虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    バスケ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/13(火) 18:37:25.80 ID:CAP_USER9
     NBA東地区全体12位のウィザーズは12日、敵地ソルトレイクシティー(ユタ州)で西地区全体首位のジャズと対戦。ワシントンDCで行われた3月18日のこのカードでは131―122で勝っていたが、この日も125―121(前半70―65)で勝利を収め、今季53戦目で20勝(33敗)に到達した。

     ジャズのホームでの連勝は24(今季24勝3敗)でストップ。ウィザーズはリーグ最高勝率を誇るジャズには今季2戦2勝で、計21チームが涙を飲んだソルトレイクシティーで各チームが逃し続けた白星をもぎとった。プレーオフ進出に可能性を残す東地区全体10位につけているブルズには2ゲーム差で、渡辺雄太(26)が所属している11位のラプターズとは0・5ゲーム差。今季は負け越しているが、西地区のチームに対しては12勝10敗と勝ち越している。

     前回のこのカードで43得点をマークしたブラドリー・ビール(27)は34得点。ラッセル・ウエストブルック(32)は25得点、14リバウンド、14アシストで5試合連続、今季23回目(通算169回目)のトリプルダブルを達成した。ブルズから移籍してきたセンターのダニエル・ギャフォード(22)も15得点を記録し、第4Qでは最大19点のリードを土壇場で2点差にまで詰め寄られたがなんとか逃げ切った。

     八村塁(23)は第1Q4分すぎに2つ目、第2Qは1分56秒にコートに戻ったもののその45秒後に3つ目の反則を犯して前半のプレータイムが減少。第4Q残り22・9秒にはリバウンドを争った際にジャズのボヤン・ボグダノビッチ(31)への反則をコールされ、NBA通算92試合目で初めて6反則で退場となった。結局この日は30分の出場でフィールドゴール(FG)の成功は7本中2本で4得点と6リバウンド、1アシスト、1スティール。平均得点は14・1から13・9となって14点台を割り込んだ。

     マイク・コンリー(33)とジョーダン・クラークソン(28)の両ガードが故障で欠場したジャズは40勝14敗。球宴に出場し今季のMVP候補にも挙がっているガードのドノバン・ミッチェル(24)が第1Qの17得点を含む42得点を稼いだがウィザーズに競り負ける形となった。

     ウィザーズは総移動距離が1万2000キロにおよぶ今季最長ロード6連戦の5戦目を終了して3勝2敗。このあとサクラメント(カリフォルニア州)に移動して14日にキングスと対戦して“長い旅”を終えることになっている。

     <八村の全オフェンス>
     ▼第1Q(出場5分46秒=無得点)
    (1)5分7秒・右サイドから3点シュート=×
     ▼第2Q(出場45秒=シュート機会なし)
     ▼第3Q(出場12分=2得点)
    (2)2分9秒・正面からジャンプシュート=×
    (3)2分56秒・ボグダノビッチとの1対1。右ベースライン際からプルアップでジャンプシュート=×
    (4)9分22秒・スミスがブロックされたボールをキープして左エルボー付近からジャンプシュート=×
    (5)10分27秒・イングルスのボールをスティールして速攻からダンク=〇
     ▼第4Q(出場11分37秒・2得点)
    (6)1分59秒・右エルボー付近からプルアップでジャンプシュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
    (7)5分54秒・インサイドにドライブしてゴール下。ゴベアにブロックされる=×



    2021年04月13日 12:51バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/04/13/kiji/20210413s00011061253000c.html
    no title


    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore/_/gameId/401307615

    Game Recap: Wizards 125, Jazz 121
    https://youtu.be/ZXumXDlCdOk

    【【NBA】ウィザーズがジャズのホーム連勝を24で阻止 ビールが34得点 八村塁は初の6ファウル退場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/12(月) 18:25:34.52 ID:CAP_USER9
     NBA東地区全体11位のラプターズは11日、敵地ニューヨークで同8位のニックスと対戦したが、96―101(前半42―56)で敗れて21勝33敗。第3Q序盤で最大18点を追う展開となりながら、第4Qの2分に渡辺雄太(26)が正面からのドライブでレイアップをねじ込んで、81―80とこの試合で初めてリードを奪ったが、その後の攻防を先発陣が制することができなかった。96―98で迎えた第4Qの残り14・9秒には脚の故障から7試合ぶりに復帰したカイル・ラウリー(35)のスティールから速攻に出たが、フロンコートに入ってランニングステップに入る前にパスカル・シアカム(26)が痛恨のダブルドリブル。同点機をミスで逃す形となった。

     ラウリーは復帰戦で37分出場して19得点、7リバウンド、6アシスト、3スティールをマーク。10日のキャバリアーズ戦を休養で欠場したシアカムは36分の出場で16得点と7アシスト、2ブロックショットを記録したが、今季チーム1位(7・3本)だったリバウンドは「0」に終わり、ターンオーバーも5回犯してしまった。

     キャバリアーズ戦で自己最多の14得点を記録した渡辺は第2Qの2分54秒からコートに登場。4分30秒に右のコーナー、7分6秒には正面から3点シュートを連続して成功させ(アシストはいずれもラウリー)、結局16分の出場で8得点と3リバウンド、1アシストをマークした。フィールドゴール(FG)は5本中3本(うち3点シュートは4本中2本)成功。3点シュートの複数成功は2試合連続今季4回目で、第3Q7分37秒に左コーナーからの1本を外すまで、8日のブルズ戦、10日のキャバリアーズ戦を含めて5本連続で成功させた。さらに4本の3点シュート試投数は1月24日のペイサーズ戦に並ぶ自己最多。今季の成功率は前日までの36・4%から37・5%(48本中18本)にアップしており、これは八村塁(23=ウィザーズ)の33・0%(109本中36本)を現時点で上回っている。

     また第4Q4分50秒にはニックスの大黒柱、ジュリアス・ランドル(26)からボールを奪い取ってこの試合で3つ目のスティールを記録。1試合3スティールはこれまで4回記録していた「2」を上回る自己最多数となった。

     試合が行われたマジソンスクエア・ガーデン(MSG)は渡辺がジョージ・ワシントン大に在籍していた2016年に全米招待(NIT)の決勝でバルパレイゾ大を76―70下して初優勝を飾ったアリーナ。敗れはしたもののラプターズが初めてリードを奪ったのは渡辺がシュートを決めた瞬間で、思い出の地で存在感を示した形となった。

     勝ったニックスは連勝で27勝27敗。ランドルがチーム最多の26得点を稼ぎ、4試合ぶりに勝率を5割に戻した。

    2021年04月12日 12:08バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/04/12/kiji/20210412s00011061310000c.html
    no title


    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore/_/gameId/401307603

    【攻守で存在感を発揮!】渡邊雄太がニックス戦で8得点・3スティールを記録!|NBAハイライト(2021/4/12)【NBA Rakuten】
    https://youtu.be/IhD7DH_H2VY

    【【NBA】ラプターズの渡邊雄太が16分出場、8得点と自己最多の3スティール チームは最大18点差を一時逆転もニックスに惜敗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/11(日) 12:17:38.76 ID:CAP_USER9
     NBA東地区11位のラプターズは10日、敵地クリーブランド(オハイオ州)で同12位のキャバリアーズを135―115(前半87―54)で下して23勝29敗。前半の87点はチームの最多記録で、最大38点差をつけて3試合ぶりに白星を挙げた。

     カイル・ラウリー(35)、フレッド・バンブリート(27)の両ガードを故障で欠き、チーム最多の20・7得点と7・3リバウンドを記録していたフォワードのパスカル・シアカム(26)も休養。チーム個人記録の得点、リバウンド、アシスト、スティールの4部門でリーダーとなっている主力3選手不在となっての一戦だったが、前半ではフィールドゴール(FG)を45本中32本(うち3点シュートは20本中13本)、フリースローは11本中10本を成功させて得点を重ねていった。

     トレイルブレイザーズからトレードで移籍してきたゲイリー・トレントJR(22)は自己最多の44得点。3点シュートを9本中7本成功させてチームを引っ張った。ドラフト全体29番目に指名された新人ガードのマラカイ・フリン(22)も20得点、11アシストで初のダブルダブルを達成。主力3人不在の中で先発した若手の奮闘が目立った。

     渡辺雄太(26)は第1Qの7分45秒からコートに登場。このクオーターの残り42秒には相手のターンオーバーから自陣でキープしたボールを1人で運び、並走してきたキャバリアーズの主力ガード、コリン・セクストン(22=185センチ)をかわして“ワンマン速攻”から初得点を記録した。終了間際にはディアンドレ・ベンブリー(26)のキックアウトから正面やや右で3点シュートを成功。鮮やかなブザービーターにベンチにいた選手も飛び上がって喜んでいた。

     第2Qの残り3分には速攻からOG・アヌノビー(23)のパスを受けて左サイドからこの日2本目の3点シュートを成功。1試合で複数の3点シュートを成功させたのは今年1月29日のキングス戦(2本)と同31日のマジック戦(3本)に次いで自身3回目となった。

     第4Qでは開始1分と5分5秒に両手によるダンクを2発決めたあと、6分35秒に相手ディフェンスの裏をかいてインサイドにカット。10日間契約を締結して加入したばかりのフレディー・ギレスピー(23)のパスを受け、左手でレイアップを決めて14得点目を記録した。これまでの自己最多得点は今季のキングス戦(1月29日)でマークした12得点だったが、NBA通算67試合目でその記録を更新。結局、渡辺は22分の出場でFGを7本中6本成功して5リバウンドもマーク。2ケタ得点はグリズリーズ時代を含め、通算4回目となった。

     キャバリアーズは19勝33敗。今季平均24・0得点を挙げていたセクストンが29得点を稼ぎ、後半では61―48とラプターズを上回ったが、前半での大量失点が響いて3連勝を逃した。


    2021年04月11日 10:48 バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/04/11/kiji/20210411s00011061238000c.html
    no title


    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore/_/gameId/401307587

    Game Recap: Raptors 135, Cavaliers 115
    https://youtu.be/kue0RS9HuxQ


    4Q 6:57 ダンク
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1381057793327775745/pu/vid/720x720/92vMZGT1izWkS3rS.mp4

    【【NBA】ラプターズの渡邊雄太23分出場 キャリアハイの14得点5リバウンド ダンクと3P各2発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/11(日) 13:42:18.97 ID:CAP_USER9
     NBA東地区全体13位のウィザーズは10日、敵地フェニックスで西地区全体2位のサンズと対戦したが、106―134(前半55―57)で敗れて19勝33敗。前半は善戦したが、第3Qで24―44と一気に引き離されて今季2度目の3連勝(2月14~22日に5連勝)はならなかった。
     得点部門でリーグ1位(30・9)のブラドリー・ビール(27)は腰痛、シューターのダビス・バターンズ(28)は休養でともに欠場。ラッセル・ウエストブルック(32)が17得点、11リバウンド、14アシストで4試合連続、今季22回目(通算168回目)のトリプルダブルを達成し、ビールに代わって先発したラウル・ネト(28)もNBA6季目で自己最多の24得点を挙げたが、後半で勝機はつかめなかった。

     ここ5試合で平均19・4得点を挙げていた八村塁(23)は第3Qまでの出場(25分)でフィールドゴール(FG)を7本中2本決めて6得点と7リバウンド。9日のウォリアーズ戦では第1Qだけで13得点(第1Qの自己最多記録)をマークしていたが、2日連続となったこの日のサンズ戦で得点は伸びなかった。

     西地区全体首位のジャズを2・5ゲーム差で追うサンズは37勝15敗。デビン・ブッカー(24)が27得点、クリス・ポール(35)は13得点と10アシストを稼ぎ、ここ13戦で11勝目を挙げた。

     ウィザーズは12日に西地区全体首位のジャズとソルトレイクシティー(ユタ州)で対戦し、14日にサクラメント(カリフォルニア州)で行われるキングス戦がロード6連戦の最終戦となる。

     なおジャズはソルルトレイクシティーでキングスを128―112(前半59―65)で退けて40勝一番乗り(13敗)。42得点を挙げたドノバン・ミッチェル(24)の活躍で後半に試合をひっくり返し、ホームでは今季開幕から連敗したあと24連勝を飾った。レブロン・ジェームズ(36)とアンソニー・デービスを欠く西地区全体5位のレイカーズは、敵地ブルックリン(ニューヨーク州)で東地区全体首位のネッツを126―101(前半71―58)で撃破。今季の成績は33勝20敗で、ジェームズ不在となってからは5勝6敗となった。

     <八村の全オフェンス>
     ▼第1Q(出場11分0秒=4得点)
    (1)59秒・ブッカーとの1対1。フリースローライン付近からジャンプシュート=×
    (2)2分56秒・右ローポストからブッカーとの1対1。ステップバックでジャンプシュート=×
    *フリースロー2本=〇〇
    (3)6分35秒・右サイドでブリッジズとの1対1。プルアップからジャンプシュート=×
    (4)10分45秒・ペイント内でジョンソンのマークをかわして右手でフック=〇(アシスト・ウエストブルック)
     ▼第2Q(出場7分10秒=2得点)
    (5)5分10秒・右サイドでジョンソンとの1対1。ドライブしてレイアップ=×
    (6)8分5秒・インサイドにカットしてゴール下=〇(アシスト・ウエストブルック)
     ▼第3Q(出場6分31秒=無得点)
    (7)6分29秒・ゴール下でシュートに持ち込んだがブッカーにブロックされる=×
     ▼第4Q(出場機会なし)


    2021年04月11日 13:16バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/04/11/kiji/20210411s00011061285000c.html
    no title


    BOX SCORE
    https://www.espn.com/nba/boxscore?gameId=401307597

    【【NBA】ウィザーズはサンズに28点差で完敗 八村塁は6得点 西地区首位のジャズはホーム24連勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/10(土) 15:22:06.10 ID:CAP_USER9
    NBA=アメリカプロバスケットボール、ウィザーズの八村塁選手は9日、ウォーリアーズ戦でチーム最多の22得点をマークして勝利に貢献しました。

    八村選手は相手の本拠地で行われたウォーリアーズ戦に先発出場し、この試合、最初の得点挙げたあとも立て続けにシュートを決めて試合開始からおよそ4分間で10得点を挙げました。

    その後は相手のマークが厳しくなるなど得点を伸ばすことができませんでしたが、第4クオーターではスリーポイントシュートやジャンプシュートを決め、勝負強さを発揮しました。

    八村選手はチームで最も長い37分49秒プレーしてチーム最多の22得点、リバウンドは5つでした。

    ウィザーズは110対107で勝ち、2連勝で通算成績を19勝32敗としました。

    2021年4月10日 14時56分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210410/amp/k10012967111000.html
    no title

    【【NBA】八村塁 チーム最多22得点!ウィザーズ勝利に貢献】の続きを読む


    このページのトップヘ