/03(土) 18:50:57.49 ID:CAP_USER9
    2/3(土) 18:46配信
    TENNIS.JP
    錦織圭決勝進出 「決勝まで行く事は考えていなかった」インタビュー全文

    自分でも決勝にいけると思っていなかったと錦織。明日に期待。


    錦織圭(日清食品)が、復帰第二戦目で決勝に進出した。
    準決勝では台湾のジャン・ジェイソン(荘吉生)に6-4、6-4のストレート勝ち。
    「この2週間は練習だと思っていたので決勝まで行く事は考えていなかった。」自分に期待していなかったと錦織は言う。

    決勝では、アメリカ若手の注目株で、全豪オープンでは予選を突破、2回戦でディミトロフにファイナル・セット6-8で惜敗したM.マクドナルド(158位)と対戦する。
    マクドナルドは1回戦で伊藤竜馬を7-5,6-3破り、2回戦では第2シード、アメリカ期待のF.TIAFOEを7-5,2-6,6-3で破っている22歳だ。

    決勝は現地2月3日19時開始のダブルス決勝後に予定されている。日本時間だと2月4日朝11時以降になるだろう。

    準決勝インタビュー全文

    ――きっちり勝ち切りました。今日の試合を振り返ってみて

    「日に日にプレーは良くなってきていると思います。
    体の疲れは多少ありますけど、そこまで問題は無いので。
    勝ち進むにつれて相手がどんどん強くなってきて、明日のマクドナルドも良い選手なのでタフな試合になると思います。
    自分もサーブとフォアも良いショットが出始めて、少しずつ良くなってきているのを感じるので嬉しいです」

    ――チャレンジャーとはいえ、かなりレベルの高い選手もいますが

    「チャレンジャーなので、ツアーに比べると、フリーポイントをくれたり、簡単なゲームがあったり、やっぱりツアーに比べると選手のレベルは確実に違ういますが、
    試合に慣れるという意味でこうやって試合数をこなせるのはとても良い経験になりますし、明日は更にレベルが高くなるので自分もギアを上げないと、今日以上のプレーが出来ないと勝てない相手なので頑張りたいです」

    ――復帰2戦目で決勝、自分では期待していましたか

    「いや、ほぼ期待してなかったですね。
    この2週間は練習だと思っていたので決勝まで行く事も考えていなかった。本当に数試合出来ればいいなというぐらいだったので。
    手首の調子が先週よりはるかに良くなってる。それは一番なので。
    プレーがどうであれ、手首の状態が一番大事なので、特に今日まで3戦連続で戦って問題無くやれてるのが一番の収穫ですね」

    ――第1セットは4-4、第2セットは3-3から相手のサーブをブレイク。テニスの質が上がってきていると思うが

    「正直まだ波はありますし、良い時と悪い時の差があるので、直さないといけないところはまだたくさんありますけど、試合の中で大事なところをしっかり取って2セットで終われたのは体にとっても良いこと。
    でも1試合を通して安定しているかと言ったら、まったく安定していないので。そういうところをもっと磨いていかないといけない。
    良いところと悪いところの差はありますね」

    ――前回よりもファーストサーブの入りが良かった、修正したところは?

    「いや特には無いですけど。たぶん試合に慣れてきたのもあると思いますし、前の試合に比べると良くなってきてると思います。
    まだちょっと安定しなかったり、修正点はまだまだありますけど、サーブに関しては確実に今までの中では一番良かったかな」

    ――ガットのテンションをかなり緩くしていると言われていますが、実際の今のテンションは?

    「いや、去年と一緒ですね。まあ普通の選手よりは低いと思いますけど」

    ――手首の影響で緩くしているわけではなくて

    「はい。前からです。もう2、3年前からだいぶテンションを緩く張ってるので。
    もちろん手首に負担がかからないようにいろいろ(ストリングは)選んでますけど。緩いのは前からです」

    ――サーブやフォアハンド、自分が打ちたいと思うコースに打てるように近づいてきていますか?

    「まだミスが出るのはしょうがないですね。
    フォアに関しては最近やっと振れるようになってきたので、まだ時間がかかると思いますし、練習と試合はまた緊張感も違うので。
    良くなってくるのはもうちょっと時間がかかると思います」

    ――マクドナルド選手とは友達ですよね?双子みたいにそっくりだと言われていますが

    「笑。それは初めて言われましたけど笑。彼は良い奴です。
    Kudlaはオーストラリアで良いテニスをしていたのでタフな試合になると思います」

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00010000-tennisnavi-spo

    【【テニス】錦織圭決勝進出 「決勝まで行く事は考えていなかった」Tennis Championships of Dallas】の続きを読む

    1: どうですか解説の名無しさん 2018/02/02(金) 12:21:56.51 ID:CAP_USER9
    錦織4強 格下相手にミス目立つもストレート勝ち
    2/2(金) 12:18配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00115143-nksports-spo

    錦織圭(18年1月撮影)
    no title


    <男子テニス:ダラス選手権>◇1日◇米テキサス・ダラス◇シングルス準々決勝

    元世界ランク4位で現在は同27位の錦織圭(28=日清食品)が、復帰第4戦となる準々決勝でラッキールーザーの同295位ドミニク・コプファー(23=ドイツ)を7-6、6-3のストレートで下し、4強進出を決めた。

    第1セットは第3ゲームを先にブレークしたが、続く第4ゲームをミスからブレークバックされた。その後は互いにキープしてタイブレークにもつれ込んだが、底力を発揮して7-3で制した。第2セットはその勢いのまま強烈なフォアを決めるなどで4ゲーム連取したが、第5ゲームから5本目のダブルフォールトなどのミスで3ゲームを連続で奪われた。しかし、第8ゲームをブレークして再びリードを奪い、第9ゲームもラリーに競り勝ってキープし連取した。

    準決勝では同234位のジェイソン・ジャング(28=台湾)と対戦する。

    錦織は1回戦では、復帰戦となった先週のニューポートビーチの初戦で対戦し敗れた同214位のデニス・ノビコフ(24=米国)に6-3、6-3のストレート勝ちで雪辱を果たし、2回戦では同162位のマティアス・バヒンガー(30=ドイツ)に4-6、6-4、6-4で逆転勝ちして8強入りを決めていた。

    【錦織4強 格下相手にミス目立つもストレート勝ち】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/02/01(木) 12:55:54.07 ID:CAP_USER9
    右手首のケガから5カ月ぶりの復帰を果たした男子テニスの錦織圭(28=日清食品)が1月31日(日本時間2月1日)、米テキサス州ダラスで行われたツアー下部大会のダラス・チャレンジャー2回戦に登場。マティアス・バッヒンガー(30=ドイツ)と対戦し、4―6、6―4、6―4で逆転勝ちを収めた。

     世界ランキングは27位の錦織に対し、バッヒンガーは162位。この日は第1セットの第3ゲームで先にブレークに先取したが、その後2度もバッヒンガーにブレークされセットを落とす。第2セットの第9ゲームでブレークに成功し、続く最終セットも第7ゲームから3ゲームを連取し、復帰後2勝目を飾った。

    写真
    no title


    2/1(木) 12:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000101-spnannex-spo

    【<錦織圭>逆転勝利で3回戦進出! 復帰後2勝目】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/01/30(火) 09:31:50.14 ID:CAP_USER9
    1/30(火) 8:26配信
    RBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス

    男子テニスで下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、ハード、ATPチャレンジャー)は29日、シングルス1回戦が行われ、第1シードの錦織圭が世界ランク214位のD・ノビコフ(アメリカ)を6-3, 6-3のストレートで下して復帰後初勝利を飾り、2回戦進出を果たした。

    【錦織らダラスCH対戦表】

    この試合、錦織は第7・9ゲームでブレークし、第1セットを先取。第2セットは第7ゲームから3ゲームを連取し、ノビコフにリベンジした。

    両者は前週に行われた下部大会のニューポートビーチ・チャレンジャー(アメリカ/ニューポートビーチ、ハード、ATPチャレンジャー)でも対戦し、昨年のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)以来 約5カ月ぶりに公式戦へ臨んだ錦織は当時世界ランク238位のノビコフにフルセットで敗れていた。

    2回戦で錦織は、M・バッヒンガー(ドイツ)と予選勝者のE・カルロフスキ(ロシア)のどちらかと顔を合わせる。

    今大会は日本勢で伊藤竜馬も出場したが、1回戦でM・マクドナルド(アメリカ)に5-7, 3-6のストレートで敗れた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00010002-tennisnet-spo
    no title

    【【テニス】錦織圭 復帰後初勝利、200位台の選手にリベンジで2回戦へ、下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス】の続きを読む


    このページのトップヘ