虎速

阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    >
    阪神タイガースのスレや面白そうなスレ、その他スポーツのスレをまとめていきます。

    バスケ

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/10/08(火) 11:39:39.14 ID:5U3EVXhD9
     NBAドラフトで全体9番目にウィザーズに指名されたゴンザガ大出身の八村塁(21)が7日に地元ワシントンDCで行われたプレシーズン・ゲームの初戦(対ニックス)に先発。21分10秒のプレータイムでフィールドゴール(FG)を7本中4本成功させ、12得点と4リバウンド、2アシストを稼いで存在感を示した。

     最初の得点は第1Qの3分27秒、昨季ペリカンズで21・4得点を稼いだジュリアス・ランドル(24)にマークされていたが、八村は正面やや左からステップバックしてのジャンプシュートを成功。このあとフリースローを4本中3本決めて、このクオーターでは出場7分28秒で5得点と2リバウンドをマークした。

     第2Qは4分56秒からコートに登場。9分52秒には左45度からこの日初めて放った3点シュートをきれいに沈め、その26秒後にはチームの主力ガードで昨季25・6得点を挙げているブラドリー・ビール(26)のアシストを受け、ゴール下でシュートを決めて前半で10得点を稼いだ。

     第3Qの開始早々にはニックスのマーカス・モリス(30)が、トラッシュトークを仕掛けていたウィザーズのジャスティン・アンダーソン(25)の頭にボールを叩きつけて「フレイグラント2(過度の反則)」をコールされて一発退場。NBAならではのワイルドなパフォーマンスを八村はコート上で目撃したが最後まで冷静さは失わなかった。

     このクオーターの1分57秒、八村は右サイドからトップに回りこんだあと、2014年のドラフト全体7番目に指名されているランドルを振り切ってインサイドに突入。左手で豪快なダンクを叩き込んで場内を沸かせ、6分38秒にベンチに退いた。

     元ウィザーズのフォワードで現在はテレビの解説者を務めているドリュー・グッデン氏(38)は八村を、元ブルズの万能フォワード、スコッティー・ピッペン氏(54)に例えてその能力を評価。マイケル・ジョーダン氏(56=現ホーネッツ・オーナー)とともにファイナル6度の制覇を達成したスーパースターの“後継者”として紹介した。

     ただしマッチアップしたランドルに序盤、ゴール下で2本のシュートを決められるなどディフェンスには課題を残した形。スイッチやカバーのタイミングが遅れたり、ずれたりする場面もあり、スコット・ブルックス監督(54)の期待に応えるにはさらなる“順応と適応”が必要と言えそうだ。

     

     ウィザーズは大黒柱のガード、ジョン・ウォール(29)がアキレス腱断裂で今季終盤まで出場は絶望的。その穴を埋めるために獲得したアイゼイア・トーマス(30)も利き手となる左手の親指のじん帯断裂で開幕には間に合わず、故障者が続出。プレシーズン初戦では、昨季17勝65敗でリーグ最低成績に終わったニックスに99―104(前半42―57)で敗れ、戦力面では多くの不安材料を抱えている。

     プレシーズンの初戦では、ウィザーズが通算11チーム目となる“ジャーニーマン”のイッシュ・スミス(31)が先発のポイントガードとして起用されたが21分の出場で4得点と5アシスト。この日16分で5得点の“徐行運転”に務めたシューティング・ガードのビールへの負担が増大するのは避けられず、それだけに八村の役割が重要になってきそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000119-spnannex-spo

    【【バスケ/NBA】八村がプレシーズン初戦で先発!21分で12得点 豪快なダンクと3点シュートも披露 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/09/23(月) 17:49:27.60 ID:h+KAYEVn0
    ■試合結果
    福岡第一 80-67 鹿児島レブナイズ(@鳴門県民体育館 アミノバリューホール)
    福岡第一|24|17|12|27|=80
    鹿児島 |16|16|14|21|=67

    https://basketballking.jp/news/japan/alljapan/20190923/191521.html/amp

    【【悲報】バスケBリーグのプロチーム、天皇杯で高校生に敗れる波乱 】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/09/20(金) 07:09:57.93 ID:Myu6Cg1a9
     9月20日(現地時間19日)、ダラス・マーベリックスが日本代表の馬場雄大と契約を結んだことを発表。契約内容の詳細は明かされていない。

     現在23歳の馬場は、198センチ90キロのスモールフォワード。筑波大学4年次の2017年にアルバルク東京と選手契約を交わし、同クラブでBリーグ2連覇を達成した。2018ー19シーズン終了後はマブスの一員としてNBAサマーリーグ2019に参戦し、計4試合に出場。自身初のサマーリーグでは1試合平均4得点2.3リバウンドを記録した。

     なお、A東京は日本時間17日に馬場の海外挑戦記者会見を実施し、同選手がマブスのトレーニングキャンプに参加することを発表。馬場は18日に渡米した。

    9/20(金) 6:57配信 バスケットボールキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00191207-bballk-spo

    【【NBA】ダラス・マーベリックス、馬場雄大との契約を正式発表…契約内容の詳細は不明 】の続きを読む


    このページのトップヘ